スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短足バスクポニー「ポチョカ」、ロバ、牛

今日のビルバオは曇り時々雨。

夫の友達のBarでピンチョス(バスク風タパス)とチャコリ(バスクの白ワイン)で腹ごしらえ。
夫が面白いところに連れて行くよと山道をドライブ。
IMG_6982_convert_20131230042230.jpg

駐車しようとしたら駐車場を走り回る馬が・・・
あっ、ポチョカ!
IMG_6962_convert_20131230042017.jpg

ポチョカはバスクにいる足が短めの小さめの馬です。
昔からいる馬の原種のようなもので、普通の馬より病気に強く育てやすいとか。
IMG_6965_convert_20131230042438.jpg

現在は野生のものは少なく、別の馬と交雑も進んでいるようで、純血種を保護育成する動きもあるとか。
IMG_6968_convert_20131230042824.jpg

山道をドライブ中時々見かけたものの写真が撮れず、近くで見れたらいいなぁとずっと思っていたのでした。
↓普通の馬も一緒にいるんだなぁとこのときは思ってました。
IMG_6967_convert_20131230042656.jpg

この2匹はずっと一緒にくっついているので、夫婦かな?なんて夫と話してました。
家に帰ってポチョカの種類を調べていたら、ふと気づいたことが。
普通の馬だと思った近くにいた大き目の馬もポチョカだったみたい。
IMG_6969_convert_20131230043017.jpg

よく見たら大き目の馬が、小さい馬の1匹と同じ姿。お母さん?
最初に見た大きな茶色の馬がお父さんなのかな?
ってことはこの小さいのは兄弟かな。
IMG_6985_convert_20131230044926.jpg

ポチョカはすごーく短足だと思いこんでいたので、勘違いしてました。
よく見たら大人の馬も小さめで足も短い。
ドライブ中に別のポチョカも見かけました。
IMG_6943_convert_20131230043628.jpg

山の多いバスクでは足が短めで丈夫な馬がちょうど良かったようです。
IMG_6936_convert_20131230043410.jpg

ポチョカを見てたら上のほうから視線を感じて見上げると、ロバがこっちを見てました。
ロバの通り道に私がいたみたいで邪魔しちゃたみたい^^;
IMG_6945_convert_20131230043810.jpg

じっとしてたらこっちにきて私の横を通ってまたストップ。
しばしこっちをじーっと見てからまた去っていきました。
次のロバは私にひるみもせずトコトコ歩き去ってしまいました。
IMG_6951_convert_20131230044004.jpg

牛もいました。
IMG_6987_convert_20131230044156.jpg

ポチョカの走る姿がかわいかったので動画を撮ったのですが、今使ってる携帯ルーターではネットが遅くて遅くて。
アップしようとしたら一つの動画で2時間半かかるとメッセージが出たのであきらめました。
写真一つアップするのにも一苦労。
ブログを見るのも開くまでに長時間かかる上に画像が出てこない。
20年前のネットみたいです^^;

旅行中はコメント欄は閉じさせていただきます。
いつも見てくださってありがとうございます!
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンタブリア観光:石畳の村、アルタミラ洞窟、海辺の町、ガウディ建築

今日は晴れのち曇り。
バスク州の西隣のカンタブリア州を義理の両親と周遊してきました。
プランは義理の父が考えてくれました。

まずは石畳の小さなかわいい村、サンティリャーナ・デル・マル。
IMG_6524_convert_20131229093056.jpg

影ができてしまい、うまく写真が撮れず。
IMG_6436_convert_20131229093526.jpg

教会内ではお葬式中。回廊は見学できました。
IMG_6455_convert_20131229093318.jpg

次に車で15分ほど移動し、アルタミラ博物館へ。
世界史の教科書でおなじみアルタミラの壁画に関する博物館。
実際の洞窟は保存のため現在閉鎖。
この博物館では洞窟内を同じように復元して展示してます。
IMG_6593_convert_20131229095450.jpg

レプリカだし、写真厳禁と聞いたのでパスにようかなと思ったけど、意外に面白かったです。
当時の人々の暮らしぶりがわかる展示がたくさんあって、もっと見たかったけど、義理の父が以前本物を見たことがあるとさっさと見学を終えてしまったので仕方なく早めに切り上げて次へ出発。
↓これ教科書で見ましたよね!
IMG_6592_convert_20131229095237.jpg

次はカンタブリア海沿岸にあるサン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ。
この風景が見れるお店でランチ。
IMG_6656_convert_20131229093715.jpg

名物料理らしいヨーロピアン・ロブスターのリゾット、アロス・コン・ボガバンテ。おいしかった!
IMG_6663_convert_20131229094725.jpg

長い橋が延々と続くのですが、この橋がなかなか素敵なんです。
その後ろの山の緑がまたきれい。
IMG_6648_convert_20131229094225.jpg

ズームしてもいまいち良さがわからない写真ですが。
近くにいって橋を撮りたかったけど、みんなを待たせるわけにいかず。
義理母がここの教会と城は特に面白くないからと、ランチだけで次へ。
ほんとは面白かったりして?ちょっと見たかったな~。
IMG_6650_convert_20131229094455.jpg

最後はコミージャスにあるガウディ建築エル・カプリチョ。
ガウディの建築物の多くはバルセロナのあるカタルーニャ州にありますが、カンタブリアにもあったんですね。
日没前で写真がいまいちで残念。
IMG_6863_convert_20131229095939.jpg

実はこのひまわりのタイルと色使いがあまり好きではなく、ガウディの写真集などを見てもいまいちぴんとこなかったのです。
曲線使いが優雅なカセ・バトリョが大好きなのですが、直線的なカクカクしたイメージのあるこの建物に惹かれず。
でも行ってみたら周辺の景色や緑になじんで素敵でした。
IMG_6769_convert_20131229100202.jpg

ガウディの建物に使われてるアイロンワークが大好きです。
小さいお庭も植栽が素敵でした。
お父さんが疲れていたので、ここも早々に切り上げ。
というか1日に予定を詰め込みすぎでした^^;
どこも素敵なところなので、日帰りはもったいなかったなぁ。
IMG_6711_convert_20131229095717.jpg

この後あわててビルバオに戻りました。
お父さん毎朝4時おきなので就寝も早いんです!
ほんとは1,2泊して一緒に旅行に行きたかったのですが、お父さんはおうち大好き人間。
普段は外出、旅行を一切しないので日帰りでも一緒に行ってくれてありがたかったです。

エル・カプリチョももう一度じっくり見たい、特にビデオの説明や室内にあった紙資料、壁に飾ってあったスケッチを全部見れなかったので(涙)絶対リベンジします~。

*旅行中につきコメント欄を閉じさせていただいてます。
いつも見てくださってありがとうございます!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

サンセバスチャン観光 

今日はビルバオは曇り。
近くの海辺の町サンセバスチャンが快晴と予報が出ていたので、一人でバスで行ってきました。
IMG_5842_convert_20131228090422.jpg

昼過ぎには曇ってしまいました。もっと早く出発すべきだった!
日中の気温は19度まであがってうれしい♪
IMG_6007_convert_20131228090654.jpg

夫は用事のためこれず、おかげで長時間歩き回れました。
IMG_6203_convert_20131228090859.jpg

1日では足りず。また行きたいです。
IMG_6229_convert_20131228091546.jpg

ピンチョスのはしごもできず、一軒で終り。
リベンジしないと。
IMG_6265_convert_20131228091153.jpg

明日は義理の両親とお隣のカンタブリア州を周遊してきます。
予報どおりいい天気になるといいなぁ。

*旅行中につきコメント欄を閉じさせていただいてます。
いつも見てくださってありがとうございます!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ビルバオ観光:アルオンディガビルバオ

今日のビルバオは曇りのち晴れ。最高気温13度、最低7度。

夫の調子がいまいちなので今日は一人でビルバオを散策。
まずは一番のお気に入りアルオンディガへ。
毎回来るたびに夫や夫の友達に連れてこられる場所。
IMG_5627_convert_20131227070656.jpg

ジムやプールなどのスポーツ施設、多目的ホール・展示会場(黒沢映画とか日本関係の展示もたまにあり)やメディア図書館などの文化施設、レストラン、カフェ、アートショップ、映画館などエンターテインメント、地下駐車場も完備と素晴らしい。
IMG_5635_convert_20131227071015.jpg

元々はビルバオの建築家Ricardo Bastidaがデザインし1909年に完成。
1970年代までワイン倉庫として使われていたけど、一時長く閉鎖していたとか。
2001年からフランス人デザイナーPhilippe Starckさんの監修の元大改装、2010年にスポーツ・文化複合施設として正式に復活を遂げたそう。
IMG_5639_convert_20131227073730.jpg

入り口前の小さなグリーンスペースは家の中を表現してるそう。
ランプもテーブルランプの形、ソファや椅子もあって言われてみれば確かに。
IMG_5636_convert_20131227073604.jpg

床の模様もカーペットを見立てたものだとか。
ガイドをしてる夫の友達に教えてもらうまで全く気づきませんでした。
IMG_5640_convert_20131227074145.jpg

まず内部に入って目に飛び込むのがこれ。
太陽の映像をリアルタイムで見れるとか。
(実際には少し遅れはあるそうですが)
IMG_5645_convert_20131227075850.jpg

スクリーン下にはこんな展示が。なんだろーか。
IMG_5665_convert_20131227083707.jpg

建物内の地図を見てみるが、言葉がわからず。
周りをレストラン、カフェなどが囲み、メイン部分はスポーツジムとメディア図書館に大きく分かれてるんだと思います。多分。
IMG_5646_convert_20131227075333.jpg

インテリアで特徴的なのは2階以降の建物を支える43本のコラム(支柱)。
古代から現代までのデザインを、あらゆる素材を用いて表現したそう。
全て異なるデザインです。
IMG_5656_convert_20131227080219.jpg

こちらはサントトマスのお祭りの帰り道に寄った際に撮った写真。
ぼけてすみません。中国のデザインが何本かあります。
コラムの詳しいデザインや詳細はこちらをどうぞ。
IMG_4685_convert_20131227091333.jpg

グラスで囲まれたインフォメーションオフィス。
昼間でも薄暗い中、効果的に照明が使われてます。
節電対策にもよさそうな照明の使い方ですね。
IMG_5660_convert_20131227082329.jpg

カクレンボをして遊んでる子供たち発見。コラム大活躍。
IMG_5663_convert_20131227083314.jpg

明るく輝いてるのはベンチ。
IMG_5657_convert_20131227093725.jpg

2階から上にあるメディア図書館。
この建物を好きになった一番の理由は図書館内のデザイン。
始めてこの内部に入ったとき、うちの近所にもこんな図書館欲しい!と思いました。
夜撮った写真なので暗くてすみません。
IMG_4680_convert_20131227093855.jpg

窓辺にある椅子に座ってのんびり読書をする人たち。
内部は映像を見れるコーナーが壁ではなく、上から吊り下げるタイプのパーテーションで区切られていたりして、面白いです。
IMG_5664_convert_20131227083509.jpg

図書館へ向かう階段をあがったところ。
学習室もあり多くの学生さんが勉強中でした。
ビルバオはスペインの中でも大学進学率が飛びぬけて高いそう。
IMG_5681_convert_20131227085254.jpg

図書館入り口。図書館内部は写真禁止・・・。
入ってすぐ右手コーナーにビルバオの本がたくさんあります。
用事を忘れて読みふけりそうになってあわてて図書館を後に。
IMG_5679_convert_20131227085135.jpg

建物の間の不思議な空間。
地下に映画館などがあるはず。行ったことないですが。
IMG_5662_convert_20131227082812.jpg

上を見上げると暗い建物内に明るい光が差し込んでます。
IMG_5666_convert_20131227083840.jpg

これ、プールなんです。
泳いでた子供は下からみんなが見てることを意識して、いろいろ決めポーズをやってくれました^^
IMG_5674_convert_20131227084016.jpg

1階のショップにはかわいくてお洒落なアート系の雑貨、本、服(大人・子供あり)、おもちゃ、絵本など。
ビルバオ・スペイン土産のオリーブオイル、ワイン、コスメ、バスク・リネングッズなどももれなくあり。
世界中のものが集まっているので、ビルバオ土産が欲しい場合は産地チェックが必須。
輸入物以外は値段もそんなに高すぎず、買い忘れたお土産を補充するのもよさげ。
スペースが限られるため品揃えは多くないけど、全てが満遍なく揃ってます。
IMG_5658_convert_20131227082642.jpg

ちなみに建物は行ってすぐにこんなマシンが。
IMG_5648_convert_20131227075515.jpg

チケットを買ったり、インフォを見たりできるマシンでした。
何のチケットかは不明。特別展示とか映画とかかな?
図書館や一階のコラムなどを見るのは無料です。
IMG_5649_convert_20131227075711.jpg

かわいいリサイクルゴミ箱。
過去に製鉄で繁栄したビルバオなので鉄製なのかな。
IMG_5651_convert_20131227080011.jpg

建物の別の側面。
リビングルームみたいにしてるそう。
IMG_5686_convert_20131227090136.jpg

こうやって写真を見てみると、他にもいろいろ面白いところがあるのに撮り忘れてます。
また時間があったら行ってみよう。
IMG_5689_convert_20131227090334.jpg

私の持ってる地球の歩き方10-11年版(最新版には載ってる?)、ロンプラ最新版に情報は載ってないみたいです。
グッゲンハイムミュージアムなど面白い建物が多いビルバオですが、こちらもなかなか面白いです。

ALHÓNDIGABILBAO

4, Arriquibar Square
48010 Bilbao, Bizkaia
アバンド駅から近く、バスターミナルTermibus(サンマメスのスタジアム横)からも徒歩20分くらいだと思います。
http://www.alhondigabilbao.com/

