fc2ブログ

今年こそコロナ騒動終了

あけましておめでとうございます!

オミクロンが出てから政府が今まで以上に大盤振る舞いで配っていたテストキット。いつもと違うキットももらった(左の)。


オミクロン騒動が出てすぐ、確か12月上旬のある週末にはスーパー前で買い物客にバンバン配っていた。スタッフにポストコードと年齢を確認され、家族の分ももらえた。

以前は事前に注文せずに、薬局や図書館、カウンシルなどにもらいに行っていた。10月以降はオンラインで注文後に受け取りに行くようになった。自宅に無料で郵送してもらうこともできる。

申し込み一人当たりにコードが一つ与えられるので、それで一箱、7回分の検査キットがもらえる。週2回の検査が推奨されているので、1箱で3週間半分。でも最近、陽性者の濃厚接触者になった場合は、7日間毎日検査をするようにとの指示。

数日前に薬局3軒に行ったけど、どこにも検査キットがなかった。政府が言うには、在庫は十分にあるが流通に問題があるとのこと。最近陽性者が爆増したおかげで、あちこちで長期間仕事を休む人が出て問題になっているので、ドライバー不足なのかも。元々EU離脱でドライバー不足が深刻で流通問題が起こっていたから、コロナがさらに追い打ちをかけていると思われ。やばいと思って郵送で申し込もうとしたけどできず。

焦って翌日別の薬局に行ったら、すんなりゲット。その後行ったスーパーで聞いたらそこにも在庫は十分にあるとのこと。

ちなみにフランスの友達に聞いたら、検査キットは配られていないが、病院で検査してもらえるとのこと。以前は全員無料だったけど、最近大人は有料、子供は無料になったらしい。でも気軽にできる安価な値段とか。

スペインでもキットは配ってないとのことだった。でもうちの家族は同僚や学校で陽性が出る度にPCR検査を受けさせられていると言ってた。

ロンドン在住の日本人の友達の旦那さん(EU)が最近オミクロン陽性になって、その後子供さんも陽性が出たと。軽い風邪のような症状があったけど、すぐに二人とも陰性に。日本人の友達は大丈夫だったらしい。ただクリスマス期間ずっと家族全員で自主隔離になって疲れたと思う。

別の日本人の友達の旦那さん(EU)も陽性になったけど、鼻づまり、鼻水の症状が数日あったけど、熱や咳はなかったとか。ただ6日間ほどずっと検査結果が陽性だったので外に出れず、家族とのクリスマスランチもドタキャン、ずっと外出できず引きこもりの年末だったらしい。(再確認したら、陽性反応が出てから7日目以降から陰性反応が出るようになったらしい)日本人のパートナーは毎日検査したけど、ずっと陰性で症状もなかったらしい。

7~8か月検査キット使ってるけど、一度も陽性にならないのでちょっと疑っていたけど、反応するんだな。ただ感染能力のないウイルスでも反応するらしいので、それもどうかなーと。人によっては症状が収まってから90日くらい陽性反応が出る人もいるらしい。感染させないのにずっと隔離ってのもな・・・。

イギリスは陽性になった場合10日間だった隔離が7日間に短縮(6,7日両日ともに陰性結果が出た場合)、アメリカは5日間らしい。2年たってコロナの実態もわかってきて、現実的な対策に変わっている。コロナで休む人が沢山出て、あちこち問題が起きてるし、今後より一層厳しくなりそうなので、その対策でもあるんだろう。

事実、先日海外短期出張に行った人から、空港内スタッフ不足で飛行機の離陸が遅れたと聞いた。パイロットやCAさんなんかでクラスター発生したらやばそうだなー。フライトの遅延だけですめばいいが、キャンセルとか出たら、陰性証明の時間の問題とか色々大変そう。

イギリス政府はわりと現実的な対策を講じているように見えるので、コロナの感染拡大は続いても、あほな騒ぎは起きなさそう(希望的観測だけど)。メディアの煽り報道もスルーする人が多そうだし。感染による被害は仕方がないけど、インフォデミックの被害や騒動を政治利用するのは勘弁して欲しい。コロナも収まってほしいけど、それに乗じた騒動も早く収まってほしいなぁ。それまでは感染対策もしつつ、引きこもり生活を楽しむとするかな。
スポンサーサイト



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

お隣さんのガス漏れ工事

数日前、お隣さん宅の排水溝近くのガス管から少しガスが漏れてるかもしれないとの連絡がお隣さんから来た。あとからわかったけど、一軒ガスが使えないお宅があったらしい。うちでは全くガスの問題はなし。
DSC_0176_202109.jpg

二日前からガス管の工事が開始。夫が帰宅時に工事の人たちと話した際にお茶とコーヒーを頼まれたので入れてあげたらしく、台所のシンクに沢山のマグカップがあった。
DSC_0169_202109.jpg