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ビルバオでクリスマス

メリークリスマス!
皆さんも楽しいクリスマスを迎えられたことと思います^^

私は夫の実家で甥っ子、姪っ子と一緒に楽しく過ごしました。
IMG_5456_convert_20131226065709.jpg

ツリーの飾りは全て義母の手作り!
間接照明が暗いのでわかりにくいですが。
IMG_5394_convert_20131226071019.jpg

毎年義父が食材を市場に買いに行き料理してくれます。
シンプルですがその辺のレストランより断然おいしい♪
IMG_5457_convert_20131226065732.jpg

カラコリージョス。つぶ貝の一種?
針で中身を引っ張り出して食べます。
IMG_5458_convert_20131226065809.jpg

ガンバスのグリル。エビ好きの私のため。
IMG_5459_convert_20131226065841.jpg

右手はプルポ・ガジェガ(茹蛸にパプリカパウダーとオリーブオイルをかけたもの)。
右手奥はチーズ。イディアサバル(バスクの山間部で作られる無殺菌で全乳使う羊乳チーズ。燻製と無燻製があり。濃厚だけどくせが少なくとても食べやすくおいしい)、カブラレス(アストゥリアス地方の限られた村の洞窟で自然熟成されるレアな青かびチーズ。ぴりっとした刺激がありかなり強い風味。青かび好きにはたまらないはず)など。
マルメロの実で作られたジャムかゼリーのようなメンブリージョと一緒にチーズを食べます。
左手奥はパテ。瓶やケースごと出してますねぇ~。
IMG_5462_convert_20131226065922.jpg

毎年食べるペルセベス(亀の手)の塩茹で。
みんな大好きで人の皿からとって食べるほど^^;
岩に群生するフジツボみたいなもので、こちらでは高級食材らしい。
IMG_5466_convert_20131226065951.jpg

アングラス(うなぎの稚魚)のビルバオ風。クリスマスの定番。
ニンニクとトウガラシを入れたオリーブオイルの中で炒めてシーソルトで味付けしただけのはずだけど、すごーくおいしい♪
稚魚にほんのすこーしだけある骨か何かの食感がたまらないです。
土鍋の中で油がぐつぐつしてるまま運ばれてくるので、木のフォークで食べます。
IMG_5488_convert_20131226070018.jpg
近年まで価格の高騰で庶民の手に届かない食材になってましたが、去年くらいから値が下がりました。
原因は間接的ですが日本らしい。<夫が私に文句言ってくる^^;
ギリシャやトルコを経て中国やベトナムなどに稚魚が運ばれ、そこで大きく育てて日本に売っていたそう。
最近うなぎが絶滅危惧種に指定されため、EU外への輸出取締りが厳しくなり、値段が下がったらしいです。
スーパーやレストランではスリミでできた偽アングラスが出回ってるので間違わないように注意ですね。
自分で買うならカニカマみたいな感覚で買うだろうな。

メインはフィレ・ミニョン。焼き具合が抜群。
肉汁とオリーブオイルに塩だけのシンプルなグレイビーとカブラレス・チーズを使った癖の強いソースの2種類。
どちらのソースも肉にあっていて、シンプルさと濃厚さが同時に味わえておいしかったです。
お腹がいっぱいだったので夫のを一口貰っただけですが。
IMG_5494_convert_20131226070100.jpg

姪っ子はパンだけで大満足らしい^^
IMG_5495_convert_20131226070126.jpg

何時間もだっこしてたけどずっと笑顔のハッピーベイビー♪
夜9時から夜中1時半くらいまででしたが、一度も泣かず、ずっと膝の上で上機嫌で動いてました。
IMG_5476_convert_20131226065633.jpg

甥っ子は夜のために昼寝をしてました。
昼寝しないとオレンツェロがプレゼントくれないよ、と言うとベッドに飛び込んだそうな。
子供のために早く始めようと言ったのですが、9時でも早いらしい。
スペインは昼食がメイン、シエスタもあるので晩御飯は遅いです。
私は寝る4時間前間出に食べろと教えられたのですが^^;
IMG_5501_convert_20131226070150.jpg

今年のデザートは少なめ。毎年誰も食べないからでしょう。
苦手なマサパン(アーモンドの練り菓子)、ジェマス(卵黄菓子)、トゥロン(ヌガー)、ポルボロン(ラードを使った焼き菓子)など。
IMG_5502_convert_20131226070225.jpg

みんなポルボロンだけしっかり食べてました。
ここのメーカーのはおいしい♪
近所のお店で量り売りで買ったら、1個1ユーロ近くした気がします。
IMG_5515_convert_20131226070246.jpg

オレンツェロが来たかも!とみんなが言うと、こわがりの甥っ子は机の下に隠れてしまいました。
IMG_5516_convert_20131226070317.jpg

じゃぁ僕が先にプレゼント探して全部もらおーっと、とうちの夫が言ったら、甥っ子があわててプレゼントを探しに行きました。
袋に入ったプレゼント。甥っ子があけてみんなに配りました。
IMG_5522_convert_20131226070349.jpg

姪っ子用に買ったプレゼント。
衣類とウィンブルドンの会場で買った苺模様のビブ(よだれかけ)。
IMG_5329_convert_20131226065555.jpg

お手ごろ価格なのに足先までかわいい♪
IMG_5331_convert_20131226065611.jpg

甥っ子の今年の一番のお気に入りはアイロンマンのコスチューム!
2番目は私たちがあげたトランスフォーマー。ちょっと悔しい(笑)
IMG_5558_convert_20131226070425.jpg

みんな包装紙をびりびりに破るので床中紙だらけ。
お兄さんはお母さんからギターをもらって大喜び。お嫁さんは複雑。
ギターは既に何本もあって部屋が狭くなるから嫌だそう。わかる!
お兄さんはコレクション癖があって、家にギターや自転車、バイクなど複数所有してます。
IMG_5566_convert_20131226070532.jpg

私たちも今年はたくさんプレゼントを頂きました。
去年は貰う数よりあげた数が多かったので、今年は大人には一人につき2,3個しか用意したのですが、もっと買うべきだったなと後悔。
これで来年私たちがたくさん持っていって、向こうが減らせば去年と同じパターンになるなぁ。
バランスよく贈り物を交換するのって難しいですね^^;

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ゲルニカ観光

22日に行ったゲルニカの写真を。
あちこち廻ったついでに行ったのと、2年前にも行ったので、今回はちらっと覗いただけですが。

ゲルニカはバスク州ビスカヤ県の小さな街。
バスや電車でビルバオから50分ほど。
史上初めての無差別空爆を受けた街、それを題材としたピカソの作品「ゲルニカ」としても有名ですね。
現在作品はマドリードのソフィア王妃芸術センターにありますが、ゲルニカの街中にはレプリカがあります。


スペイン市民戦争中(1936年~1939年)にフランコ反乱軍によるバスクへの攻撃としてナチス・ドイツ空軍によって攻撃されました。
無警告で無抵抗の市民を攻撃したため世界中からフランコ勢力への非難が高まりましたが、フランコはバスク民族主義者の犯行と宣伝したそうです。
攻撃した上に反対側勢力のせいにするなんて・・・。
IMG_4905_convert_20131223084752.jpg

学校(多分)前のスペースで遊んでる子供たち。平和で何より。
IMG_4915_convert_20131223084712.jpg

教会の前の建物にも学校と書いてあります。素敵な建物。
IMG_4917_convert_20131223084654.jpg

フランコの標的にされたのはいくつか理由があるようですが、そのひとつがバスクにとってゲルニカが特別な場所であったことだそう。
バスク議事堂の入り口の門にはゲルニカのシンボル「ゲルニカの木」。
IMG_4922_convert_20131223084540.jpg

この敷地内にある樫の木がゲルニカの木です。
初代の木ではないですが、現存する一番古い樫の木です。
樹齢約300年、朽ちてしまって、今はこんな感じで保護されてます。
昔ビスカヤの各地域の代表者がこの木の下に集まって話し合いによって問題を解決したことから、バスクの人にとって大切なシンボルとなっています。
IMG_4967_convert_20131223083940.jpg

敷地内の別の場所に後継の木が1860年に植えられたものの2004年に枯れてしまったそう。
2005年に当時19年目の木に植え替えられて現在に至るそう。
今回はそれは見ずにビルバオに戻ってしまいました。
議事堂や木はフランコの空爆被害を免れたそうです。
IMG_4968_convert_20131223084637.jpg

前回来た時は閉まっていた議事堂が今回は開いてました。
見学は無料です。オレンツェロとヤドリギでクリスマス気分。
IMG_4925_convert_20131223084501.jpg

当時の議会の様子を絵にしたもの。
11世紀に会議があったと文献に記載されていたそうです。
バスクでは早くから民主主義が根付いていたと、誇りに思ってるバスク人が多いそうです。
IMG_4928_convert_20131223084444.jpg

当時は5種類の違うホーンを鳴らし、議会の開催を知らせたそう。
ちなみにこの近くに昔鯨漁をやっていた村があります。
IMG_4929_convert_20131223084425.jpg

議事堂の天井にある巨大なステンドグラス。
シンボルツリーの前に猟師、農家、鉱員、かな。
IMG_4944_convert_20131223084408.jpg

説明の展示物の写真を撮ってみたけど、光でぼけてしまいました。
周りをぐるっと囲むシンボルは各町のシンボル。
IMG_4933_convert_20131226040132.jpg

これはビスカヤの旗。
IMG_4954_convert_20131223084038.jpg

現在はこちらの会議室が使われてるみたいです。
IMG_4961_convert_20131223084011.jpg

この椅子いいなぁ。
IMG_4949_convert_20131223084104.jpg

スペイン語ではパイス・バスコ(País Vasco)、バスク語でエウスカディ (Euskadi)と呼ばれる3県。
スペインは元々複数の個別の国だったので、現在でもカタルーニャ語、ガリシア語、バスク語などが使われている多言語国家。
我々がスペイン語と呼んでいる言語はカスティージャ語と呼ばれます。
IMG_4948_convert_20131223084329.jpg

バスク人の多くは、上記の3県に右側の3地域(フランス側のバスク)、下の大きなナバラ州(昔ナバラ王国として繁栄)も含めた地域をバスクとして考えているそうです。
現在のナバラ州では州の北半分のバスク側ではバスク語が使われてるそうですが、下のほうはカスティージャ語が使用されてるそう。
IMG_4947_convert_20131223084351.jpg

バスクのパトカー。
IMG_4969_convert_20131223083921.jpg

フランコ独裁政権時代(~1975年)にバスクを含む各地の言語や文化は厳しく禁止されたそう。
子供につける名前は聖人の名前以外許されなかったのですが、うちの夫兄弟は聖人以外の名前がついてます。
義理母が役人にうまいこと説明して聖人の名前だと納得させたそう。
中には聖人の名前なのに、その役人が無知だったために「これは違う」と却下され、別の名前をつけられた夫の友達もいるそうです。

ちなみにうちの夫も両親もカスティージャ語で話します。
バスク語の言葉もたくさん混じりますが。
バスク語はとてもユニークな言語で、姓と名前が日本式(苗字・名前)だったり、不思議です。
バスクのこともスペインのことも知らないので、毎日わからないことだらけです!

そうそう、ゲルニカの街中にあった日本人経営のレストランがなくなってました!
アットホームでいい雰囲気のお店だったのに残念です。
今回は議事堂だけしか見てませんが、次は美術館とか市場のほうまで歩いてみたいな。
とても小さい町なのでビルバオから余裕で日帰りできます。
空爆で多くの建物を破壊されたため、古い建物などの見所は少ないけど、バスクを知る上で大事な街だと思うのでお近くに寄った際はぜひ♪

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ビトリア観光3

ビトリア観光の続きです。

大聖堂近くのフロリダ公園を見ると、羊のようなものが。
IMG_5209_convert_20131224043930.jpg

動物でもいるのかと見にいてみたら、べレンでした。
べレンは、キリスト誕生の物語を人形などで表現した飾りのこと。
本来べレンとはキリストが生まれたベツレヘムのことだそうです。
IMG_5210_convert_20131224044010.jpg

ここのべレンはリアルな等身大。
何箇所にもわたって人形が設置されてました。
水の流れる小川があってそこで洗濯してる人や、本当にまわってる水車など、わりと凝ってました。
IMG_5213_convert_20131224044050.jpg

ちなみに義理の母もべレンをよく作ります。
ドールハウスみたいで面白いのかな。
IMG_5217_convert_20131224044114.jpg

その横には乾燥に強い植物を植えた小さな庭園。
IMG_5218_convert_20131224044133.jpg

ハーブ、グラス、竹などが使われてました。
IMG_5221_convert_20131224044154.jpg

なんか寒いなと思って街中の温度計を見たら8度。
あれビルバオの気温は最低でも13度ってあったのに、と思って後で夫に聞いたら、ビトリアは山だからビルバオより寒いよ、と。
IMG_5244_convert_20131224044211.jpg

ここは公共の庭園らしいのですが、こじんまりしてました。
IMG_5246_convert_20131224044226.jpg

水色のドーム型の屋根にピンクっぽい色の水玉。かわいい。
IMG_5250_convert_20131224044243.jpg

今日は一人なのでどんどん歩けます♪
IMG_5251_convert_20131224044302.jpg

ビトリアの駅発見。
IMG_5256_convert_20131224044319.jpg

駅前の通り。店がシエスタ中でがら~んとしてます。
IMG_5257_convert_20131224044335.jpg

スペイン広場の辺りに戻ってきました。
IMG_5260_convert_20131224044417.jpg

広場近くの建物が素敵だなと思ったら郵便局。
IMG_5266_convert_20131224044436.jpg

併設の郵便ポストがライオンの口^^
IMG_5268_convert_20131224044456.jpg

またバス駅を目指して歩きました。
IMG_5271_convert_20131224044524.jpg

途中見かけた、厨房用品の専門店。
調理器具の中にべレン!信心深いってことかなぁ?
IMG_5273_convert_20131224044541.jpg

バス駅に戻ってきました。
チケットを購入して10分ほど待ちバスに乗車。
行きと同じの6ユーロ20セント。
IMG_5274_convert_20131224044601.jpg

チュロン(ヌガー)みたいな壁だなぁ。
IMG_5303_convert_20131224044618.jpg

帰りの経路も同じ会社のバスに乗ったのですが、4時15分発で5時50分ビルバオ着。
どこか忘れたけど経由したからか、ちょっと時間がかかりました。
IMG_5317_convert_20131224044634.jpg

特にこれといった目的もなかったのですが、散策するにはいいかな。
バス一人旅はまりそうです!

ただ今ビルバオは暴風真っ只中。警報も出てるようで。
風の音がすごいです!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ビトリア観光2

バスク州のアラバ県の県都、ビトリア観光の続きです。

IMG_5163_convert_20131224043544.jpg

旧市街を散策。
IMG_5104_convert_20131224042931.jpg

こそ泥風オレンツェロ。かなり大きい人形。
この時期オレンツェロの格好で泥棒に入ればばれない?
IMG_5108_convert_20131224043022.jpg

ぼろぼろの建物もありました。
そういうところに少年がたむろしてると、身構えてしまう^^;
一人だとつい気を張ってしまいます。
IMG_5110_convert_20131224043252.jpg

等身大オレンツェロ?ただの人形?ちょっとこわい。
IMG_5132_convert_20131224043324.jpg

街で一番古いサン・ペドロ教会は14世紀に建設されたそう。
IMG_5136_convert_20131224043343.jpg

お花があるとやっぱりいいですねぇ。
周辺はバラで囲まれてました。
IMG_5139_convert_20131224043407.jpg

ビルヘン・ブランカ広場。
塔の上にある白い聖女の銅像。
ビトリアの守り神のようなものだと思われます。
IMG_5155_convert_20131224043459.jpg

探していたサンミゲル教会はこの広場に面して建ってました。
コカコーラのテントが邪魔だなぁ。
氷が張られていて子供たちがそり遊びをしてました。
IMG_5182_convert_20131224043437.jpg

ベレー帽をかぶったおじさんの銅像。
ビトリアの街であるお祭りを始めたセレドンさんという人だとか。
夫の言うことなのでどこまで本当かは不明ですが。
IMG_5159_convert_20131224043525.jpg

素敵な建物ですがロンプラには説明なし。
分厚い思い本を持ち歩いてもイマイチ役にたたないなぁ。
PDF版で買ってタブレットに入れてもいいけど、書き込みとかできないし。
IMG_5173_convert_20131224043606.jpg

教会裏手の丘から。
IMG_5181_convert_20131224043627.jpg

広場に簡易アイススケートリンク。
ヨーロッパはどこに行ってもあるのかな?
IMG_5184_convert_20131224043654.jpg

どどーんとそびえたつオブジェ。
広場の古い建物と現代オブジェの融合ってとこなのかもしれませんが、正直ないほうが広場の景色が撮りやすいような。
IMG_5193_convert_20131224043738.jpg

バル(バー兼カフェ)でピンチョスとシードル(リンゴのお酒)で腹ごしらえした後、もう一つの大聖堂を目指してぶらぶら。
IMG_5196_convert_20131224043802.jpg

マリア・インマクラダ大聖堂。
IMG_5198_convert_20131224043821.jpg

ハトが頭の上で休んでる~。
IMG_5201_convert_20131224043847.jpg

大聖堂併設の博物館が面白いとロンプラにあったのですが、昼休みで4時までクローズ。
IMG_5203_convert_20131224043910.jpg

お店も1時半/2時~5時くらいまで閉まっていました。
5~8時まで開店しても、冬場の日帰り観光客にはちょっとなぁ。
IMG_5258_convert_20131224044358.jpg

シエスタかと思って後で夫に聞いたら、バスクの人は働き者だからシエスタなんてない!、昼間はみんな会社で働いていて店を開けても客が来ないから、昼間は閉めて夕方から夜にまたあけるんだと。
でもみんなシエスタとったら同じように遅くまで働くから一緒なのでは?
あるいは会社員はシエスタなし?

他地域のシエスタだって、昼間は暑くて仕事の効率がよくないから休んで、また効率のいい夕方から働くんだから、バスクも一緒じゃないの?と言うと、怠け者のシエスタと一緒にするなとご立腹。
どっちも結局一緒だと思うけどな~。

まだ続きます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ビトリア観光1

今日のビルバオは晴れのち曇り。最高気温15度、最低13度。
天気予報では休暇中唯一の晴れの日、しかも嘘みたいに暖かいと予測されていたので、これはどこかに行かねばとビトリアに行ってきました。


夫が11時過ぎてもぐずぐずしてるので、一人で出発^^;
たまには一人で家でだらだら過ごしたいんでしょう!
バス駅へは競歩、チケットを買い、ぎりぎり11時半のバスに乗車。
IMG_4984_convert_20131224035632.jpg

車より車高が高いので眺めが抜群♪
ビルバオの街を出るとすぐにこんな景色が広がります。
IMG_4987_convert_20131224035744.jpg

のんびり♪
IMG_4989_convert_20131224035807.jpg

1時間30分弱でビトリアのバス駅に到着。6ユーロ20セント。
IMG_4999_convert_20131224040125.jpg

バス駅から歩いてすぐのところにモダンアートの美術館が。
美術館前のオブジェ、どうしても写真に入らない・・・。
IMG_5006_convert_20131224040208.jpg

Artiumというそうで、ロンリープラネット(ロンプラ)によると、ショッキングな展示があるそうな。
奇をてらったものは嫌いなので外の展示だけ見て目的の旧市街へ。
IMG_5009_convert_20131224040246.jpg

建物両脇の絵(というのかな?)も展示品。
IMG_5013_convert_20131224040357.jpg

タブレット(Nexus)の地図を見ながら旧市街へ。
方向音痴なので、現在地を確認しながら動けるのはありがたい。
でもタブレットばっかり見て歩いてると旅の楽しさは薄れるかな。
IMG_5023_convert_20131224040613.jpg

お目当ての建物に近づけば近づくほど、見えなくなってしまう。
IMG_5027_convert_20131224040525.jpg

サンタマリア大聖堂に到着、と思いきや修復中!
うーん、この感じだと後何年待てば終わるのかな?
IMG_5035_convert_20131224040733.jpg

ロンプラによると修復中の中を見せてくれるガイドツアー(8ユーロ)があるそう。
電話かネットで事前予約が必要らしいけど、人が少ないときはすぐに次のツアーに参加できるとか。
IMG_5046_convert_20131224041033.jpg

入り口がわからず、建物を1周してるとかわいいワンコに遭遇。
IMG_5049_convert_20131224040851.jpg

この日は2回もお散歩中のゴールデンレトリバーが私に寄ってきてくれました。
同じ子かなと思ったけど飼い主が違ってたので違う子かな。
すぐそばに来てニコニコしてくれるので飼いたくなってしまった♪
IMG_5050_convert_20131224041350.jpg

ふと上を見るとヘルメットをかぶった見学者達が。
上からの眺めを見てみたいけど、ガイドツアー面倒くさそう。
次の機会でいいかと、旧市街の散策を開始。
IMG_5055_convert_20131224041002.jpg

オレンツェロ、なんだか苦しそうに見えるのですが・・・。
IMG_5041_convert_20131224040823.jpg

左半分は教会の建物なのかな?
IMG_5057_convert_20131224042613.jpg

素敵な建物。
ビトリアの旧市街、思ったより大きい気がしました。
IMG_5059_convert_20131224042637.jpg

ビトリアはバスク地方のアラバ県の県都。
IMG_5073_convert_20131224042657.jpg

公園が多いと本の説明にあったので期待してたのですが、散策中に見つけられたところはどこもこじんまりしてました。
IMG_5095_convert_20131224042720.jpg

アップダウンが多いので、動く歩道があります。
IMG_5098_convert_20131224042746.jpg

小道をあちこち入っていると、同じ場所に戻ってきてました^^;
IMG_5101_convert_20131224042827.jpg

気を取り直して歩きましょう!
IMG_5102_convert_20131224042845.jpg

あの先はどこに続いてるのかな?
IMG_5103_convert_20131224042900.jpg

旧市街でもこういうのはありなんですね。
アートってことかな?
IMG_5106_convert_20131224042956.jpg

まだ続きます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

サントトマスで見た民族衣装

12月21日にあったバスクのお祭り、サントトマスの続きです。
IMG_4648_convert_20131222061602.jpg

このお祭りが大好きなのですが、理由のひとつが民族衣装。
みんなが着てるわけではないのですが、見てるだけでも楽しい♪
IMG_4553_convert_20131222054253.jpg

スカーフ、長めのスカート、ウールの靴下に皮の編み上げ靴。
IMG_4551_convert_20131222054232.jpg

この男の子は羊飼いの衣装。
シープスキンのベストのもこもこ感が小さい子には特に似合ってかわいい♪
IMG_4550_convert_20131222054211.jpg

スカーフも地域によって色や柄が違うそうです。
IMG_4554_convert_20131222054315.jpg

バスクの男性にとってベレーは大事なもの。
黒は日常時に普段使いされるベレーの色。
バスクのベレーは通常のものより大きめ。
IMG_4535_convert_20131222053705.jpg

特別な日には色によって出身地がわかるベレーをかぶるそう。
夫の地域は緑だとか。
ベレーのお店以外で見たことがないような気がしますが。
IMG_4559_convert_20131222054335.jpg

女の子はスカーフで髪をまとめてますね。お父さんも民族衣装。
IMG_4524_convert_20131222053440.jpg

この赤ちゃんが着てるジャケットにはバスクの伝統的な模様、ラウブル(バスク語で4つの頭)です。
フランスではローブリューと呼ぶそう。
バスク十字と呼ばれることもあるみたいなんですが、バスク地方にキリスト教が伝わる前からあった模様だそうで、夫は十字じゃないと言い張るのですが^^;
IMG_4624_convert_20131222061126.jpg
バスクはスペインサイドとフランスサイドとあるのですが、微妙に違うところもあるようです。
今回ビルバオに来る前に、フランスサイドのバスクの町や村を見て、夫といろいろ比べて楽しめました。

チェック模様も多いです。
IMG_4520_convert_20131222053356.jpg

大人の男性もけっこう民族衣装を着てます。
あまり普通の服と変わらない気もしますが。
IMG_4583_convert_20131222061009.jpg

バスクは山が多く昔は他地域との交流が限られていたのだと思うのですが、地域ごとに特色があって面白いです。
地域によって生活や食、者の名前も変わってくるので、一つのものを取り上げてみても諸説あって奥が深いです。
IMG_4621_convert_20131222061109.jpg

最近では出身などは気にせず、好きなデザインのものを着てる人も多いとか。
IMG_4618_convert_20131222061051.jpg

女性はショールを羽織ってました。
IMG_4614_convert_20131222061030.jpg

みんなバスクの出身であることを誇りに思っているんですねぇ。
IMG_4578_convert_20131222060942.jpg

人ごみを避けて移動。遠くにマーケットが見えます。
IMG_4632_convert_20131222061543.jpg

橋の上でヤドリギを売ってる人たち。
IMG_4530_convert_20131222053632.jpg

こちらでも。
IMG_4619_convert_20131222054411.jpg

町の中の植栽。
友人達と一緒に移動していたので写真を撮る機会がほとんどなく。
撮ってる最中に置いていかれると困るので^^;
IMG_4645_convert_20131222061644.jpg

バーのはしごを終えて家に戻る途中。
IMG_4672_convert_20131222061621.jpg

イギリスは今だと4時前には日が落ちますが、こちらは5時半ごろ。
日の出もイギリスのほうが40分ほど早く、ビルバオの今ごろの日の出は8時40分ごろ。
若干こちらのほうが日が長いです。
ちょっと得した気分♪

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

バスクのお祭りサントトマス

今日のビルバオは曇り。最高気温12度、最低気温5度。

今日はバスクのお祭り、サントトマスの日でした。
昔々地代を徴収した地主がそのお金でお祭りを始めたとかで、6-70年ほど前から現在の形態(クリスマスに必要な食料などを売るマーケット)になったとか。
今は屋台で友達や家族と飲んだり食べたりするのが主流のよう。

ポスターのおじさんはオレンツェロ。

毎年12月21日に行われるのですが、今年は土曜だったので人出がいつも以上に多かったです。
IMG_4557_convert_20131222053753.jpg

みんな屋台が出ている旧市街(カスコビエホ)に向かってます。
IMG_4521_convert_20131222053420.jpg

ネルビオン川にかかってる橋を渡ってるところ。
バスクの伝統的なスカーフやベレー帽をかぶってる人がちらほら。
IMG_4525_convert_20131222053459.jpg

川の右側に、緑に赤い屋根のテントがずらーっと。
IMG_4527_convert_20131222053536.jpg

ほとんどが食べ物やワイン、シードラ(リンゴの発泡酒、バスク産は甘み少な目で酸味強め)の屋台。
川沿いの広場に一番たくさん屋台が出てます。
IMG_4526_convert_20131222053519.jpg

バスクの人が食べ物やワインにかける情熱はすごいです!
語らせると話が長い、長い!
IMG_4532_convert_20131222053555.jpg

サントトマスで食べたいのはやはりタロ。
IMG_4542_convert_20131222054024.jpg

とうもろこしの粉で作った皮にモルシージャ(ブラッドソーセージ)、チョリソー、ロモ(豚肉)などをはさんで食べるシンプルな屋台メニュー。
IMG_4546_convert_20131222054058.jpg

チャコリ(バスクの白ワイン)もかかせません。
気軽に飲めるワインで、白がメインです。
酸味が少しあり、フレッシュでフルーティでドライ。
生産した年に飲むワインで、透明に近い淡い黄色。
伝統的なチャコリは熟成させて飲むワインではないので、色が濃い古いものは避けたほうがいいかも。
IMG_4547_convert_20131222054117.jpg

↓はビスカイアにあるミシュラン3つ星レストランの所有するワイナリーのもの。
辺鄙な所にあるのですが、料理やワインもおいしいし、レストランのデザインも素敵だし、窓から見える景色も素晴らしい、おまけにヘッドシェフ兼オーナーは超フレンドリー。
IMG_4582_convert_20131222061200.jpg
去年行ったのがたまたま3つ星に昇格した直後で、3つ星になってから初の日本人だとヘッドシェフが自らキッチンやエントランスなどを案内してくれました。
おまけにマネージャーと日本人シェフを呼んでくれて、外の有機栽培の畑や温室まで案内してくれたというおまけつき。
ジャーナリストでも何でもない私なのに。
彼はモヒカンにボディピアスやタトゥーをした若いシェフだったので、まさかヘッドシェフとは思わず、「へーすごいねぇ」なんて気軽に返事をしてしまった自分を反省・・・。
有機自家栽培、市場から消えた地元野菜の復活、コンピュータ管理の温室で野菜の味の実験、地熱や太陽光などを利用した設備等、ユニークなレストランでした。

一番左のチャコリがアラバのもの。
上記のレストランのワインほどではないものの、おいしいしかった。
チャコリの主な名産地はギプスコア、アラバ、ビスカイア(県)などだそう。
私が飲んだことがあるのは地元ビスカイアのものがほとんど。
夫が言うにはビスカイアはガスなし、ギプスコアのものはガスが少し入ってるそう。
夫の言うことなので信用度は?ですが、確かに私が飲んでもビスカイアのものはガスは感じなかった気がします。
IMG_4635_convert_20131222061429.jpg

お菓子も売ってました。
赤い布、うちのテーブルクロスと同じ柄だ!
IMG_4548_convert_20131222054151.jpg

チュロスの屋台チュレリアはいつものところで今日も開店中。
夫が言うにはバスクではそれほど多くはないそう。
一回ホットチョコレートとチュロスを試したけど、ホットチョコレートが濃厚&甘すぎですぐギブアップ。
IMG_4537_convert_20131222053726.jpg

夫の友達4人と合流し、移動中は迷子にならないように必死でした。
IMG_4558_convert_20131222053814.jpg

夫の友達が私を持ち上げてくれたので写真を撮ってみました。
IMG_4561_convert_20131222053833.jpg

ヌエバ広場に移動したところ、こちらはさらにぎゅーぎゅー。
IMG_4563_convert_20131222053852.jpg

スロークックした去勢鶏は特別なご馳走だそうです。
IMG_4573_convert_20131222054353.jpg

夫が言うにはこのおじさんはガルガンチュアというそう。
ビルバオの大工さんがガルガンチュアの形の滑り台を作ったことが始まりだそう。
今でもお祭り時には巨大なガルガンチュアの口から入ってお尻から出てくるという突拍子もない滑り台が設置されるそう。
IMG_4587_convert_20131222061236.jpg

広場内にあるバーのピンチョス。
ピンチョは串のこと。串でさした一口サイズの料理です。
チョコリはたいていこういうガラスのコップで出されます。
IMG_4593_convert_20131222061300.jpg

若者は屋台やバーではなく、スーパーで買った食べ物を持参。
これらはゴミではなく、パーティの最中なんです。
敷物をひいてはどうかな?と思ってしまいますが。
IMG_4597_convert_20131222061322.jpg

ピンチョスのはしご。次のバーへ移動。
IMG_4598_convert_20131222061344.jpg

今年初のピンチョス。やっぱりうまい!
IMG_4607_convert_20131222061409.jpg

ランチは人ゴミを避けて離れた地域にあるフォンデュレストランで。
チーズなしでは生きていけないと言う人たちだけに、根こそぎチーズをたいらげてました。
肉や魚のオイルフォンデュもなかなかおいしかったです。
IMG_4636_convert_20131222061448.jpg

レストランの後はまたバーへ。
IMG_4658_convert_20131222061507.jpg

そしてまた違うバーへ。
既にギブアップ寸前の私は紅茶を飲んでましたが。
IMG_4673_convert_20131222061523.jpg

まだアップしたい写真があるのですがもう真夜中なのでまた明日。

今日は8時間ほど屋台とバーのはしご、立ちっぱなしで疲れました。
でも久々の夫の友達との再会、楽しそうな夫の姿を見てると帰りたいとも言えず。
夫の友達がみんな良い人で英語で話してくれるので楽しく過ごせてありがたい。
毎年、今年もスペイン語勉強しなかったなぁと大反省する瞬間。
来年こそ?かなぁ~。<怪しい

コメントへのお返事かけてなくてすみません!
お返事できないのは申し訳ないので、しばらくコメント欄閉じさせていただきますね。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ボルドー

ただいま夫の実家に里帰り中です。
1日目の朝早くにイギリスを発ち、フランスで2泊し先ほどスペインに到着。
初日はロンドンからボルドーまで15時間ドライブで疲れました~。

旅行2日目、ボルドーの街をちょこっと歩きました。
ワインの産地としても有名なボルドーはフランス南西部にあります。
アキテーヌ地域の首府だとかで、かなり大きな街でした。
世界遺産に登録されているサン・タンドレ大聖堂。

建物の一番古い部分は1096年だとか。
現存する大部分は13,14世紀に建てられたものだそう。

こちらは15世紀に建てられた塔。
後ろにある大聖堂とは別の建物。
IMG_3574_convert_20131221075846.jpg

鐘の音の衝撃を防ぐために大聖堂とは離して建てられたそう。
鐘の大きさはなんと8トンだとか。
IMG_3545_convert_20131221080013.jpg

18世紀に建てられたグランドシアター。
IMG_3526_convert_20131221075719.jpg

ウインドーディスプレイの中のタンタンの人形。
フランスの漫画だよと夫にえらそうに言ってしまったのですが、今ちらっと調べたらタンタンの作者はベルギー人でした。
そういえば昔、ブリュッセルのマンガ博物館にタンタングッズが欲しくて行ったのに、すっかり忘れてました。
なかなか博物館が見つからずすごく歩き回ったのになぁ。
IMG_3530_convert_20131221075744.jpg

小規模ながらもクリスマスマーケットが。
平日の朝は人が少なく、ほとんどの店が開店準備中でした。
IMG_3501_convert_20131221075625.jpg

バスク系の店がたくさん出てました。ここもその一つ。
夫がハモンとチーズのサンドイッチを買ったのですが、めちゃくちゃうまい!
IMG_3499_convert_20131221075642.jpg

ガロンヌ川沿いにあるカンコンス広場。
ここやブルス広場などの地区は「月の港ボルドー」の名称で世界遺産に登録されているそう。
ガロンヌ川が月の形のように湾曲しており、その川沿いに街が発展したことからついた名のよう。
IMG_3467_convert_20131221080458.jpg

モニュメントや噴水があるだけで、だだっ広くてちょっと寂しい感じでしたが、お天気のせいかな。
IMG_3489_convert_20131221075536.jpg

ガロンヌ川沿いの自転車道。
こんな素敵なところを自転車通勤してみたい!
IMG_3630_convert_20131221080322.jpg

4kmに及ぶ川沿いの遊歩道は最近完成したそう。
植栽もなかなか素敵。
IMG_3618_convert_20131221080139.jpg

夏には何を植えているのかが気になるなぁ。
遠くにかすかに見えるのはながーい橋。
IMG_3619_convert_20131221080231.jpg

ナポレオンの命令で1810年から建設が始まったピエール橋。
17個ある橋のアーチは、Napoleon Bonaparteの字数にあわせてあるそう。
IMG_3611_convert_20131221080255.jpg

ブルス広場は18世紀に建設されたそう。
夏場には一部に水が少しはられて、子供たちが水遊びに興じるようです。
水に建物が映ってきれいだそう。
IMG_3601_convert_20131221075516.jpg

ブルス広場前に止まるトラム。
2000年以降のボルドー再開発でトラムも復活したそう。
IMG_3596_convert_20131221080043.jpg

こんなところがトラムの乗り場なら、のんびり景色を楽しみながら待てそうだなぁ。
IMG_3605_convert_20131221080118.jpg

カイヨウ門。
IMG_3442_convert_20131221075556.jpg

見事に枯葉をあやつるお兄さん。
IMG_3463_convert_20131221080431.jpg

たった数日で撮りまくり、写真がかなり溜まってしまいました。
明日はこちらのお祭りがあるのでさらに撮ってしまいそう!
しばらくはアップに専念しますが、ご了承ください^^;>

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

旅支度

今日は曇りのち雨、最高気温9度、最低6度。

明日から夫の実家へ長期の里帰りなので、今日は朝からばたばた。
IMG_3393_convert_20131218013024.jpg

脚立と剪定ばさみを出してバラの花がらつみ。
ふと気づいたら脚立の上に狐の糞が!
ブーツで踏んづけてしまった糞が脚立にもついた模様。
あとで使い捨てはブラシで磨いて洗いました・・・。狐めー。
IMG_3385_convert_20131218012917.jpg

バラは蕾も全て切ってしまいました。残念だけど。
スノーベリーの葉が落ちて、白い実が目立ちます。


プリムローズとガイラルディアの花ぐらいで少なかったです。
IMG_3408_convert_20131218013300.jpg

今まで咲いたことなかったアセビ。狂い咲き?
IMG_3407_convert_20131218013250.jpg

ガイラルディアの花も切る前にぱちり。
IMG_3406_convert_20131218013240.jpg

斑入りのヘーベは花がなくても葉っぱがかわいい。
IMG_3404_convert_20131218013215.jpg

フレンチラベンダーの花もカット。まだこれから蕾が出てきそう。
このまま放置して咲かせたら株が消耗してしまいそうで心配。
IMG_3397_convert_20131218013035.jpg

フレンチラベンダーの香りは薬っぽい感じがして、イングリッシュラベンダーの香りのほうが好きです。
でもフレンチは見た目がかわいくて、どちらもやっぱり捨てがたい。
IMG_3410_convert_20131218013337.jpg

ハニーサックルやアネモネの蕾が増えてました。
今年の冬は穏やかなのでいろいろと狂い咲きしてます。
IMG_3405_convert_20131218013229.jpg

バードバスも洗って、新しい水をたっぷりと。
すぐにまた落ち葉で汚れるだろうけど。
IMG_3401_convert_20131218013138.jpg

鳥の餌も追加。リスに荒らされませんように。
前に餌入れを歯で壊されたのでボンドで修理してあります。
IMG_3402_convert_20131218013151.jpg

サントンネルをはずしてスイトピーに水やり。
IMG_3400_convert_20131218013127.jpg

ミニグリーンハウスにも水やり。
IMG_3399_convert_20131218013116.jpg

こちらも水やり。
テーブルがくぼんでいて雨の水が溜まるので、水遣りはほとんどいらないのですが、念のため。
IMG_3403_convert_20131218013203.jpg

最近新しく作った花壇は狐に掘られるので、壊れたタイルと古いレコードでカバー。
見た目は汚いけど、根がしっかり張るまでは我慢。
IMG_3398_convert_20131218013102.jpg

昔狐が放り投げて遊んでいるのを目撃した亀吉のぬいぐるみを庭の隅で発見。
隣の幼稚園から投げ込まれたボールと一緒においておきました。
これで遊んで、畑は荒らさないでちょーだい。
IMG_3409_convert_20131218013326.jpg

家の中の観葉植物も整理。
IMG_3413_convert_20131218013347.jpg

葉を減らしたら水の蒸散する量も減るかなと、トラデスカンチアを切り詰めてみました。
IMG_3414_convert_20131218013357.jpg

レックスベゴニアの葉も減らしてみました。
ネットで見つけた、バケツと布切れを使って毛細管現象を利用した簡単な水やり装置(ってほどでもないですが)を試してみようと思います。
車で帰るのでお気に入りの鉢は持って行く予定です。
IMG_3415_convert_20131218013408.jpg

荷物のパッキングもほぼ終了。
今回はクリスマスだけでなく年末年始も夫の家族と一緒に食事するので、たくさん服を持っていこー。
毎回同じ服を着てる気がするので、今年はバーゲンで激安品をゲット。
一番左のは夫のお母さんからのプレゼント。
IMG_3920_convert_20131218014213.jpg

ロビン君とも3週間近く会えなくなります。
寒くなるけどがんばるんだよー。
IMG_3395_convert_20131218013013.jpg


今回は車でフランス南部を訪ねた後にスペインの実家に帰ります。

しばらくネットが使いづらく、タブレット(Nexus)からアクセスするのでクリックはできますが、足跡は残せなくなります。
スペインでは近所の図書館でPCが使えるかもしれないのですが。
近所にネットカフェがなく(タパスバーはあるんですが)、里帰り時はいつもネットなし。
今年はブログを見たいのでアクセスできるところを探そうと思います。

お笑い番組が多い年末年始なのに、しばらく日本のお笑いがネットで見れなくなるのがつらいですー。
ネットの動画ってすぐに見れなくなるんですよね~。仕方ないけど。
cafeや図書館でネットが使えても見れないだろうからあきらめるしかないかな。
年末年始は勉強に励もうと思います。

いつもブログを見てくださってありがとうございます!
皆さんも素敵なクリスマスと年末年始をお過ごしください!

最後の球根植え付け

今日は雨時々曇り。最高気温12度、最低10度。
昨日買い物のついでにいったホームセンターで球根がさらに値下げされてました。
一袋50ペンスで、つい買ってしまいました。
IMG_4081_convert_20131216085910.jpg

白いヒヤシンス、4球。
IMG_4089_convert_20131216090009.jpg

ダブルチューリップのミックス25球。
IMG_4088_convert_20131216085957.jpg

チューリップのアンジェリケ8球。
IMG_4087_convert_20131216085942.jpg

ボタニカルチューリップ15球。
日当たりと水はけがいいと毎年植えっぱなしでも咲くようです。
IMG_4092_convert_20131216090052.jpg

八重咲き水仙8球。
IMG_4091_convert_20131216090039.jpg

白い水仙12球。
IMG_4090_convert_20131216090019.jpg

切花にしてもいいかなとけっこう詰め込んで植えました。
IMG_4085_convert_20131216085929.jpg

ネットを張って、周りを鉢で囲んで、狐やリスから守ります。
IMG_4095_convert_20131216090138.jpg

種から育てていた牡丹の鉢が荒らされてしまいました。
数ヶ月湿ったバーミキュライトの中にいれて暖かい場所で保管して、根が出始めてから植えつけたのですが。
探したけど種は見つからず。残念!
IMG_4080_convert_20131216085859.jpg

コーナスとヘザーを植えてる場所も掘られてました。
ヘザーが土で埋もれてしまった・・・。
せっかくしたバークチップのマルチも土に埋まってしまって、またやり直し。
IMG_4093_convert_20131216090111.jpg

コーナスの根が見えてます。
いつも根の中心まで掘ってあきらめているみたい。
根が傷むからやめて欲しい!!
IMG_4097_convert_20131216090149.jpg

前によく狐に掘られていたコニファーの周りに鉢植えを置いて守っているのですが、久々掘られてました。
そのうちがっつり掘られそうでこわいなぁ。
IMG_4094_convert_20131216090125.jpg

今日は夫が接待で遅くまで帰ってこないので、溜まっていた写真を一気にアップできました。
でも夜中になっても夫が帰ってこないのでちょっと心配。
明日は今年最後の仕事収めの日で8時から会議があるのに、飲みすぎてるんじゃないのかな?
わしゃしらんぞー。

ヒイラギの花、斑入りジャスミン、クリロー、冬支度

今日は写真の整理が大分すすみました^^
だんだんどの写真をアップしたのかわからなくなってきました。
毎日作業しないとだめだなぁと反省。
IMG_3779_convert_20131212063408.jpg

今年8月末に強剪定したセイヨウヒイラギ。
11月に初めて花を見ました。狂い咲き?
IMG_3823_convert_20131212063329.jpg

11月ごろのブルーベリーの紅葉。
IMG_4153_convert_20131212062626.jpg

ミナリアヤメ、鮮やかなオレンジ色の実がつきました。
花は青系と黄色系をよく見ますが、うちはより地味な黄色系。
地味すぎて開花しててもわからないくらい。冬が一番の見ごろ。
Stinking Irisともよばれ、葉っぱを切るとその名のとおり臭い!
IMG_3798_convert_20131212063350.jpg

今年も小学校の校庭に面したフェンスを植物で隠すことはできませんでした。
ハニーサックルで覆いたかったのですが、日光と雨があたりにくい場所に植えてしまって失敗。
ハニーサックルは全部抜いて鉢に植えて養生させてます。
11月に場所をずらして日当たりのいいところに、前から気になっていた常緑の斑入りジャスミンを植えてみました。
IMG_3887_convert_20131212085025.jpg
Trachelospermum jasminoides 'Variegatum'

葉っぱがとってもきれい!
通常の寒さならいけるそうで、今のところは落葉なし。
でも寒さがきつくなると落葉することもあるそうです。
IMG_3888_convert_20131212085038.jpg

鉢で養生していたハニーサックルの一つも、フェンス前の日のあたる場所に植えてみました。
IMG_3883_convert_20131212085057.jpg

来年はジャスミンとハニーサックルがフェンスを覆って、小学生が校庭で遊んでいても気にせず庭仕事ができるようになるといいなぁ。
IMG_3884_convert_20131212085112.jpg

クリスマスローズの苗が大きくなって、底から根が出てました。
IMG_3895_convert_20131212085007.jpg

植え替えたほうがいいのかな?と、わからなかったのですが、とりあえず植え替え。
途中でコンポストがなくなり、小さい苗はそのままに。
IMG_3896_convert_20131216080709.jpg

球根を植えてネットを張ったプランターの上に狐の足跡・・・。
IMG_3928_convert_20131214054137.jpg

セダムが霜で汚くなってしまいました。
IMG_3930_convert_20131214054202.jpg

全部切って、新しい芽の周りを覆ってみました。
IMG_3932_convert_20131214054219.jpg

バークチップでマルチも徐々にやってます。
IMG_3933_convert_20131214054351.jpg

ハーブのバスケットも。パセリはそろそろだめになるかな。
IMG_3935_convert_20131214054408.jpg

挿し木で新しい株ができたフクシアは、枝を切ってマルチで覆ってしまいました。
寒さに弱いらしいので冬越しは無理だとは思うのですが、同じ鉢にゲウムも植えてあるので。
IMG_3937_convert_20131214054430.jpg

シクラメンは園芸用グリットでマルチしてみました。
IMG_3936_convert_20131214054418.jpg

小さいグリーンハウスに小さい苗を移動してます。
水遣りをしないといけなくなるのがちょっと面倒。
IMG_3929_convert_20131214054148.jpg

冬支度はまだ続きます~。

ロンドンのクリスマス2、ムーミンショップ

11月のロンドンのオックスフォードストリート、高級デパートのセルフリッジズの辺り。


夕方5時過ぎですが真っ暗で真夜中みたい。
IMG_3836_convert_20131216044747.jpg

友達とコベントガーデンにあるムーミンショップに行きました。
IMG_4175_convert_20131216044628.jpg

ムーミンは世界中で愛されてるんですね。
IMG_4172_convert_20131216044642.jpg

小さなお店ですが人でいっぱい。
若い女性や大人もたくさん来てました。
IMG_4169_convert_20131216044658.jpg

大好きなキャラクター、スティンキーのピルケースを購入。
キシリトールガムを入れるのに使ってます。
右のキーチャームはフィンランドで購入。
お酒のボトルをいっぱいかかえて逃げてるような姿がかわいい♪
IMG_3383_convert_20131216044607.jpg

コベントガーデンのマーケット内に久々入ってみました。
IMG_4166_convert_20131216044345.jpg

IMG_4168_convert_20131216044530.jpg

IMG_4178_convert_20131216044406.jpg

IMG_4183_convert_20131216044447.jpg

IMG_4182_convert_20131216044428.jpg

IMG_4186_convert_20131216044508.jpg

マーケット内の紅茶専門店ウィッタードでベリー系のフルーツティーを購入。
日本で家族と一緒に飲もうかなぁと保管中。
IMG_3384_convert_20131216044554.jpg

ウィッタードはかわいいパッケージのお茶やいろんなフレーバーティなど種類が豊富、お手ごろ価格で支店も多いので便利なお店です。
2008年に経営破たんのニュースが流れたときは驚きましたが、どこかに買収された現在は経営再建できたようで何よりです。
って、あんまり買わないんですけどね。

ヘストン・ブルメンタールのクリスマスデザート

食べ物ネタ連発です。レストラン情報ではないのですが。
ただ今各スーパーでクリスマス商戦が白熱中ですが、昨日夫と一緒に高級スーパーのウェイトローズに行ってみました。
有名なミシュラン三ツ星シェフ、ヘストン・ブルメンタールと提携してレディミール(レンジやオーブンで暖めるだけのお惣菜)を出してるんですが、クリスマスのデザートもあるんです!

クリスマスのプレゼントとしても人気のチョコレート。
ヘストンのアイデアが加わるとどうなるのかなぁとわくわく。
定価10ポンドがウェイトローズのショップカードを使って10%引きで9ポンド。


7種類のチョコが計15個入ってます。
マカダミア・プラリネというホワイトチョコ、マスコヴァド(黒砂糖)・カラメル、スパイスド・カラメル、BFD(チェリー、クリーム、ダークチョコを使った1970年台の伝統的なガトーをチョコにしてみたそう)がおいしかったです。
でもマンダリン・カラメル、タイム&ローズマリー、アールグレーはいまいちでした。
半分は無難な味、残り半分は好みによって好き嫌いが分かれそうなチョコでした。
IMG_4079_convert_20131216025858.jpg

こちらは定番のデザート、クリスマスプディング。
ドライフルーツがたっぷり入った、ラム酒や香辛料(ナツメグ、シナモン、クローブ)がしっかりきいたどっしりとしたケーキです。
私も夫もクリスマスプディングは苦手なのですが、ヘストンならおいしいかもと買ってみました。
定価14ポンド、現在割引中で10.50ポンド。さらに6ポンド引きのクーポンも使用。
電子レンジで暖めてもいいのですが、スチームするのが一番良いとあったので、2時間スチームしました!
最近はお店で買う人が多いみたいですが、おうちによってレシピが違って、すごい人は1年ほど前に作って寝かしてるそう。
もともと保存食で日がたつと風味が増しておいしいそうです。
IMG_4066_convert_20131216025951.jpg

2時間後、お皿に載せようとしたら、半分しか出てこず。
真ん中のチョコレートが入った部分で切れてしまった!
私が買ったのはチョコレートソースのプディングでしたが、オレンジが入ったものもあるようです。
IMG_4067_convert_20131216025939.jpg

残り半分がなかなか出てこず、ナイフで出そうとしたら、ぐずぐずになって落ちてきました^^;
取り出すときのコツとかあるのかな。失敗です・・・。
お味は、すごーく濃厚。お酒とスパイスがすごくきいてます。
部屋一体にしばらく香りが漂ってました。
イギリス人にしたらたまらない味だろうねぇーと二人で話しながら少し食べたものの全部は食べきれず。
900g以上あるのでなかなかのボリューム。
IMG_4068_convert_20131216025927.jpg

ドライフルーツが苦手な私にはイギリスのクリスマスデザートは楽しめないなぁと再確認。
ヘストンのレストランで食べたメニューはどれもすごく美味しかったので、期待してただけにちょっとがっかりです。
でもおいしくないわけではなく、自分の好みにあってないだけだと思います。
ドライフルーツやお酒を使ったデザートが好きな人にはきっと気に入られる味なんじゃないかなぁ~。

他にヘストンがらみクリスマスのデザートは、イギリスのミンスパイやドイツのシュトレンや、アイス、ケーキもありました。
ドライフルーツを使ってないケーキやアイスも気になるけど、誰かに感想を聞いてから試してみたいなぁ。

Grain Store:ビブグルマン選定レストラン

ただ今The Manzai2013を見ながら写真の整理をしてます^^

ビブグルマン選定レストランの一つGrain Store
ビブグルマンはミシュランがお手ごろ価格で美味しい料理を提供するレストランに与えているものだそう。
ロンドンの北の玄関、キングス・クロス、セント・パンクラス駅(ハリーポッターでおなじみ?)の北側徒歩10分くらいに位置します。


むかーしは危ない地域と言われていたこともあった地域ですが、ここ数年大開発されてすっかり様変わり。
ロンドン芸術大学のひとつで有名なデザイナーを多く輩出しているセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(セントマ)の建物のすぐ横。
建物前には色とりどりの光と音が連動してる噴水のようなものが。
IMG_3868_convert_20131216001405.jpg

人気があるようで予約がけっこういっぱいでした。
この日は大好きな友人達と一緒で、食べることよりおしゃべりに夢中になってしまいました。
IMG_3846_convert_20131216002920.jpg

バター大好き人間なのでパンがおいしくてうれしかった^^
IMG_3847_convert_20131216001159.jpg

ベジタリアン、ビーガンメニューもたくさん。
遊びがあって面白い手の込んだメニューもあります。
どんな料理が出てくるのか想像するのが楽しいです。
IMG_3849_convert_20131216001212.jpg

味噌をどんな風に使ってるのか気になって頼んでみた一品。
ナスはペースト状になっていました。
柑橘系の風味をつけられたパリパリのチキンの皮がおいしい。
味噌の風味をあまり感じずモヤシの生臭さがちょっと気になりました。
IMG_3851_convert_20131216001228.jpg
Sprouting beans & seeds, miso aubergine, crispy citrus chicken skin, potato wafer

ホールミールブレッド、ほうれん草とレモンのパスタ。
ムール貝のブロス、ベルガモットの風味はあまり感じず。
面白そうなメニューと思ったけど、割と普通のお味。
IMG_3853_convert_20131216001302.jpg
Wholemeal bread, spinach & lemon pasta, mussel broth with bergamot

セロリのレムラードソースあえはすごくおいしかった。
パテはそんなに好きじゃないのでいまいち印象に残ってません。
モルドワイン・ゼリーの味も覚えてないなぁ^^;
IMG_3852_convert_20131216001251.jpg
Celeriac remoulade, mushroom & duck liver pâté, mulled wine jelly

ワイルドマッシュルームのクロケッタもまぁまぁ。
IMG_3854_convert_20131216001314.jpg
Wild mushroom croquettes with pine nuts

キッチン内が見渡せるのが面白い。
内装や雰囲気が好み。カジュアルだけどセンスがいい。
席がいっぱいだったので食事後のデザートはバーカウンター近くに移動して食べました。
IMG_3845_convert_20131216002908.jpg

アップルとベリー類のクランブル。イギリス人は大好きだろうな。
もう一品は確か本日のタルト。いちじくだったかな?
クランブルもいちじくも好きではないので、普通においしかったです。
好きな人にはなかなかいいお味だと思われますが。
IMG_3857_convert_20131216001328.jpg
Apple, blackberry & elderberry crumble, fig leaves & olive oil ice cream

お勘定をお願いするとレシートが入った洋ナシの入れ物が登場。
スターターのような軽いメニューを何品かとデザート2品とワイン1本を3人でシェア、ティーを頼んで、一人たしか30ポンド弱。
ワインは一番安いもので20ポンドくらいからなので飲む人は高くつきそう。
IMG_3858_convert_20131216001339.jpg

期待しすぎていた割には味は普通。
他のメニューも試してみないと断言できませんが。
話に夢中で食べ物が冷えてしまったのもよくなかったと思います^^;
店の雰囲気はよかったので、お茶するのにまた行ってみたいな。
IMG_3862_convert_20131216001353.jpg

隣のセントマのビルにはCaravanというおいしいレストラン・バーの支店が入ってました!
今回一緒に食事した敏腕編集者の方に去年この本店に連れて行ってもらいました♪
日本も含む旅先で出会った味をうまく生かしたフュージョン料理がお手ごろに食べれるお洒落でカジュアルなお店でとても良かったです。
支店にも行ってみたいなぁ。

Brasserie Zedel:ビブグルマン選定レストラン

今日は朝から雨が振ったりやんだり。
夫が午後からクライアントの接待で出かけるので、家で写真の整理。

11月に友達と一緒に行った、ロンドンのセンターにあるお手ごろフレンチ・ブラッスリーのZedel。
レストランよりカジュアルなブラッスリーなので、買い物の合間に軽くランチを食べるにはいいかなと行ってみました。
日系スーパーなどがあって在英日本人に馴染み深いピカデリーサーカス駅すぐそばという便利な立地!
ショッピングで有名なリージェントストリートを少し入ったところなので、観光客の方にもわかりやすい。
入ってすぐの1階はcafeみたい。ブラッスリーは地下にあります。


ミシュランのビブグルマンに選定されたレストラン。
ビブグルマンは28ポンド以下(飲み物除く)でお手ごろに美味しいものが食べれるレストランに与えられるそうです。
当たり外れの激しいイギリスのレストランで一つの指標になるかなぁと思って、友達とご飯に行くときに参考にしてます。
IMG_4161_convert_20131215230628.jpg

ラムズレタス、ビーツ、くるみのサラダ。
ドレッシングが普通においしい。
IMG_4156_convert_20131215230523.jpg

メインは鯖にしました。想像通りの味。
トマトとフレンチビーンズにもしっかり味付けされておいしい。
友達の料理も味見させてもらったけど、野菜の漬け合わせなどもちゃんと味付けされていて、悪くないです。
IMG_4157_convert_20131215230538.jpg

インテリアはちょっと金ぴか気味で好みではないです。
が、どセンターでお手ごろ価格の割りに、スペースはそこそこ余裕があるので、ランチやお茶にはちょうどいい空間でした。
IMG_4158_convert_20131215230549.jpg

ガトーオペラとミントティー。普通においしい。
けどシロップに浸したスポンジが嫌いな私には食べきれず。
凡ミスでした^^;
IMG_4160_convert_20131215230616.jpg

友達の頼んだクリームブリュレがなかなかおいしかった。
IMG_4159_convert_20131215230604.jpg

アラカルトの3コースにお茶を頼んで約24ポンド。
センターでこの値段はお手ごろ。
セットメニューだと2コース約9ポンド、3コース約12ポンドとさらに破格。
メニューは定番ものが多く、特に驚きのあるものはないですが、立地の割りにかなりお手ごろ価格なので仕方がないですね。
味付けはちょうど良く、普通においしいです。
ポーションは小さめで小食の日本人にはちょうどいいボリューム。
めちゃくちゃおいしいというわけではないけど、まずいものはなかったです。

買い物や観光の合間に軽く食事を済ませたい場合に使えそうです。

エッセンシャルオイル、アロマストーン、フェイススチーマー

エッセンシャルオイルの質問を受けたので載せてみました^^
エッセンシャルオイルとの出会いは20年チョイ前。
学生時代に母がベルガモットのオイルをくれたのが始まりです。
イギリスはオイルが手ごろで店も多く手に入れやすいです。

最近はニールズヤードのものを使ってます。
お店があちこちにあるので便利だし、青いビンがかわいいので。
オーガニックのものとそうでないものとあります。
今あるのはラベンダー、ゼラニウム、ティーツリー、ローマンカモミール、ユーカリ、グレープフルーツ、ベルガモットなど基本的なもの。
風邪を引きそうな時、体にかゆみがある時、リラックスしたい時などにお風呂にたらしてます。


上の写真の青いアロマストーンはニールズヤードで買ったディフューザー。30ポンド。
水を少しはって、そこにオイルを数滴たらして使います。
電気式ですがタイマーもなく、全部蒸発してもずっとついたままのかなりアナログな製品。
小さくて香りがいまいち拡散しない気がするので大きな部屋には向いてないかな。


お掃除によく使うレモングラスとミント系のオイル。
モップがけや台所のフキンを洗う水に数滴たらして掃除すると、香りがさわやかだし、殺菌、消臭効果が期待できるかな?と思って。
何より掃除が楽しくなるので、台所にいつも常備してます。
夏にはゴミ箱にふりかけて消臭、虫よけに使ってます。
IMG_4076_convert_20131215070847.jpg

ちなみに上の写真の左のレモングラスはパッケージが変わる前のニールズヤードのオイル(古いので掃除だけに使ってます)、右二つはイギリスのAbsolute Aromasのもの。
ペパーミントは風呂上りはすーっと体から熱が引いて爽快、日本では夏に毎日使ってました。
今は暑がりの夫のために活用してます。
ペパーミントを入れたお水で絞ったタオルで体を拭いたり、お風呂に入れてあげると爽快感が良いらしく喜んでくれます。
傷があるとしみるので要注意ですが、お気に入りのオイルです。
昔あった(今も?)クールバスクリンみたいでおすすめ。
ほんの数滴お風呂にたらすだけなので、経済的だと思います。

下は2年前の誕生日にもらったフェイススチーマー。
のど用のノズル付。これで25ポンドほど。
こちらも日本の製品と比べてかなり原始的!
IMG_4074_convert_20131215070942.jpg

お水をノズル下のカップの部分に入れ、オイルを数滴たらしたコットンをノズルの中に置いてカバーを取り付けるだけ。
ローズオットーやネロリなど使いたいところですが高いので、お手ごろなゼラニウム、ラベンダー、カモミールなど使ってます。
IMG_4071_convert_20131215071001.jpg

後はスイッチを入れるだけ。すごーくシンプルな機械!
日本みたいなすごいスチーマーは見かけたことがないです。
IMG_4073_convert_20131215071022.jpg

20年ほど前に買った本がこれ。当時あまり本がなかったです。
10年前イギリスに来るときに荷物をほとんど処分した際にこの本も処分したのですが、数年前にもう一度買いました。
日本の本のほうが写真が多くて見やすいものがあるようなので、日本で新しい本を買いたいと思ってます。
何かおすすめの本があれば教えてください^^
IMG_4077_convert_20131215072112.jpg

日本にいたころは石鹸生活をしてた時期に特に活用してました。
キャリアオイルにまぜてマッサージしたり、お風呂に日替わりで入れてみたり、リンスに入れたり、化粧水作りに使ったり。
今は面倒でお掃除に使うのがメインです^^;
一般の掃除用洗剤のケミカルなニオイは気分が悪くなるので。

日本に帰ったら日本特有のヒノキや柚子のオイルを買いたいです。

★エッセンシャルオイルのサイトの覚書★

ニールズヤード
http://www.nealsyardremedies.com/essential-oils

Absolute Aromas
http://www.absolute-aromas.co.uk/

Holland & Barrett
健康食品やオーガニック商品を扱う店でオイルが他より安い。
セールでさらに安くなるので、昔節約したい時に利用してました。
品質がよくわからないので保障できませんが。
http://www.hollandandbarrett.com/pages/categories.asp?cid=167

☆セラピストの友達に教えてもらったサイト
(お手ごろで先生にすすめられたところらしいです。私は使ったことないので保障はできませんが)
Quinessenc
http://www.quinessence.com/

Base Formula
http://www.baseformula.com/

G. Baldwin & Co
日本語もあるみたい
http://www.baldwins.co.uk/

ちなみにうちの母の今のお勧めは香寺ハーブガーデンの製品。
母の実家に近いので一緒にいったことがありますが、パンもおいしいし、ほっこりできる素敵なところです。
香寺ハーブガーデン
http://www.koudera-herb.com/

専門的な情報じゃなくてすみません^^;
素人なもんで・・・。
皆さんのおすすめの活用法やオイルがあったらぜひ教えてくださいね!

アロマサシェ作り、貧相なクリスマス、ゴボウ

今日は曇り、最高気温10度、最低4度。
朝からボイラーの点検。78ポンドなり。高い。
年に一回点検を受けないと、メーカーの保障が受けれなくなります。
午後にはケーブルテレビ会社のエンジニアがきて、TiVo(ティーボ)を設置してくれました。
日本のお笑いをネットで見るのに忙しく、イギリスのテレビはガーデニングか料理番組くらいしか見ないけど、夫がテレビ大好き人間なので、まぁいいかと。

最近クローゼットの湿気が気になるので、アロマサシェを作りました。


サシェの中身は、日本のお茶パックに入れた重曹の粉。
重曹に好きな香りのアロマオイルをたらし、袋を紐で縛って完成。
重曹はスーパーで一袋1ポンドほどで買えます。
袋は夫の着なくなった下着で作りました^^;
見えないところだからいいかなと。
IMG_3913_convert_20131214060951.jpg

湿気を吸ってくれる新聞を敷いて、サシェも適当に配置。
サシェは乾かして、オイルをふりかければ、また使えます。
IMG_3916_convert_20131214054017.jpg

日本で大量まとめ買いしたムシューダも活躍中。
こちらには臭い防虫剤かシダー・ボールくらいしか見かけません。
カシミアのセーターをやられて以来ムシューダが欠かせません。
インドで買った香りのいい防虫剤は未だに香りが残ってます。
生産地はインドだけど、イギリスの会社の製品でした。
香りはいいが、効果は不明。やはりムシューダが一番。
IMG_3918_convert_20131214054031.jpg

去年、収穫したラベンダーを使って、サシェを作ってみました。
刺繍をしたことがなかったので、適当。
夫が出張の度にホテルのアメニティグッズの裁縫道具をたくさん持って帰ってくるので、その糸を使って^^;
袋は古いベッドシーツ、紐はガーデニング用の麻紐。
刺繍をやってみようと、刺繍糸とわくをジョン・ルイスで買ってきたのですが、いまだに手付かず・・・。
IMG_3942_convert_20131214055326.jpg

今年のクリスマス・リースはやる気なし。<毎年だけど
夫に、今年はクリスマスの飾りつけしないからね、と宣言。
隣から飛んできた(捨てられた?)つるをくるくる巻いて、チェブラーシカとクルテクをつけて終り。
IMG_3924_convert_20131214053923.jpg

クルテクは7年ほど前にチェコのスーパーで買ったもの。
チェブラーシカは日本のガチャポンでゲット。
物持ちがいいというか筋金入りの貧乏性。
来年は素敵なものを作るぞ!多分・・・。
IMG_3922_convert_20131214062911.jpg

去年義理の母が作ったツリーの飾りの中から一つもらった人形。
バスクではサンタクロースではなく、このオレンツェロというおじさんがプレゼントを配りにきます。
オレンツェロは炭焼き小屋で働いていて、クリスマスの時期にいい子にはプレゼント、悪い子には炭をくれるそうです。
クリスマス時期は窓からオレンツェロの特大人形がつるされていることも多いです。
はしごをよじ登っている姿の人形なので、こそ泥のよう^^;
IMG_3909_convert_20131212085441.jpg

ちなみにバルセロナのあるカタルーニャ地方では、カガネーと呼ばれる人がうんちをしてる姿の人形がこの時期出回るそうです。
カガールという言葉がうんちをするという意味だそうで。
丸太棒に顔がついて赤い帽子をかぶったカガティオという人形も。
子供たちはカガティオに布をかぶせて、人形をたたきながら歌うそう。
カガティオが布の下にうんちをして、それがプレゼントになる(親が置くのですが)というのが伝統だそうで。
イマイチ理解不能なのですが、夫に質問しても俺はバスクだからよく知らんと一言。
なのでこの情報はどこまで正しいか不明です。
誰かご存知だったら詳しく教えてください。

友達にもらったロビン人形。
クリスマスっぽくセイヨウヤドリギを加えてます。
去年夫の実家やマーケットでも見かけたので、今年は種を持って帰ってこようかなと。
うちに生えてる木でも寄生するかな。
IMG_3910_convert_20131212085456.jpg

狐のオーナメントを日本の友達が送ってくれました。かわいい♪
IMG_3907_convert_20131212085405.jpg

去年作ったシナモンとオレンジの飾り。まだ使えるとは!
IMG_3908_convert_20131212085425.jpg

霜のダメージが出始めたので、お花をほとんど切ってしまいました。
スカビオサ、アストランティア、コレオプシス、オステオスペルマムなど。
IMG_3941_convert_20131214054624.jpg

残りのゴボウもほとんどほりあげました。
IMG_3882_convert_20131212085138.jpg

ゴボウサラダは夫にも好評。残りは冷凍せねば。
IMG_3905_convert_20131212085331.jpg

ゴボウを掘った後、タイルや古いレコードで畑をカバーしてたけど、翌日には狐に掘られてました。
IMG_3927_convert_20131214054125.jpg

レタスにテントウムシがいっぱい!
IMG_4222_convert_20131212062322.jpg

来週半ばから3週間夫の実家に帰るので、本格的な冬支度を終わらせないといけません。
花が心配で3週間も離れたくないのですが、夫がどうしても帰りたいというので、行き帰りにフランスに立ち寄ることを条件にOKしたのですがやっぱりやめとけばよかった。
3週間も離れると家の中の観葉植物がやばい!
車で行くので、大事な鉢植えは一緒に持って行こうか、バケツと布で給水させてみるか、迷い中です。
あぁー。

鳥の巣発見、冬支度、狐の悪戯

今日は曇り、最高気温9度、最低5度。今年は暖かいのかな?

昨日の庭、昼過ぎまで霧が出てました。


昨日は外に出る気が起きず、写真の整理や家の掃除をしてました。
IMG_4035_convert_20131212062555.jpg

11月に冬支度を始めたころの写真。
IMG_4210_convert_20131212062148.jpg

小屋の棚からネットを取り出したら、ネットの後ろにこんなものが!
IMG_4205_convert_20131212061925.jpg

釘を入れてたプラスチックのかごの中に鳥の巣!
IMG_4206_convert_20131212061950.jpg

その隣にはもう一つの巣が。
また使うかなと思って元に戻しておきました。
小屋のそばで雛の鳴き声がするのに巣が見つからなかったのは、小屋の軒下や木の間じゃなくて、小屋の中に巣を作ってたからだったのか。
IMG_4207_convert_20131212062021.jpg

レモンの木の鉢に梱包材をまいて小屋の中へ。
IMG_4209_convert_20131212062214.jpg

カラマンシーの鉢にも。
IMG_4208_convert_20131212062037.jpg

チョコレートコスモスは掘り出しました。
園芸番組「ガーデナーズワールド」の出演者のモンティさんが、鉢を取り込むか、ほりあげて湿らせたバーミキュライトの中で保存するといいとアドバイスをしていたのでやってみました。
IMG_3897_convert_20131212085524.jpg

チョコレートコスモスの裸苗を買って芽が出なかったことがあります。
乾燥に弱いのかな?来年も咲きますように。
IMG_3911_convert_20131212085641.jpg

こちらはグロリオサの球根です。
左のが咲いた後の球根。右のが新しい球根、2倍に増えました。
真ん中で分けて植えたら2つ芽が出るはずです。
IMG_4196_convert_20131212062251.jpg

カーディフ・フラワーショーで球根3つを5ポンドで購入。
1つは腐って、1つは休眠から覚めず堀りあげ、一つだけ開花。
来年用の球根は3つ。来年は全部咲くといいなぁ。
IMG_4216_convert_20131212062238.jpg

11月に咲いていた菊。
去年スーパーで買った菊を花後に庭に植えておいたものです。
IMG_4082_convert_20131212062432.jpg

去年と比べてすごく丈が長い。
矮性の処理がされていたのか、単に日当たりが悪いのか。
IMG_3840_convert_20131212062404.jpg

満開になるのを楽しみにしてたある日の朝、異変を発見。
ファーストフードの空き箱が・・・。
IMG_4096_convert_20131212090349.jpg

芝の上には菊の花が一つ落ちてました。
IMG_4100_convert_20131212062650.jpg

残り二つの花も折れてる!!
花壇の中の花が倒れていたので、狐が花壇に入ったのかな。
この後、一つも花がつかず終わってしまいました。残念!!
IMG_4109_convert_20131212062738.jpg

荒らされた花壇の上をチェックしたら、木の枝に食べ残しの入ったゴミ袋がぶら~んと。
この花壇は小学校の校庭から大分離れているし、木も2m以上あるので子供が投げたものと思えず。
一体、どうして木の上にいつも食べ残しの袋がぶら下がってるんだろう?
隣の庭の大木にもゴミ袋がぶらさがっていて、リスが袋をいじろうとしてるところを数日前に見たのですが、私が良く見ようと近づいた瞬間、リスが逃げてしまいました。
やっぱりリスなのかなぁ??
IMG_4099_convert_20131212062706.jpg

隣の幼稚園から投げ込まれたボールやナイロンゴミなどをスーパーの袋に入れて、玄関前に置いておいたところ、翌日の朝に庭の芝生の上に移動してました。
中身も出されたうえに、並べてあって不思議。狐かな?
IMG_4091_convert_20131212062508.jpg

なんか謎がいっぱいです。監視カメラでも設置したいなぁ~。

チューリップ、アイリス、水仙植え付け

今日は晴れの予定ですが朝からずっと霧が出てます。
現在3度、最高気温は8度。

週末に半額で買ってきた球根を月曜に植えました。
一袋1ポンド40ペンスくらいでした。

Iris Symphony

チューリップを探しにいったけど、欲しかった品種はなく。
5箇所支店を探したけどだめでした。
IMG_3841_convert_20131211180752.jpg

コリウスを抜いた後の鉢。リスに掘られては直すの繰り返し。
IMG_3846_convert_20131211180840.jpg

掘ってみると去年植えていた原種チューリップの球根が3つ出てきました。
芽が出てます。
IMG_3851_convert_20131211180903.jpg

別の鉢に芽の出てる原種チューリップ3つとシクラメンを植えました。
IMG_3861_convert_20131211181116.jpg

IMG_3864_convert_20131211181158.jpg

シクラメン、小さい花芽がついてました♪
IMG_3862_convert_20131211181141.jpg

石の鉢には新しい原種チューリップのヨハンシュトラウスを。
早咲き(こちらで3-4月)のカウフマニアナ種です。
IMG_3852_convert_20131211180925.jpg
Tulipa kaufmanniana 'Johann Strauss' 10球

去年から植えっぱなしの原種チューリップのサクサティリスは葉っぱが出てます。
今年の春は2,3個しか咲かず、他は葉っぱも出なかったもの。
狂い咲きかと調べたら、サクサティリスは冬の早い時期に葉が出て、そのまま冬を超すとか。あーあせった!
学名のサクサティリスは「岩の間で育つ」という意味だそうです。
IMG_3845_convert_20131211180817.jpg
Tulipa saxatilis

スイセンのサーウィンストンチャーチル。
白い八重の花にオレンジ色のラインが入る房咲きで香りが良いそう。
その横には原種チューリップのジュゼッペ・ヴェルディを。
カウフマニアナ種のハイブリッドで早咲きらしいです。
IMG_3857_convert_20131211180959.jpg
Narcissus 'Sir Winston Churchill' 8球
Tulipa kaufmanniana 'Giuseppe Verdi' 10球

今年は早咲きの球根をたくさん植えました。
冬は長期旅行に出ることが多いので、開花を見逃すかも?
IMG_3858_convert_20131211181020.jpg

リスの好きなチューリップやクロッカスを植えているのでリス避けネットを。
IMG_3878_convert_20131211181700.jpg

チューリップのハッピージェネレーションは鉢へ。
IMG_3860_convert_20131211181059.jpg
Tulipa 'Happy Generation' 8球

早咲きのドワーフアイリスと間違えてダッチアイリスを買ってしまいました。
ダッチアイリスはブルーマジックしかなかったので、まぁいいか。
20球あったので10球ずつ植えてみました。
IMG_3873_convert_20131211181235.jpg
Iris Symphony 20球

房咲きのミニチュア水仙のミノウを。
IMG_3869_convert_20131211181220.jpg
Narcissus 'Minnow' 15球

リスは水仙の球根が嫌いと聞いたのでリス避けネットを使わなかったのですが、すぐ掘られました!
でも食べてはいないようです。球根全部残ってるといいなぁ。
IMG_3877_convert_20131211181645.jpg

月曜に植えられなかった水仙のサンディスクを翌日に植えました。
IMG_3903_convert_20131211182218.jpg

12球入りでしたが、小さい球根がくっついていたので、わけて植えました。
来年は葉っぱだけだろうけど、再来年以降に咲くといいな。
IMG_3898_convert_20131211181720.jpg
Narcissus 'Sun Disc' 12球

リスが痛がって掘らなくなるかなと卵の殻を砕いたものをまいてみましたが、ネットしたから意味なかったなぁ。
IMG_3899_convert_20131211181743.jpg

これで今年の球根の植え付けは終了です。
来年が楽しみだなぁ。

斑入りユッカ、クリスマスツリー、ハンガリーのお菓子

今日は晴れ。最高気温10度、最低4度。
暖かく、庭仕事がしやすい1日でした。

ロビン君も何度も餌のおねだりにきました。
今日は手の上でお食事中の動画を撮ってみました。
あせって餌がなかなか食べれてませんが^^;
[広告] VPS

先日半額で買った斑入りユッカ用に、週末に鉢を買ってきました。
大きい割には5ポンドとなかなかお手ごろな値段でした。
素敵なデザインの鉢はなかなか高いですねぇ。
IMG_3848_convert_20131210081133.jpg

大きい鉢は重くなるので、鉢底石の代わりにワインコルクを。
夫がやっと飲む量を減らしてくれたので、コルクの量も減りました。
2年くらい鉢底石代わりに使ってますが、特に問題は起きてません。
カビもはえず、鉢の植え替え時に簡単に土と分けれて楽です。
IMG_3847_convert_20131210081114.jpg

このユッカは寒さに強いタイプでした。
通常より寒い冬でも大丈夫だとか。
IMG_3849_convert_20131210081154.jpg

来年は花が咲くかな~。
IMG_3850_convert_20131210081210.jpg

週末行ったナーサリー。
イギリス南部のガーデンに行くときに通る道沿いにあって、「鉢が半額」という看板が気になってました。
これ、でかい!どうやって運ぶのだろうか~。
IMG_4008_convert_20131209200353.jpg

鉢は安いけど、変なデザインが多かったです。
シンプソンズのバートとかリサの顔がついた鉢とか・・・。
後ろにはモミの木がいっぱい!
IMG_4009_convert_20131209200419.jpg

ナーサリー中がモミの木だらけ。
IMG_4011_convert_20131209200449.jpg

辺鄙な所にあるのに、かなり多くの人が買いに来てました。
この後ガーデンセンターをまわったけど、どこもモミの木だらけ。
一体こんなにたくさんどこで育てられてるんだろうか。
IMG_4010_convert_20131209200435.jpg

週末に会ったハンガリー人の友達がお菓子をくれました。
ハンガリーではクリスマスに食べられてるそうです。
持って帰る途中に折れちゃいました。
IMG_3875_convert_20131210081034.jpg

シナモンがかなりきいてる、甘いパンって感じでした。
IMG_3876_convert_20131210081048.jpg

国によってクリスマスに食べるお菓子が違うんですね。
ちなみにイギリスはクリスマスプディングとかミンスパイ、スペインはトゥロン(ヌガー)、ポルボロンなどでしょうか。
他の国は何を食べてるのかな?
私は日本のクリスマスケーキが一番いいなぁ。食べたいな~。

レックスベゴニア初開花、アネモネ、スカビオサ、子豚

日に日に冬らしさが増してきました。
木の葉っぱもほとんど落ちてます。
IMG_4001_convert_20131209200307.jpg

庭のアネモネが狂い咲きしたのか、蕾の状態でなかなか開花せず。
カットして室内に入れたら開花したのですが不思議な色です。
IMG_3833_convert_20131209200219.jpg

開いたときは緑っぽいのが徐々に薄い赤色に。
でもいつもの濃い赤にはなりません。
IMG_3834_convert_20131209200201.jpg

去年の10月にRHSのショーで購入したレックスベゴニアのレッドロビン、初めて開花しました。
IMG_3839_convert_20131209195942.jpg

購入時の株はこんな感じ。
植えて半年くらいは水遣りがうまくできず、葉が落ちたり、大きくならず心配してましたが、春以降に元気になりました。
IMG_6081_convert_20131209200754.jpg

花は小さくて地味ですがかわいい。
IMG_3838_convert_20131209200028.jpg

くるんとなったしべがかわいい。
IMG_3996_convert_20131209200249.jpg

写真が悪いのですが、本来の葉の色はもっと濃いきれいな赤色です。
IMG_3840_convert_20131209195928.jpg

つぼみもかわいいなぁ。
IMG_3837_convert_20131209200107.jpg

スカビオサも花が全開。
IMG_3835_convert_20131209200138.jpg

数日前の写真がこちら。これくらいの開き具合が一番好きです。
IMG_4015_convert_20131209200520.jpg

先日のビルバオ出張時に市場で夫が買ってきた子豚。
スペインのセゴビア産のサックリングピッグ(乳飲み子豚)は有名なのですが、まだお乳を飲んでる小さい子豚は値段が高いので、今回は少し大きくなって安くなったものを買ったそう。
去年の年末にサックリングピッグを買って、イギリスに持ち帰り、新年のホームパーティで出しました。
私も含め日本人はあまり箸がすすまず、外国人には好評でした。
赤ちゃんが丸焼けになってるので食欲がわきませんでした^^;
IMG_4014_convert_20131209200505.jpg

ビルバオの旧市街にあるリベラ市場はなかなかきれいな建物で、いろんな食材が揃います。
旧市街を散歩される機会があれば中を覗いてみると面白いと思います。
私達も夫の家族も普段はスーパー利用ですが、パーティの時などはトラムに乗って市場まで出かけます。
ちなみに以前夫の誕生日にサックリングピッグでお祝いしようと一緒にイギリスの有名なお肉屋さんに行ったら、すごい値段で買わずに帰ってきました。
イギリスで良い食材を買おうとするとすごく高いです。
人件費もコストもかかる国だから仕方ないけど。
なのでスペインに行ったらいつもたくさん食材を買い込みます。
夫の買いすぎをとめないといけないのでスーパーではちょっとしたバトルになりますが^^;

パンケーキ・ブランチとベジタリアン・ディナー

今日は晴れ。最高気温9度、最低7度。
友達と会う予定が2件あって、朝から出かけました。

まずはロンドン・ブリッジ駅とバーモンジー駅の間くらいにある、モルトビー・マーケットへ。
高架下のお店、日曜も空いてる店があるみたいです。
このまま人気が上がっていけば、全部営業するようになるのかな?


パンケーキとフレンチトーストが有名なBea’s of Bloomsbury。
前回来た時は混んでて席が取れず、今回はリベンジです。
寒いからなのか、シャッターは閉められたまま。
小さい入り口から入ります。休みかと思ってあせった!
IMG_4019_convert_20131209094800.jpg

メニューはシンプル。
ちなみにお店の感じが気になる方はこちらをご覧ください。
IMG_4022_convert_20131209094839.jpg

スムージーもティーも2ポンド。
IMG_4021_convert_20131209094822.jpg

友達はブリオッシュのフレンチトースト、私はブルーベリーのパンケーキを注文。どちらも各7ポンド。
パンケーキはふわふわで、ブルーベリーの酸味がきいてました。
クリームがおいしいので、さらにおいしくいただけました。
でも横浜赤レンガ倉庫のビルズのパンケーキのほうが好き♪
IMG_4024_convert_20131209094915.jpg

友達の頼んだフレンチトースト、こげてました・・・。
キャラメライズしたリンゴとレーズンがトッピング。
あまり好きな味ではなかったけど、友達はおいしく食べれたみたい。
IMG_4023_convert_20131209094858.jpg

友達と別れた後、チューリップの球根探しの旅へ。
ガーデンセンターを2つ覗いたけど欲しい物が見つからず。
あきらめて、次の友達との待ち合わせ場所へ。
後から合流した夫は慣れない街中で迷子になり、二度とクリスマスに街中にこないと宣言しました!
こんなところで迷子になるなんて信じられないですけど^^;
あちこち寒い中探し回って大変でした。
IMG_4026_convert_20131209094941.jpg

友達は肉が食べれないので人気のベジタリアンレストランtibitsへ。
日本の本やブログでもよく見かけるところ。
オックスフォードサーカス駅とピカデリーサーカス駅のちょうど間にあるので便利だし、かわいい店内で気軽に入れるので、よく行きます。
スイスにも何店舗かあるそう。
IMG_4025_convert_20131209101146.jpg

ビュッフェスタイルなので、自分で好きなものを好きなだけ入れて、レジのはかりで軽量してもらって支払います。
ライトがたくさんある下に食べ物がずらっと並んでます。
レストランというよりはキャンティーンって感じ。
座席などもcafeっぽい。中の様子はこちらで。
レストランのサイトではレシピも紹介されていて、本も出版されてようです。
IMG_4029_convert_20131209095016.jpg

これで8ポンド弱。パンがすごくおいしいです。
野菜がたっぷりとれるので旅行中の方にもおすすめ。
買い物途中に気軽に寄れて、短時間で食事を終え買い物に戻れます。
味はあたりはずれがあるので、私はほぼ全部の種類を少しずつ入れて、はずれだらけにならないようにしてます。
お手ごろで、味も悪くないと思います。
ドリンク込みで10-15ポンド位。
IMG_4028_convert_20131209095000.jpg

この一角はレストランやcafe、バーがあって便利。
リジェントストリートを入ってすぐなので立地は抜群にいいです。
IMG_4031_convert_20131209095033.jpg

年末年始だけはこんな感じで街中に出かけます。
クリスマスが終わったら、また10ヶ月ほど引きこもり生活に戻るのですが^^;

水仙とクロッカス植付、冬支度、スカビオサ

今日は曇り。最高気温8度、最低5度。

先週植えた球根。どちらも半額。

Narcissus 'La Belle' 1.39ポンド
Crocus 'Prins Claus' 1.39ポンド

ラベルには植え付けは12月までOKと書いてました。大丈夫かな。
IMG_3945_convert_20131208101905.jpg

リス避けにネットを。
IMG_3952_convert_20131208101920.jpg

寒さに強くなさそうな鉢植えを梱包材で巻きました。
園芸用の梱包材も売ってますが、郵便物についてくるプチプチをためて使ってます。
IMG_3959_convert_20131208101657.jpg

不注意で折ってしまった枝を使って、だめ元でやってるマグノリアの挿し木。
ミニグリーンハウスの中に入れました。
IMG_3943_convert_20131208101711.jpg

スカビオサの花をカットして室内へ。
IMG_3940_convert_20131208101619.jpg

シクラメンの花が落ちた後のガク。かわいい~。
IMG_3939_convert_20131208101635.jpg

ガクの裏側はこんな感じ。もったいないので花瓶に挿しました。
IMG_3933_convert_20131208101543.jpg

狂い咲きのアネモネ。小さい蕾は花が緑っぽいです。
IMG_3935_convert_20131208101557.jpg

今日も半額の球根を買ったので来週急いで植えてしまう予定です^^

ロビン君の動画、狐の穴掘り、種とラベルの整理

今日は晴れのち曇り。最高8度、最低5度。

終わった花を抜いたり切ったり、庭の掃除を。


つるバラの整理をしたり、フェンスの隙間から生えてる木のチェック。
冬の間に何本か切りたいです。
クリスマスプレゼントに脚立とチェーンソーを頼もうかな。
のこぎりで切ったほうがいいんだろうか。
IMG_3988_convert_20131207030509.jpg

ロビン君が飛んできて隣でぴーちくしゃべり始めました。
羽を膨らませて、ぶるっと武者震い?してるのがかわいい。
[広告] VPS


ずーっとしゃべってます。
バックの声は隣の小学校の子供たち。
[広告] VPS


バックのベルは小学校の先生が鳴らしてるのかな?アナログです。
[広告] VPS


最近はたまに青空が見れるようになりました。
日本の冬の青空のほうが濃い青の気がします。
IMG_3970_convert_20131207030450.jpg

あれ、木の間にファーストフードの箱がひっかかってる!
ここ数ヶ月、ファーストフードのゴミがよく庭に落ちてます。
先日リスがフライドポテトを食べてるところを目撃。
小学生のお弁当がチキンとフライドポテトだとしたら切ないなぁ。
IMG_3949_convert_20131207030854.jpg

食べ物が入ったビニール袋もひっかかってます。
よく見たら近所の木の上にもひっかかってました。
子供なのかリスなのか。いったいなんで?
下に落ちてる袋の中を見たら白い変な虫が・・・。
食べ物が腐ってすごく臭いし、へこむ~。
IMG_3948_convert_20131207030841.jpg

気を取り直して、と横を見ると、また狐に掘られてる~。
最近よく掘られるコニファーとコンポストの間のところ。
これで4回目くらい?
IMG_3946_convert_20131207030917.jpg

今回はかなり深く掘られていたので、ついでに挿し木で増やしたラベンダーを植えることに。
IMG_3951_convert_20131207030936.jpg

3株追加して4株になりました。
イングリッシュラベンダー2株とフレンチラベンダー2株。
根が張れば掘りにくくなるかな。
IMG_3953_convert_20131207031009.jpg

ニラの種を収穫。
IMG_3861_convert_20131207030731.jpg

今年とった種。
IMG_3863_convert_20131207030718.jpg

買った種とあわせて、種蒔する月ごとに分けてみました。
私の持ってる種だと、来年の種蒔は1月中旬から始まります。
ほとんどが種蒔後、まず室内か外のコールドフレーム内で管理。
最後の霜が終わる5月中旬ごろまである程度の大きさに育てます。
直播が一番楽ですが、そうでないものもけっこうあります。
IMG_3864_convert_20131207030704.jpg

種の収納にIKEAのラッピング用の箱を使ってます。
紙製だけど丈夫。1年使ってもきれいなまま。
先日もう一つ追加購入し、野菜用と花用にわけました。
IMG_3866_convert_20131207030651.jpg

ここ数ヶ月ラベルの整理をしてなかったので、今日まとめて。
IMG_3989_convert_20131207031130.jpg

最初はラベルを捨てていたのですが、植物の名前をすぐ忘れてしまうので、今は残すようにしてます。
鉢や庭にもラベルはさしてあるのですが、狐やリスに掘られてどこかに埋まったり飛ばされたりするし、文字が消えてわからなくなるので、念のため。
どこでいつ買ったのか、いつどこに植えたのか、メモしてるとけっこう便利。
失敗した時、何がいけなかったのか作業を見直しできるし。
まぁだいたい適当にやってますが^^;
IMG_3990_convert_20131207030532.jpg

Thompson&Morganが送料無料キャンペーンをやっていたので、来年用のハンギングバスケットを買いました。
前にもらった5ポンドのバウチャーを使ったので、1-2ポンドくらい。
IMG_3859_convert_20131207030759.jpg

寒くなってもいろいろやることありますねぇ。
でも庭に出るのは晴れた日だけがいいなぁ。

ロンドンのクリスマス

昨日は友達とご飯に行く前に、大使館や銀行、郵便局といろいろ用事をこなし、余った時間でロンドンの中心地をうろちょろしてきました。

IMG_3893_convert_20131206001205.jpg

日本大使館の近くの、紅茶で有名なフォートナム・アンド・メイソン。
大使館の方はとても親切で満面の笑顔で対応してくれ、一安心。
IMG_3885_convert_20131206001334.jpg

フォートナム・アンド・メイソンはショーウィンドウが凝ってます。
IMG_3872_convert_20131206001615.jpg

子供の人形がリアルでちょっとこわい!
IMG_3873_convert_20131206001557.jpg

IMG_3878_convert_20131206001443.jpg

キッチングッズがリアルでかわいい♪
IMG_3880_convert_20131206001419.jpg

IMG_3877_convert_20131206001456.jpg

イギリスのサンタは車に乗ってるようです^^
IMG_3882_convert_20131206001405.jpg

IMG_3884_convert_20131206001351.jpg

リージェントストリートのユニクロもクリスマスショッピング中の人でいっぱい。
IMG_3892_convert_20131206001237.jpg

お気に入りのお店の店内をこっそりぱちり。
ずっと品切れだったかわいい陶器製の軽量スプーンが再入荷!
でも16ポンド。高いし、割れるといやだなーと迷って買わず。
ここは観葉植物の使い方がすごーく素敵。ただ手入れはいまいち。
IMG_3896_convert_20131206001046.jpg

服やアクセだけでなく、かわいい食器やエプロン、ガーデニンググッズ、インテリア雑貨もいっぱい。
真ん中にあるのはコンテナ代わりにしたバスタブ!
IMG_3899_convert_20131206001006.jpg

多肉が植えられてました。
ただコンポストが少なすぎて下のビニールが出ちゃってました。
水遣りをしばらくやってないみたいで多肉さんちょっと調子悪そう。
コンポストの追加と水遣りが必要ですねぇ。
IMG_3898_convert_20131206001032.jpg

有名なおもちゃやハムリーズのショーウィンドウ。
IMG_3901_convert_20131206000946.jpg

リバティの建物はいつ見ても素敵~。
IMG_3904_convert_20131206000852.jpg

一番面白かったのは老舗デパートのジョン・ルイス。
この鹿、ダイソンの掃除機でできてます!
IMG_3909_convert_20131206000819.jpg

これは野うさぎかな?お掃除グッズでできてます。
IMG_3907_convert_20131206000834.jpg

うさぎさんの右上を飛ぶのはフクロウ。
掃除道具や台所用品で作られてます。
IMG_3914_convert_20131206000707.jpg

ゲーム機でできた白熊。
IMG_3916_convert_20131206000619.jpg

フクロウ、すごいです。
IMG_3917_convert_20131206000606.jpg

うさぎもジャーンプ。
今年のテーマはWoodland、森林地帯、とのこと。
最近アート系の学校を卒業した方を中心に作成されたそう。
IMG_3919_convert_20131206000540.jpg

こちらはタオルでできた七面鳥。
IMG_3920_convert_20131206000522.jpg

ペンギンの口はレモンを絞る道具。わかります?
IMG_3912_convert_20131206000733.jpg

みんな写真を撮りまくってました。
ジョン・ルイスは独自の保障をつけてくれるし、クラフト系の品揃えもなかなか充実していて、主婦に人気のデパート。
イギリスにはオカダヤとかユザワヤみたいな大規模なクラフト専門店がないのでここが一番便利なのかも?
リバティにも素敵なクラフト材料がありますが、こちらのほうがお手ごろで、ミシンやそのパーツも売っているので便利。
ミシンは日本を出るときに処分したのですが、来年こちらで日本メーカーのミシンを買うつもりです。

ブロ友さんの影響でいろいろ小物作りをやってみようと思ってます。
お勧めのクラフト専門店ご存知でしたら教えてください!

レストラン:ヌラーゲ

昨日はロンドン在住日本人に有名なイタリアンレストランへ。
日本に本帰国したお友達が出張でロンドンに来ていたので大勢が集まりました♪
みんなとーっても面白くて素敵な人たちなので、正直話に夢中で食べ物には気がいかず・・・^^;

ヌラーゲはロンドン北のタフネルパーク駅近くにあります。
ロンドンの有名な美食家ブロガーさんのブログでもおなじみ。
魚介類メニューが豊富でカラスミやウニを使った料理がお手ごろに食べれるので、日本人の間で大人気。
ただし注意点が一つ。日によって味が違うらしい。
多分味付けの濃さが安定してないのかなって気がします。

昨日のオーダーは常連になってるお友達に全てお任せ。


写真ぶれぶれ・・・。
IMG_3924_convert_20131206000447.jpg

ホタテ~。
IMG_3926_convert_20131206000421.jpg

魚介類のパスタがどどーんと。
イカ墨のリゾットはいまいち。この日ははずれ。
IMG_3930_convert_20131206000314.jpg

一番気に入ったのはからすみのスパゲティ。おいしい!
昨日は当たりだったみたい。
IMG_3927_convert_20131206000344.jpg

この日のデザートのスペシャルはティラミスでした。うまい!
常連さんによるといつもと違っておいしいと!
いつもよりちゃんと作ったのか、たまに外から仕入れてるのか?
友達のパンナコッタを味見したらこちらもすごくおいしい!
見た目もかわいかったし、次はパンナコッタ食べよう。
常連さんの話ではデザートの味は年々あがってるそうです。
IMG_3931_convert_20131206000300.jpg

8人でシェアして一人25ポンド程、物価の高いロンドンでは格安。
魚介類と縁遠くなりがちなロンドン在住日本人にはありがたい存在。
私も働いてるときは新鮮な魚を食べる機会が少なかったです。

今は近くに新鮮で安い魚介類を扱う韓国スーパーがあるし、夫がただでもらったり出張先で買ってくるので食卓のシーフード率は高いです。
新鮮なもの買ってきて家で食べたほうがおいしいこともしばしば^^;
でもヌラーゲはお手ごろでおいしいのでおすすめです。
日によって当たり外れはあるのはご愛嬌?

お料理上手の友達からもらった手作りマカロン。
気をつけて持って帰ったつもりがつぶれちゃった・・・。
でも、すごーくおいしくて一気に食べてしまいました!
お店よりおいしい♪
IMG_3962_convert_20131206001652.jpg

この日は最終バスで帰るつもりだったのですが、8時半ごろ夫から連絡があり、家の鍵を忘れて家に入れないと。
今日は日本から大事な友達がきてるから遅くなるって言ったのに!
仕方がないので早めに帰る羽目に。なんでこういう時に限って^^;
もっといっぱい話がしたかったのに~。残念!

毎朝、玄関で持ち物チェックをしてるのですが、今日から鍵も加わりました。
携帯もった?財布持った?鍵もった?って子供じゃないんだからー。
今週頭はポーランド出張だったのですが、出かける時にパスポート持った?って聞いたら持ってませんでした。
危なかった~。

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。