翌日外出しようとしたら、お隣宅からうちの玄関前までおじさんが一人でペイビングを外して掘り起こしていた。戻ったらコーヒー出すから待ってねとおじさんに約束し外出。
DSC_0171_202109.jpg

帰宅後おじさんにコーヒーを持っていったら、ガス会社の作業員たちが到着し、お茶を入れてと頼まれる。また外出しないといけなかったので、あわてて自分のために入れたアールグレイにミルクを入れて袋入りの砂糖とスプーンを出して、外出。その際に、「ガスが使えるか試してみて」と頼まれ、確認したところうちのガスは問題なし。というか、以前からうちは問題はないことを伝える。
DSC_0175_202109.jpg

2時間後に帰宅。作業員は増えていた・・・。そしてマグカップ一つ割っちゃった~とご報告。新たに加わったおじさんの一人がビスケットを食べながら作業していたので「お茶入れようか?」と聞くと、「俺も入れて~。でもアールグレイやめてね、ミルク入り、砂糖は2杯でよろしく♪」とさっきお茶を出したお兄さんたちに言われた。
DSC_0178_202109.jpg

普段アールグレイやフレーバーの変わったお茶を試し飲みして楽しんでるので、普通の紅茶がほとんど残っておらず、以前家族のために購入しておいたイングリッシュ・ブレックファーストを出すことに。日本帰国ができないのでいつ渡せるかわからないし、まぁちょうどよかった。その後、玄関のベルが鳴ったので何かなーと思ったら、お茶のおかわり、アールグレイはやめてね、だった!
DSC_1342_202109.jpg

紅茶を出した後、自室で仕事をしてたら夫が帰宅。作業員さんからお茶リクエストされたよ、アールグレイはやめてって言ってるけどどの紅茶出せばいい?、と聞かれる。また紅茶を作って、今度はイングリッシュ・ブレックファーストの箱を持って、アールグレイが嫌いなのはわかったから、さっきからこれ入れてるから大丈夫だよー、と伝える。
DSC_1338_202109.jpg

そして夜10時くらいにお隣さんから連絡、ガスが使えないんだけど、そっちはどう?と。うちは問題ない事を伝え、夫が調べた所、ガスの元栓がしっかり閉じられたまま、作業員たちは帰ってしまっていたらしい。ちなみにそのお隣さん家ではガスの問題はなかったし、工事の事も聞かされていなかったらしい。その時点でどうやらご近所の一軒だけに問題があったことを知る。
DSC_1339_202109.jpg

工事会社に連絡すると、工事は終了したけど、元栓をあけるのを忘れた、今から戻るけど4時間かかるとのこと・・・。お隣さんは翌日も朝から仕事なので夜中まで待てるかい!ってことでピザを頼んだらしい。そこのガス管はおそらく4,5軒とつながってると思うのだけど、誰一人騒いでなかった。料理してないのかな。

工事は終わったけど、掘り起こした泥とペイビングはそのまんまだった。今日も朝から陽気なおじさんの歌や笑い声、Fワードを聞きながら自室で作業。楽しそうに仕事をしていて大変よろしい。でも昨日みたいなミスはやめてね。

できれば今日中に作業が終わるといいな。家の門を開けるとエンドレスに紅茶入れて~、アールグレイはやめてね~と言われるので、外出しづらい。でも、マグカップを持って紅茶を飲みながら知らない人と立ち話が気軽にできる文化は好きだな。お茶くらい何杯でも入れてあげればいいか。ってうちの家のための工事ではないんだけどなwww

今日もぼちぼちいきましょ(*´ω`)!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コロナの新簡易検査キット

イギリスで無料で配布されている簡易テストキット。
DSC_2806_202109.jpg

以前もらっていた喉と鼻の中の検体を取るものから、鼻の中の検体だけを取るものに変わってました。
DSC_2799_202109.jpg

前は検体処理液を自分でチューブに入れるタイプだったのが、既に入ってるタイプになってた。
DSC_2800_202109.jpg

以前の物は喉の検体も採取するため柄の長いスワブだったけど、今回貰ったのは鼻の検体だけなので短い綿棒みたいなもの。
DSC_2807_202109.jpg

鼻の中でくるくる回して検体採取。液体を入れたチューブの中にスワブを浸した後、検体をしっかりスワブからとるため、チューブの上からスワブをもんだりしないといけないらしい。
DSC_2809_202109.jpg

検査結果はオンラインでNHS(ナショナルヘルスサービス)にデータを送る。
Screenshot_20211201-231740_202109.png

送ったデータは携帯アプリで確認できるし、陰性証明にも使える。
Screenshot_20211201-232033_202109.png

国内用と海外用のコロナパス。パスをよく見たら2022年1月1日にパスの2Dバーコードの期限が切れると書いてあった。調べたらNHSのアプリを見るたびに更新され、期限はワクチンステータスに影響しないという情報を発見。ほんまかな。
Screenshot_20211201-232046_202109.png

ちなみにコロナらしき症状がある人(高熱、継続的な咳、味覚か嗅覚が変わるまたは失う)、感染者との濃厚接触者などは簡易検査キットではなく、PCR検査をしないといけない。

NHSに申し込めばウォークインかドライブスルーのテストサイトで検査の予約ができるし、自宅にキットを送ってもらって自分で調べることもできるらしい。ただし、簡易テストキットで2回陽性になった人は、テストサイトでの検査は受けられず、自宅へのテストキットの郵送のみ。

症状がある場合はすみやかに自主隔離をし、テストキットを受け取るか検査を受けに行く以外は外出禁止。

残念(でもないか)ながら一度もその機会はなかったので、まだどういうものなのかは経験なし。

数えてみたら半年で50回くらい自宅で簡易検査をしてました。一回も陽性はなし。よく偽陰性や偽陽性の話を聞くけど、どの程度なんだろう。

何だか不思議な日常を2年も過ごしている。いったいいつまで続くのやら・・・。

今日もぼちぼちいきましょ(*´ω`)!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

コロナワクチンのブースター

夫のコロナワクチンのブースター接種について行ききました。入口にどーんとインスタ用のフレーム。Vaccineagramって・・・。写真を撮ってる子がいたので、便乗して撮影。インスタ投稿を期待して作ったのか。
InkedDSC_2797_LI_202109.jpg

ボランティアの方が予約の確認をした後に、手の消毒、新しいマスクをもらって付け替え、ワクチン打つ前の確認事項を渡され、中に入る。その後、名前、生年月日、住所、登録先GP、体調などの確認を2か所でされ、最後にもう一か所で確認をしてワクチンを接種。合計3か所で本人確認、体調確認が行われ、質問はないかと聞かれます。親切だし丁寧だなって思いました。
InkedDSC_2795_202109_LI_202109.jpg


ワクチン接種はあっという間に終わり、消毒済みのサインのある椅子に座り、15分待機。消毒後にまたサインを付けてくれるので、サインのない所は座ってはいけないってことらしい。気にしてなかった・・・。
InkedDSC_2796_202109_LI_202109.jpg

オミクロンのニュースやブースター接種の推奨が政府からあったせいか、必死でブースター受けたいとボランティアスタッフに言ってるお年寄りを数名見かけました。

ブースターは今の所予約がないと受けれないはず。今後予約なしでwalk-in COVID-19 vaccination siteで接種できるようにするため、準備を進めてるところらしい。政府の発表では、確か軍人さん400人とボランティアを追加、新たな接種会場の設置、薬局などでの接種も増やすなどして、1月末までにブースター接種を終える予定にしてるそうな。今は前回の接種から6か月でブースターの予約ができたけど、今後は3か月と短くなるそうです。

まだ2回接種が終わってない人はwalk-in COVID-19 vaccination siteで予約なしで受けれるはず。

健康上や信条などの理由などでワクチン接種できない人もいるので、イギリス政府がワクチンを強制することはまずないはず。

コロナが収まるまで何回ワクチンをオファーされるんだろう。注射も薬も嫌いなので、早いとこコロナ騒動が終わってくれたらいいなーと思ってます。

今日もぼちぼちいきましょ(*´ω`)!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

キューガーデン①勅使門

10月にKew Gardensに何回か行きました。


たまたま行ったらJapanというイベントをやってました。
DSC_1850_202109.jpg

10月2日から31日まで開催だったらしい。
DSC_1852_202109.jpg

コロナとBrexitの影響で運転手不足、ガソリンがしばらく売り切れていたので、9月末からしばらく車を使わずに出かけてました。
DSC_1853_202109.jpg

おかげで偶然日本に関連するイベントをやってる時にキューに行くことになって、不幸中の幸い。
DSC_1854_202109.jpg

ただすごく混んでいて展示が見れなかった日も。
DSC_1858_202109.jpg

日本人の人も沢山来てました。
DSC_1869_202109.jpg

天気が悪かったり、敷地内が広すぎて見逃した部分があったりで、結局4回行きました。
DSC_1867_202109.jpg

コロナで日本に2年帰れてません。
DSC_1895_202109.jpg

日本の秋を感じることができる空間がロンドンにあるのは嬉しい。
DSC_1882_202109.jpg

今日もぼちぼちいきましょ(*´ω`)!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
在英約20年、ロンドン郊外の自宅の庭や各地の庭で庭仕事に没頭中。自宅の庭は手抜きでジャングル状態。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫やキツネ(ちょっとエキノコックスが心配)、小鳥たちが毎日遊びに来ます。節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事と庭園訪問の記録のためのブログです。

コロナで海外や遠方の庭園訪問も難しくなってますが、できる範囲で情報をシェアできると嬉しいです。

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle