スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア(21)スィーツと屋台

カンボジアではおいしいものをたくさん食べたのですが、中でも特においしかったのがこれ!マンゴーのスイーツ!
2003_convert_20141211050018.jpg

日本人女性が経営する有名なアンコールクッキーの店内にあるカフェで食べれます。
2000_convert_20141211045924.jpg

12月とは言え暑いカンボジア。クーラーのきいたカフェで食べるマンゴースイーツ、最高です!
2001_convert_20141211045941.jpg

一緒に行った人は別のものを食べてました。いろいろ種類がたくさんあるのです。
2002_convert_20141211050000.jpg

あまりにおいしくて別の日にまた行ってみました。
2975_convert_20141211050124.jpg

しつこく同じものを。こんなおいしいマンゴー、イギリスではどこで食べれるのかな。
2977_convert_20141211050141.jpg

かわいいカフェ。あーまた食べたくなってきた。
2976_convert_20141211050157.jpg

夜に宿の人と一緒に歩いてたときに見かけたクレープ屋。
3013_convert_20141211050601.jpg

宿の人に誘われて近所の高級スーパーへ。日本人が運営しているBOSCO BAKERY SCHOOLのくるみパンを発見!日本でくるみパン大好きだったので買ってみました。カンボジアの若者の自立支援のため日本のパン職人の技術を指導しているそうです。
3028_convert_20141211050755.jpg

ケーキも買ってみました。珍しくおなかを壊してぴーぴーだったのでご褒美というか・・・。
3026_convert_20141211050737.jpg

きれいに積み上げられた果物。絵になりますね。
3125_convert_20141211051704.jpg

ジュース屋さん。
3071_convert_20141211051237.jpg

ホテルの前でとまったバイク屋台。見てたらホテルのスタッフが買いにきました。見てたらお先にどうぞと言ってくれましたが遠慮しておきました。
2991_convert_20141211050338.jpg

でもせっかくなので後で一つ買ってみました。おいしかったです。
2995_convert_20141211050352.jpg

お饅頭でも蒸してるのかな。バックのガラスのクメール文字がかっこいい。
3047_convert_20141211050953.jpg

屋台が気になる。
3044_convert_20141211050938.jpg

カンボジア人はみんなスマート。
3066_convert_20141211051136.jpg

麺類の屋台。インスタントラーメンを使ってるところもけっこうみました。
3137_convert_20141211051933.jpg

ちょっとゴージャスな屋台?
3118_convert_20141211051617.jpg

おいしいものを食べた帰りに女の子がゴミ箱から廃品を集めてるところに遭遇。とても小さい子で紙袋をうまく荷台に積むことができず、何度も落としてました。後ろを歩いていたので何度も拾って追いかけて渡すのですがそれでも落とします。最終的には私が積み直したのですが、小さい手を合わせてありがとうってしてくれて、あまりのかわいさに泣きそうになりました。同じくまだ幼い弟らしき男の子は缶を集めてました。いろいろ考えさせられます。
2979_convert_20141211050211.jpg

ヘルシーでおいしいものがいっぱいのカンボジアでした。

今日で今年も終わりですね。今年もブログで大変お世話になりました!また来年もよろしくお願いいたします!みなさん、素敵な新年をお迎えくださいね~。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(20)町歩き

アンコール遺跡の基点となる町シェムリアップ。大通りも面白いですが、裏通りを散歩するのも面白くて、昼間観光の合間にちょろちょろしてました。
518_convert_20141211090503.jpg

コンテナ植えのシュラブがいっぱいの素敵なお宅。宿かな?
519_convert_20141211090333.jpg

ゴミ箱がかわいい。お鍋みたい。
541_convert_20141211090603.jpg

ぶらぶら。のんびりー。
637_convert_20141211185847.jpg

テレビがいっぱい。
645_convert_20141211185912.jpg

なんか懐かしい風景ですね。
649_convert_20141211185945.jpg

バイクタクシーで出かけたときに見かけた建物。
659_convert_20141211190027.jpg

何でもない日常の様子を見るのも面白いです。
664_convert_20141211190116.jpg

近くの料理のおいしい宿でご飯を食べたり。
179_convert_20141212223859.jpg

宿の前では赤ちゃんが行水中。
180_convert_20141212223918.jpg

ほのぼの、のんびりなカンボジアでした。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(19)お土産

買い物は旅の楽しみの一つ、お土産を買うのも楽しいですよね~。カンボジア・シルクを買うためにアルチザンドアンコール(Artisans d'Angkor)に行ってみました。
3082_convert_20141211051354.jpg

カンボジアでは内戦で職人が亡くなったり散り散りになってしまったり、内戦後も混乱した世の中で職人の育成が途絶えたり、高齢化の問題などで一時伝統工芸が衰えてしまっていたそうです。アルチザンドアンコールはフランス系の会社だそうですが、職人さんたちを各地から集め、職人の生活の安定や後継者の育成に力を注いでるそうです。
3081_convert_20141211051540.jpg

やっぱりフランス系のせいか、洗練されたデザインのものが多いです。市場やお土産屋でもシルクは買えますが、カンボジアでの買い物に慣れてなくてぼられるのと質が心配だったし、社会貢献してる会社なのでこちらで買うことにしました。
3087_convert_20141211051436.jpg

伝統が次の世代に受け継がれ、一人でも多くの方の生活が向上し安定しますように~。
3098_convert_20141211051517.jpg

自分と母と友人用にシルクのスカーフを購入。財布は空港店で購入。財布は2年使ってるけど全然痛んでませんよ。丈夫で使い勝手が良くて気に入ってます。インテリア雑貨も欲しかったけど、私には高すぎる&買ってももったいなくて使えないのであきらめました~。イギリスや日本で買うより断然安いんですけどね。
3214_convert_20141211194049.jpg

日本人の方でカンボジアの伝統工芸の発展に力を注いでる方、お店を経営されている方々もいらっしゃるようです。アンコールクッキーで有名なお店も日本人女性の方のお店でした。現地で仕事につけない方たちを積極的に雇用し教育や職業訓練の機会を与え、地元農家から材料を購入したり、地元に寄付やいろんな協力をしてカンボジア経済に貢献されてるそうです。クッキーはいろんな種類があるのですが本当においしいです。試食でほぼ全種類食べました(汗)。おしゃれでいろんな味もあってお土産にも喜ばれます。店内のカフェで激うまマンゴーのデザートが食べれるのですが、私は2回も行ってしまいました。クッキーとマンゴーが恋しい~。
3201_convert_20141211193809.jpg

エプロンとスカーフのセットもクッキーのお店で買いました。この2年ずっと使ってます!10ドルくらいだったかな?丈夫でかわいいので買ってよかったです。毎日これで家事をしてますが、ポケットがいっぱいついていて携帯など入れられて便利。
3202_convert_20141211193826.jpg

地元の伝統や素材を使い地元の人の手で作るお土産を、海外の人の好みに合わせて考え出すことも素晴らしい社会貢献ですね。多くの雇用を生み出すし、お店が続く限りその方たちの生活は安定しますもんね。お土産を買うほうも、自分のお金の一部が地元の人にちゃんと還元されてると思うとうれしいです。一部のお金持ちだけが私腹を肥やすのは嫌ですしね。同じお金を使うなら社会に還元してくれる経営者のところで買いたいです。
3204_convert_20141211193852.jpg

これはナイトマーケットで買いました。
3205_convert_20141211193908.jpg

スパイスやお茶がかわいい入れ物に入ってます。
3206_convert_20141211193927.jpg

これもナイトマーケットで見つけたポーチ類。かわいいなと見ていたらお店の人が貧困に苦しむ子供たちを助けることをメインとした慈善団体の商品だと教えてくれました。子供たちが作っているとか。
3207_convert_20141211193943.jpg

雑誌をリサイクルして作ったものとクメール文字のポーチ。お気に入りで今も使ってます!こちらの団体は東南アジア中心で活動されてる国際的な組織だそうです。
3208_convert_20141211193955.jpg

こちらは東南アジアでよくみかけるリサイクルポーチ。カンボジアのじゃないよね?と聞いたら、タイの廃材を使ってカンボジアで作ってる、と言うので買ってみました。かわいいし♪
3220_convert_20141211194126.jpg

料理好きの夫にソーススプーン。けっこう高かったのに一回も使ってない!多分存在を忘れてるはず。来年くらいクリスマスプレゼントとしてあげても気づかないかも。名刺入れとあわせて空港で購入。
3218_convert_20141211194110.jpg

乗り換えで使ったオランダの空港。ミッフィーちゃんがいっぱい。
001_convert_20141211194204.jpg

再度乗り換えは中国。パンダがいっぱい。
003_convert_20141211194216.jpg

どっちもかわいい~。でもどちらも買わず。
004_convert_20141211194228.jpg

カンボジアは物価が安いのもうれしいです。皆さんも行く機会があればぜひお買い物もお楽しみくださ~い。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(18)バイヨン(アンコール・トム内)

12世紀末に建設されたバイヨン。古代都市アンコール・トムの中央に位置する仏教寺院です。
088_convert_20141211205555.jpg

アンコール・トムは周囲約12km、高さ8mの城壁に囲まれています。
046_convert_20141211204916.jpg

バイヨンも大きな遺跡なので写真におさまりきらないです。
050_convert_20141211204941.jpg

アジアにどっぷりはまったらしいヨーロピアンを発見。アジアを旅してるとたまにこういう方を見かけます。
051_convert_20141211204954.jpg

久々の仏教寺院。仏像などは後から持ち込まれたものもあるそうです。
053_convert_20141211205015.jpg

バイヨンは須弥山を象徴化したものだそう。
057_convert_20141211205053.jpg

062_convert_20141211205117.jpg

神々が住む聖域を具現化したものだそうな。
078_convert_20141211205316.jpg

観音菩薩の四面塔。四面塔は全部で50以上あるそうです。
066_convert_20141211205223.jpg

ハイテンションなツーリストを発見。
074_convert_20141211205247.jpg

ガルーダかな。
086_convert_20141211205527.jpg

美しいレリーフ。
082_convert_20141211205335.jpg

メインの観光地なので人も多い。
084_convert_20141211205400.jpg

回廊のレリーフが素晴らしいそうですがほとんど見ず。失敗。
093_convert_20141211210112.jpg

内部にも結構は入れます。
092_convert_20141211205611.jpg

線香をあげることもできるし、ブレスレットみたいなものをつけてくれたりしますが、その際お金を請求されます。
094_convert_20141211205644.jpg

記念にやりたい人は小額ドルを持ってるといいですね。私は見てただけ~。
103_convert_20141211205804.jpg

107_convert_20141211205745.jpg

100_convert_20141211205723.jpg

118_convert_20141211205914.jpg

114_convert_20141211205840.jpg

117_convert_20141211205901.jpg

この日は3人でツアーを割り勘。
045_convert_20141211204858.jpg

かわいい猿。でもなめるとえらい目にあいます~。
125_convert_20141211210016.jpg

象で移動する人。
119_convert_20141211205938.jpg

アンコール・トム内にはバイヨン以外にもたくさん遺跡があるので一つ一つ見てるとすごい時間がかかると思います。私たちは時間がないし、暑い中歩き続けてちょっと疲れたのでメインだけ見ました。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(17)市場と美容院

旅に出ると見たくなるのが市場。シェムリアップの市場に行ってみました。
593_convert_20141211185220.jpg

食べ物から生活雑貨まで何でもある大きな市場。
589_convert_20141211185150.jpg

お土産にできそうなものもたくさん。
580_convert_20141211184931.jpg

市場内に美容室発見。
566_convert_20141211184756.jpg

髪を切ってもらいました。2ドル。
625_convert_20141211185638.jpg

街中でリサーチしたら高級そうなお店が2ドル、散髪屋って感じのところが1ドルだったので、市場は1ドルでいけるかなと思ったけど。外人だからぼられたかな。
627_convert_20141211185700.jpg

市場内の甘味どころ。若い女子がいっぱい。
583_convert_20141211185011.jpg

ヌードル系。
584_convert_20141211185025.jpg

漬物、惣菜やさん。
586_convert_20141211185057.jpg

これよく食べたなぁ。
588_convert_20141211185112.jpg

ここでお昼を食べることに。本を見てメニューを伝えて作ってもらいました。
594_convert_20141211185243.jpg

苦手なレバーが入ってました。お味はよかったはず。多分1ドルちょい。
597_convert_20141211185257.jpg

市場付近を散策。
576_convert_20141211184857.jpg

564_convert_20141211184711.jpg

茶色いやつは虫だったかも。虫を売ってる屋台をちらほら見ました。
565_convert_20141211184731.jpg

屋台が好きなのでつい試したくなります。
607_convert_20141211185355.jpg

おしゃれなフローズンヨーグルト店もあり。
616_convert_20141211185506.jpg

なぜかその前にはドクターフィッシュ。
618_convert_20141211185522.jpg

遺跡もいいけど町歩きも楽しい。
608_convert_20141211185416.jpg

ココナッツジュース。
610_convert_20141211185444.jpg

カンボジア人は穏やかでフレンドリーだし、治安もよくて楽しく散策できました。すりやぼったくりはあると思いますけど、安全な旅ができました。運にもよるかもしれないですが。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(16)プノン・バケンと夕日

プノン・バケン山のある遺跡、プノン・バケン(そのまんま)。
759_convert_20141211194819.jpg

下から遺跡の全体像が見えないので少し登ることになりますが、山というより丘。
022_convert_20141211195949.jpg

象に乗ることも可能。高いですが。
688_convert_20141211195840.jpg

坂になった参道を登るとピラミッド式寺院が見えてきます。
029_convert_20141211200101.jpg

ナンディー。
025_convert_20141211200020.jpg

9世紀末に建てられたヒンドゥー教の建物。
030_convert_20141211200121.jpg

プノン・バケン山はアンコール三聖山の一つだそうです。
041_convert_20141211200301.jpg

一番高いところにある主祠堂。
036_convert_20141211200328.jpg

レリーフはそれほどたくさんは残ってないし、遺跡自体も小さいです。
033_convert_20141211200152.jpg

でもここからアンコール全体の景色が眺められるので、おすすめ。
035_convert_20141211200232.jpg

作りがインドネシアのジャワ島にあるボロブドゥール遺跡と似てるそう。ボロブドゥール遺跡は世界最大級の仏塔を持つ遺跡で特にサンライズツアーが素晴らしい!そちらもおすすめです~。
042_convert_20141211200422.jpg

プノン・バケンは夕日スポットとして大人気。別の日にバイクタクシーで行ってみましたが途中で渋滞でストップ。
685_convert_20141211195711.jpg

バイタクを降りて歩いて向かったところ、入り口にすでに大勢の人が。
686_convert_20141211195909.jpg

すでに長蛇の列。
705_convert_20141211195759.jpg

どきどきしたけど意外に列の動きは早く遺跡に入れました。
716_convert_20141211195517.jpg

丘を登るゲートは早く閉まるそうなので、それまでに入っておかないといけないそうです。当時は5時半クローズでした。
718_convert_20141211195612.jpg

とにかくすごい人で写真をとる場所を探すのが大変。
734_convert_20141211195406.jpg

静かに写真をとりたい人は他にもたくさん夕日スポットがあるのでそちらのほうがいいかも?
740_convert_20141211195255.jpg

この日の夕日はいまいちかな。
735_convert_20141211195346.jpg

帰りがまたちょっと混みます。
754_convert_20141211195115.jpg

一斉に人が帰るので。
756_convert_20141211195026.jpg

私は一人で行ったので人の隙間をくぐりながら早歩きでいきましたが、団体だと降りるのにも時間をとられるかも。
758_convert_20141211194848.jpg

途中見えた夕日。参道は電気がないし木に囲まれてけっこう暗かったです。
766_convert_20141211194945.jpg

宿の人たちとご飯に行く約束をしてたので走って丘を降りました。帰り道もちょっと混んでたけど、バイタクは小回りが利くのでけっこう楽チン。でも値段交渉しっかりしないとぼられます。宿の使ってるバイタクが一番安心。信用できる宿だったらの話ですけど^^;

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

メリークリスマス!!

メリークリスマス!!
2014122321344092e.jpg

今年もクリスマスは夫の家族とビルバオで過ごしてます。毎年義理の母が作るクリスマスのツリーやベレン、リースが楽しみ!今年はタータンチェックでした。

今年は早めにスペインにきたので日本の友人へのクリスマスカードをスペインから出しました。ガウディの建築物シリーズのカード。まだ誰からも届いたとの連絡はなく。
IMG_0811_convert_20141130043719.jpg

イギリスはたまに郵便物の紛失があるので極力手渡しにしてますが、もしやスペインも?

みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしください!いつも見てくださってありがとうございます!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(15)アプサラダンス、カンボジア料理

カンボジアで見たアプサラダンスのショー。最初に宿泊したホテルのスタッフが宿を通すと安くなるというので、2軒目のホテルで出会った人たちと一緒に行ってみました。
825_convert_20141211042002.jpg

スタッフが私たちが希望した店とは違う店に連れて行こうとしたので、文句言いまくって行きたい店に到着。調子のいい兄ちゃんだったので念のため事前に何度も店の名前と値段を確認していたのに、平気で嘘をついてました。自分の知り合いの店に連れて行くつもりだったようです。むかつきます!
782_convert_20141211041649.jpg

当然席は予約されてないので後ろの方。値段も定価。場所も知ってたので、わざわざ兄ちゃんを待って連れて行ってもらわなくても先に自分たちで行けばよかった。ケチろうとして失敗。今思い出しても腹立つ!
788_convert_20141211041713.jpg

むかつく兄ちゃんのいる最初の宿は日本人専門の旅行会社も経営してるところだったけど、宿のスタッフの営業トークがうざい&ツアーが他より高くて怪しいなと思ってすぐに他の宿に移動しました。ツアーも使わず、さっさと移動して大正解。宿は安くて快適、料理もすごくおいしい所でしたが。
792_convert_20141211041808.jpg

値段はふっかけられたらすぐわかるから何とか対処できるけど、店の名前を指定してるのに別の店に連れて行こうという根性が本当に許せん。しかも文句言ったら、店の名前が違うのは英語名をカンボジア語にしてるからとかしょーもない言い訳をしてさらに怒り倍増。めっちゃ怒っておきました。どうせ懲りてないだろうけど。一緒に行った人たちに割引してもらえると伝えていたので申し訳なくて謝り倒しました。ほんま、あの兄ちゃん、ゆるせーん!
789_convert_20141211041735.jpg

気を取り直してみんなで食べて飲んで楽しみました。カンボジア料理の食べ放題ビュッフェ付きで、踊り子さんたちは超美人ぞろい。
838_convert_20141211042049.jpg

記念撮影を交代で撮ってみました。たまにはこういうのもいいか(笑)。
847_convert_20141211042126.jpg

最初の宿はうざいし面白い人がいなかったので、近所の宿にご飯食べがてら偵察に行ってみたら気のいい旅行者の人がいっぱい。早速宿を変え、みんなで鍋料理を食べに行きました。
1369_convert_20141211045803.jpg

鍋の真ん中が盛り上がっていて、焼肉ができます。お得な組み合わせ。
1368_convert_20141211045742.jpg

具の種類がいっぱい、食べ放題。
1366_convert_20141211045816.jpg

宿にはちゃんと日本語メニューがあって便利。おばあちゃん家で食べたような懐かしい味の野菜炒め。
017_convert_20141211045709.jpg

宿の前のテーブルにはオーナー家族らしきスタッフが子連れで団らん。そこに日本人客の子供さんも加わってにぎやか。
506_convert_20141211041612.jpg

なんかほのぼのして面白い宿でした。
507_convert_20141211041623.jpg

最初のうざい宿は料理がおいしいので何度か食べに行きました。何を食べてもほんとおいしかった!
2007_convert_20141211050051.jpg

ドリンクもおいしかったし。
2006_convert_20141211050032.jpg

遠方ツアーや日の出を見に行く場合、朝食の時間前に出かけるため、近所の屋台で肉まんを買ってました。
1384_convert_20141211045846.jpg

いつもの屋台。英語は通じないけど適当に毎日違うものに挑戦。
1377_convert_20141211045832.jpg

小さいほうには具が入ってなかった!
2009_convert_20141211050109.jpg

そこそこおいしかった気がしますが忘れました。覚えてないってことは激まずではなかったってことかな。
494_convert_20141211045722.jpg

早朝に出る日が多くてまともに朝ごはん食べてなかったかも。8泊シェムリアップにいたのですが、毎日行きたい所があってばたばたでした^^

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

冬に咲くオリエンタルポピー、ウェイゲラ

12月の中ごろ、スペインに行く前にふと気づいたのがこのオリエンタルポピーの蕾。嘘でしょ!ツツジや雪割草がちらっと咲いているのですが、まさかポピーまでとは。びっくり。
IMG_1600_convert_20141211013159.jpg

ナスタチウムもとうとう霜でやれてしまいました。12月10日のこと。
IMG_1595_convert_20141211013026.jpg

こぼれ種で勝手に生えてきたたんですけどね。たくさん種を落としてました。
IMG_0373_convert_20141211015141.jpg

クリサンセマムも二ゲラも終わったので引っこ抜くことに。コンポスト行きです。
IMG_1596_convert_20141211013059.jpg

すっきり。
IMG_1597_convert_20141211013114.jpg

葉が落ちたウェイゲラを植えてみました。ちょっと奥に植えすぎたかな。コンポストで周りを厚めに覆っておきました。
IMG_1598_convert_20141211013133.jpg

コスモスもとうとう霜でだめになってしまいました。
IMG_1601_convert_20141211013215.jpg

庭仕事の合間に友達からもらったF&Mの紅茶とビスケットにチョコレートで休憩。おいしい~。うれしい~♪
IMG_1594_convert_20141211013002.jpg

去年は留守中に水をやりすぎていろんな観葉植物をだめにしたので、今年は葉を減らし、温度を下げ、水をあげずに様子を見ることにしました。
IMG_1605_convert_20141211013241.jpg

トラデスカンチア。短く剪定。
IMG_1606_convert_20141211013258.jpg

ペラルゴニウムも。
IMG_1607_convert_20141211013316.jpg

ちょっきーん。
IMG_1608_convert_20141211013327.jpg

ユーフォルビアも。
IMG_1609_convert_20141211013345.jpg

葉を残そうとしたらあまり切れず。
IMG_1610_convert_20141211013409.jpg

さてどうなることやら。1週間くらい水遣りをしなくても大丈夫だったのですが、今回はちょっと長期なので枯れるものも出てきそうです。それは仕方がないこととしてあきらめるしかないかな。

今年は夫が忙しくホリデーをほとんどとれず、年末にまとめてとることになってしまいました(涙)。何度も仕事を辞めると怒っていた夫ですが無事に来年を迎えることはできるかな?観葉植物が心配なので来年から里帰りは短めにおさめたいものですが、一応植物より夫優先なのでどうなるかは来年末まで不明です。先行き不安だ~^^;

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

カンボジア(14)タ・プローム2

スポアン(ガジュマル)の樹に侵食された遺跡が見れるカンボジアのタ・プロームの続きです。入り口以外は根に覆い隠されてしまってます。
263_convert_20141210234253.jpg

すごい迫力。
265_convert_20141210234344.jpg

アンコールワットからも近いので観光客が多め。
270_convert_20141210234421.jpg

すごい根っこ。崩れそうな建物を補強してますね。
252_convert_20141210234113.jpg

写真におさまりません。
256_convert_20141210234140.jpg

根が建物の反対側から出てきてます。
261_convert_20141210234222.jpg

272_convert_20141210234448.jpg

内部。
278_convert_20141210234644.jpg

崩れ落ちているところも。
279_convert_20141210234722.jpg

いつまでこの姿を保つことができるんでしょうね。
275_convert_20141210234557.jpg

そのうち崩れてしまうのかな。
302_convert_20141210234933.jpg

スポアンの根の上に別の植物が根を張っているそうです。
283_convert_20141210234819.jpg

どこまでものびる根。
308_convert_20141210235018.jpg

建物の内部に根を伸ばしていました。
318_convert_20141210235313.jpg

323_convert_20141210235412.jpg

比較的新しい木が育ってます。
309_convert_20141210235114.jpg

なかなか見れないすごい光景をたくさん見れました。
327_convert_20141210235450.jpg

ここはアンコール遺跡に行く人は必ず行くところだと思います。
328_convert_20141210235528.jpg

まだメインの観光ポイントの写真が残っているのでぼちぼちアップします~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(13)タ・プローム

またカンボジアかい!って感じですが、今回はタ・プロームの写真を。巨木につぶされそうになっている遺跡は観光客に大人気。
314_convert_20141210235227.jpg

塔門の上には巨大な顔。
198_convert_20141210232937.jpg

門をくぐると
200_convert_20141210232953.jpg

参道。
202_convert_20141210233023.jpg

仏教僧院として12世紀に創建されたが後にヒンドゥー教に改修されたそう。
203_convert_20141210233109.jpg

大きさは東西に約1km、南北に0.7kmの規模。
206_convert_20141210233140.jpg

塔に木の根がくい込んでいます。
213_convert_20141210233225.jpg

樹の大きさや迫力はベンメリアよりすごいです。
214_convert_20141210233254.jpg

遺跡よりも木に引き寄せられてしまいます。
219_convert_20141210233410.jpg

恐竜の足みたい。
222_convert_20141210233451.jpg

木製の台の上で木と記念撮影。
216_convert_20141210233341.jpg

自然の力を見せるためにわざと放置されているそうです。
230_convert_20141210233642.jpg

226_convert_20141210233547.jpg

徐々に崩壊していくのかな。
242_convert_20141210233820.jpg

木の上に別の木が生えてるように見えますがどうでしょう。
238_convert_20141210233729.jpg

素晴らしいレリーフもあります。
243_convert_20141210233849.jpg

大きく育っている木は樹齢3~400年だそうです。
246_convert_20141210233921.jpg

仏教関連のレリーフはヒンドゥー教徒によって削られてしまったところがあるそうです。
247_convert_20141210233954.jpg

249_convert_20141210234034.jpg

まだ続きます!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

サンデーロースト、ホテルでお茶、閉めはうどんの倫敦女子会

今月頭に久々女子会をしました!最初はパブでランチ。
IMG_1571_convert_20141210202532.jpg

サンデーロースト。私はパートリッジ(ヤマウズラ)。どーん!
IMG_1572_convert_20141210202618.jpg

みんなはラム、ポークベリー、ビーフ。メニューにはターキー、ウサギなどもありました。飲み物は大好きなギネス。
IMG_1574_convert_20141210202557.jpg

ビクトリアン・パブで店に入ると両側にドアがあります。
IMG_1575_convert_20141210202512.jpg

かつて階級社会だった時代は労働者階級と中流階級の飲む場所が区切られていたそうな。
IMG_1576_convert_20141210202635.jpg

女性と男性で飲む場所が分けられていたパブもあったそうです。
IMG_1578_convert_20141210202654.jpg

2時間ほどパブで過ごして、次はホテルへ移動。
IMG_1582_convert_20141210202943.jpg

とっても広々していて本屋さんのようなアートショップのような素敵なところでした。
IMG_1581_convert_20141210202815.jpg

伝統的なパブの後にコンテンポラリーなホテル。面白かったです。
IMG_1585_convert_20141210203013.jpg

ライトミールもあるし、ホットドリンクからアルコール類まで何でもそろっていて、つい長居してしまいました。
IMG_1586_convert_20141210203026.jpg

勉強してる人もいましたよ。図書館みたいですね。
IMG_1588_convert_20141210203039.jpg

建物の真ん中にオープンスペースもあって、巨大な植木鉢が。
IMG_1589_convert_20141210203101.jpg

かつての同僚が集まって、気づいたら5時間しゃべりっぱなし。
IMG_1590_convert_20141210203121.jpg

本や雑誌もたくさんありました。
IMG_1592_convert_20141210203136.jpg

晩御飯は軽くKOYAで讃岐うどんを。きのことくるみ味噌のうどんは12ポンド弱。昼のお得ローストと変わらない値段。みんなおいしいとお味噌を全部スープに入れて食べてましたが、私はご飯に甘いものがだめなので甘めの味噌はいれずに食べました。だしがおいしくて十分満足。
IMG_1593_convert_20141210203148.jpg

ロンドンで讃岐うどんが食べれる店ってありがたいです。KOYAは店員さんも親切で感じがいいし。ポンドが190円くらいまであがってるそうなので、それを考えると高いなって思うのですが、輸送料や関税とか考えると日本のものが2倍以上するのは仕方がないのかなと。自分で運ぶのもお金かかるし、送っても送料や関税ですごくかかるので。こっちは物価も給料も高いですしね。日本のものはロンドンでは高級品かな^^;

ちなみにイギリスの最低自給は6.50ポンドだそうです。日本円なら1200円くらいってとこでしょうか。日本のものは里帰りまで極力我慢しよーっと。

結局10時間ほどしゃべりっぱなし。1年ぶりで会ったのに全然変わらないみんなを見て、自分もがんばらねばーと思いました!

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

カンボジア(12)バンテアイ・スレイ2

群を抜いて美しい彫刻が残っているカンボジアの遺跡の一つ、バンテアイ・スレイの写真の続きです。
902_convert_20141210073212.jpg

破風が三重になっている経蔵。
903_convert_20141210073240.jpg

経蔵の後ろにあるのが北塔でその横が中央祠堂。見えないけどその横には南塔。
904_convert_20141210073309.jpg

女の砦という意味をもつ寺院だそうです。
907_convert_20141210073331.jpg

左から北塔、中央祠堂、南塔。内側のレリーフが素晴らしいそうですが立ち入り禁止でした。昔盗難事件があったそうです。
908_convert_20141210073437.jpg

菩提寺として967年に創建されたそうです。
911_convert_20141210073516.jpg

周囲は約400mで規模は小さめですが彫刻が素晴らしいので見ごたえは十分。
913_convert_20141210073554.jpg

中央祠堂の中にあるデバター(女神)のレリーフは東洋のモナリザと呼ばれる素晴らしいものだそう。見れなかったですが。
917_convert_20141210073623.jpg

他の寺院にはないここでしか使われていないモチーフもあるそうです。
919_convert_20141210073710.jpg

猿の喧嘩、ではなく、猿王の兄弟の争いの図だそうな。その下はカーラに乗るヴィシュヌのレリーフかな。
928_convert_20141210073829.jpg

塔を守る河童のような銅像。どっかで見たことあるなぁと思ったら、ママとあそぼう!ピンポンパンのカータンでした。懐かしい!ひらけ!ポンキッキのほうが強く印象に残ってるんですが、そういえばピンポンパンも見てたな。わかりにくいですが、入り口両脇のデバター(女神)が素晴らしいです。
931_convert_20141210073857.jpg

踊るシバ神。
932_convert_20141210073925.jpg

カイラー山を揺らす魔王ラーヴァナのモーチーフなのですが小さすぎて見えないですね。
933_convert_20141210073943.jpg

遺跡の上に根を生やした草。強いなぁ。
934_convert_20141210074019.jpg

聖水を浴びるラクシュミー。
936_convert_20141210074047.jpg

少しセンターから距離がありますが、この遺跡は観光客に大人気だそうです。
937_convert_20141210074117.jpg

魔人を引き裂くナラシンハ(半人半獅子)。
938_convert_20141210074147.jpg

ナンディに乗るシヴァ神と妻。
941_convert_20141210074206.jpg

朝一番に行って観光客がまだ来ていなかったのと、小規模なので1時間ほどで見学できました。
944_convert_20141210074228.jpg

レリーフをじっくり見るには朝一番に行かれることをおすすめします!規模は小さいですがレリーフの美しさはアンコールの遺跡の中でもトップクラスだと思われます。

私のカメラはズームが壊れていてピントもうまく合わずイマイチな写真ですが、実物は精巧ではっきり絵柄が見えます。ご心配なく~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(11)バンテアイ・スレイ1

カンボジアの遺跡の中でもひときわ美しかったのがバンテアイ・スレイ。
897_convert_20141210072906.jpg

この日はバンテアイ・スレイ>クバール・スピアン>ベンメリアとまわる予定だったので早朝朝暗いうちに集合。前日に時間厳守と散々言われたのに、運転手が30分遅れてきました。こらっ、おっさん!
851_convert_20141210073413.jpg

1時間弱で到着。
859_convert_20141210074413.jpg

はすの花。
861_convert_20141210071209.jpg

862_convert_20141210071232.jpg

多分東門。ここは午前中に来るといいそうです。
866_convert_20141210071300.jpg

赤い砂岩が太陽に照らされていい色になるからだそうな。
868_convert_20141210071316.jpg

赤っぽい色の石の参道。両端の石の柱はリンガを模しているそうです。
869_convert_20141210071357.jpg

第一周壁の門だと思います、多分。
874_convert_20141210071648.jpg

876_convert_20141210072156.jpg

太陽の光を受けていい色になってます。
879_convert_20141210072224.jpg

環濠の間を歩き第二周壁の門へ向かいます。
883_convert_20141210072259.jpg

第二周壁の門。紙幣の柄に使われてるそうです。
887_convert_20141210072342.jpg

とても美しい塔門。破風の先端が渦を巻いているのですが、これはバンテアイ・スレイの特徴だそうです。
888_convert_20141210072411.jpg

門が2つ重なってるんですね。
890_convert_20141210072734.jpg

手前2つは多分経蔵。立ち入り禁止のロープがあります。
893_convert_20141210072804.jpg

父入り禁止エリアの中には職員がいます。
898_convert_20141210072952.jpg

こっそり呼ばれて何かと思ったら「ドルくれたら中に入れてやる」と言われました!
899_convert_20141210073040.jpg

一瞬心が揺らいだけど、「そんなことしたらだめでしょ!」と言っておきました。
900_convert_20141210073128.jpg

一緒に言った人たちも声をかけられたそうですが、みんな断ったそうな。もちろん中も見たいけど、遺産保護のために立ち入り禁止になってるんだろうし、職員がちゃんと守らないとだめでしょー。職員さんも経済的に大変なのかもしれないけど、遺産の価値が下がったら自分たちが困ることになるんだよー。

まだ早朝でオープン間もなく人がいなかったからかもしれないですが、昼間の人が多い時にそれをやってたら困りますねぇ。ちゃんと見学通路を作って人を入れるならいいけど。

次は中央祠堂や建物の写真をアップします~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア(10)クバール・スピアン

川の中にある遺跡、クバール・スピアン。シェムリアップから車で1時間半くらいのところにあります。
975_convert_20141210060337.jpg

駐車場から岩のある山道を40分ほど登りました。(2012年時点)
948_convert_20141210060425.jpg

ホースのような木の根っこ。
949_convert_20141210060440.jpg

岩をよじ登ったり、岩の隙間をくぐったり、こちらは冒険&トレッキング気分に浸れます。
959_convert_20141210060521.jpg

岩に絡みつく木。
962_convert_20141210060541.jpg

侵食されて面白い形になった岩。
966_convert_20141210060608.jpg

大きな岩がたくさん。
968_convert_20141210060625.jpg

ツアー参加者の一人はビーチサンダルだったのですが、岩で滑ってサンダルが壊れてました。
969_convert_20141210060645.jpg

スニーカーかサンダルなら足先、足首をしっかり固定するタイプのものが無難かと。
971_convert_20141210060713.jpg

やっと到着。川の底や川岸にレリーフが。
973_convert_20141210060808.jpg

川の中にある遺跡は珍しいですよね。多分。
982_convert_20141210060841.jpg

クバールは頭、スピアンは橋という意味で、ここはシェムリアップ川の源流だそうです。
987_convert_20141210060922.jpg

クーレン山の上にあって、山と海を結ぶ川として大事にされていたようです。
991_convert_20141210060954.jpg

ヒンドゥー教の神たちが彫られた岩があちこちにあります。
1020_convert_20141210061059.jpg

ヨニとリンガ。もともとのこの場所の名前の意味には千本リンガの橋という意味があったそうです。確かにリンガが無数にあります。
1035_convert_20141210061145.jpg

毒入りの水を飲もうとしたバラモン僧を助けたカエルの石像。伝説があるそうです。
1050_convert_20141210061245.jpg

リンガを流れた水は聖なる水として考えられ、病気を治したり幸せになるためにここで沐浴してたようです。
1057_convert_20141210061318.jpg

神聖な川として大事にされていたんでしょうね。
1063_convert_20141210061345.jpg

シバ神が妻とナンディーに乗って結婚式に向かっている絵が彫られてます。
1064_convert_20141210061413.jpg

木の根を椅子代わりに座ってる職員っぽい方。遺跡の盗難があったりするそうです。残念なことですね。
1070_convert_20141210061438.jpg

ちなみにこちらの遺跡から少し東に行ったところにあるプノン・クーレンという遺跡でも川の中の遺跡が見れるそうな。そちらのほうが岩をよじ登ったりせずに行けて楽だけど遺跡の見ごたえはクバール・スピアンが上だそうです。確かめたわけではないので断言できませんが。

ということで川の中にあるちょっと変わったカンボジアの遺跡でした~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クリスマスローズとクリスマスカード

先週ヘレボルス(クリスマスローズ、レンテンローズ)の鉢を日当たりのいいところに移動させました。
IMG_1255_convert_20141205235021.jpg

小さい株ですがたくさんつぼみがついてて楽しみ。去年もけっこう咲きました。
IMG_1257_convert_20141205235040.jpg
Helleborus lividus

去年10月にプラグ苗で買ったヘレボルス。パープルの蕾がついてます。
IMG_1261_convert_20141205235113.jpg
Helleborus × hybridus 'Double Ellen Purple'

去年はこんな感じでした。
IMG_3384_convert_20131019024914.jpg

プラグ苗5本で送料込みで12ポンド。割引価格でお得でした。
IMG_1259_convert_20141205235053.jpg
Helleborus Double Ellen White Spotted

去年はこんな小さかったんですねぇ。
IMG_3385_convert_20131019024926.jpg

こちらはピコティー。花は咲くかなぁ。
IMG_1265_convert_20141205235149.jpg
Helleborus Double Ellen Picotee

去年はこんな感じでした。
IMG_3389_convert_20131019025006.jpg

こちらは赤っぽい花が咲くはず。
IMG_1263_convert_20141205235128.jpg
Helleborus Double Ellen Red

去年の写真。
IMG_3386_convert_20131019024939.jpg

こちらはピンクの花が咲くはず。
IMG_1267_convert_20141205235208.jpg
Helleborus Double Ellen Pink

去年の写真。
IMG_3387_convert_20131019024952.jpg

こちらは2年前に購入したもの。クリスマスローズ。開花が楽しみだけど、クリスマス休暇の留守中に咲いたら嫌だなぁ。
IMG_1269_convert_20141205235229.jpg
Helleborus niger

スペインの義理の母から手作りのクリスマスカードが届いたので、あわててカードを作りました。バッキンガム宮殿の切手で送りました。年代ごとのバッキンガム宮殿が描かれていて面白いです(右下が一番古いもので多分1700年くらい、左上が今現在)。海外の人には喜ばれると思います^^
IMG_1247_convert_20141206000058.jpg

包装紙と折り紙を使って日本の年賀状っぽくしてみました。字が汚くても相手は外国人なのでばれません。手作りカードを作ったのは初めてです。いつも面倒なので買ってます^^;
IMG_1245_convert_20141206041833.jpgIMG_1244_convert_20141206041702.jpg

義理の母はみんなからもらうクリスマスカードを飾るのを楽しみにしています。来年はもっと早めにすごいのを作ってみようかな。こちらのクラフトショップには手作りカードの材料もたくさんあるし、カード作り専門の月刊誌もあるんですよ。カード文化ですね!

★ただ今スペインに里帰り中です。しばらくコメントのお返事が遅れますがご了承ください!★

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

カンボジア⑨ベンメリア3

ベンメリアの写真、これで最後です。遺跡の周囲は環濠で囲まれています。堀の幅は45m、周囲4.2km。
1283_convert_20141209010411.jpg

魚でもとってるのかな。
1289_convert_20141209010434.jpg

建物に伸びるガジュマルの木の根っこがすごいです。
1269_convert_20141209010235.jpg

いずれ建物は木に崩されていくことでしょう。
1246_convert_20141209010001.jpg

似たような景色が見れる遺跡にタ・プロームというところがあります。
1245_convert_20141209005940.jpg

タ・プロームは観光しやすい場所(アンコールワットの近く)にあるので、多くの方が見学に行きます。
1251_convert_20141209010033.jpg

タ・プロームのガジュマルのほうが迫力ある写真が撮れるかも。
1258_convert_20141209010059.jpg

タ・プロームは観光客がさらに多いですが、マスト!だと思います。
1267_convert_20141209010214.jpg

でも探検気分はベンメリアのほうが上ですが。
1244_convert_20141209005913.jpg

長期滞在で時間がある方で廃墟好きの方にはベンメリアもおすすめ。
1264_convert_20141209010133.jpg

カンボジアの遺跡はどこも似てるようで楽しめるポイントが違うので、違った楽しみ方ができてよかったです。
1266_convert_20141209010158.jpg

全部おすすめってことになってしまいますが。
1270_convert_20141209010326.jpg

ベンメリアはシェムリアップから片道1時間半くらいの距離でしたが、道中見かける人々の生活の様子がすごく興味深かったです。
1094_convert_20141209003228.jpg

お利口な番犬とハンモックで休む人。
1100_convert_20141209003412.jpg

市場。
1328_convert_20141209010704.jpg

1330_convert_20141209010742.jpg

1345_convert_20141209010848.jpg

1333_convert_20141209010814.jpg

1319_convert_20141209010619.jpg

まだまだ違った面白い遺跡があったので年末にかけてぼちぼちご紹介させてください。庭の写真もないので^^;

★ただ今スペインに里帰り中です。しばらくコメントのお返事が遅れますがご了承ください!★

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア⑧ベンメリア2

自然の力のすごさを感じるベンメリア遺跡。
1211_convert_20141209005347.jpg

カンボジアで見た遺跡の中で1番面白かったです。
1164_convert_20141209004607.jpg

崩れた遺跡の上に根が張り巡らされています。
1176_convert_20141209004751.jpg

瓦礫の山。
1169_convert_20141209004637.jpg

ベンメリアはアンコールワットから直線距離で4~50km東にあります。
1170_convert_20141209004652.jpg

ベンメリアの約50km東には11世紀中ごろに建築された大プリア・カンと呼ばれる遺跡があるそうです。
1175_convert_20141209004724.jpg

一直線上にアンコールワット、ベンメリア、大プリア・カンが並んでいるそう。
1181_convert_20141209004851.jpg

それらの遺跡の方が実はアンコールワットより大きかったという話もあるみたいです。
1178_convert_20141209004818.jpg

ここは内戦後もずっと放置されていたため荒れ放題ですが、それはそれで面白いかなと。
1186_convert_20141209005017.jpg

部分的に通路が作られていて、そこそこ快適に見学できました。
1193_convert_20141209005102.jpg

地元の子供が頼まなくても勝手にあちこち案内してくれますが、最後にお金を要求されることもあるみたいです。
1185_convert_20141209004944.jpg

案内といってもそこまで案内するところもないので、そんなにあげる必要はないかなと私は思います。
1219_convert_20141209005441.jpg

子供がたくさんついてきて写真が撮りにくかったので、ついて来ないでと最初はやんわり断ったのですが、それでもついてくる子達がいたので、一人にしてくれる(怒)?ってきつめに言ったら、すんなり散っていきました。ちょっと罪悪感。
1215_convert_20141209005415.jpg

中国人のおばさんたちは子供に飴やお菓子をあげてガイドしてもらってました。
1201_convert_20141209005231.jpg

そのお菓子の包装紙が遺跡のあちこちに大量に落ちてるのが残念でした。
1203_convert_20141209005303.jpg

第一回廊のあたりで見かけた乳海攪拌(ヒンドゥー教における天地創造神話)。
1199_convert_20141209005210.jpg

見所のレリーフなどが見つからない場合や時間がない方は子供に案内してもらうのもありかもしれません。
1225_convert_20141209005540.jpg

値段(お菓子?)交渉は最初にしておいたほうがいいかもしれません。
1229_convert_20141209005607.jpg

今も子供たちがいるのかは不明ですが。
1230_convert_20141209005638.jpg

第二、第三回廊と、三重の回廊に囲まれてます。
1232_convert_20141209005734.jpg

中央祠堂は崩壊してますが、あちこち歩き回ると探検気分が味わえて面白いです。
1238_convert_20141209005808.jpg

こんな行き止まりもあったりして。
1240_convert_20141209005833.jpg

廃墟好きの私にはたまりませんでした。次は遺跡と環濠や道中の写真をアップしますね。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア⑦ベンメリア1

天空の城ラピュタのモデルと噂されるカンボジアの遺跡ベンメリア。シェムリアップから車で1.5時間ほど(2012年時点)。森の中に眠る巨大寺院。廃墟好き、探検好きにおすすめの遺跡です。


2つの遺跡、バンテアイ・スレイとクバール・スピアンに寄ってから行きました。今回も個人旅行者の方達と楽しく相乗り。宿のオーナーの弟さんの運転で向かいました。
1087_convert_20141209003209.jpg

遺跡に行く前にレストランで休憩。こういうところって客を連れて行った運転手さんがキックバックもらってたりするから値段が高めなことが多いですよね。潤ってる分お店もきれいで英語も通じるし、観光客頼みの辺鄙な場所にあるので仕方がないかなって思いますが。お金のない学生時代は困りましたけど^^;
1107_convert_20141209003502.jpg

クメール・カレー。カンボジア料理は辛すぎず、スパイスや香草を使ってないので食べやすい。体に良さそうな優しい味の料理が多くて気に入りました!
1106_convert_20141209003443.jpg

ベンメリア到着。蛇神ナーガがお出迎え。
1115_convert_20141209003634.jpg

道端ではなにやら販売中。
1110_convert_20141209003549.jpg

巨大な鞘に入った豆っぽいもの。なんだろう?気になる~。
1112_convert_20141209003608.jpg

ベンメリアで働いていた女性の一人が、お笑い芸人ニッチェの江上さんに激似(コントでまゆげを太くして頬を赤く塗ってる時の顔)で大笑い。あまりに似すぎていてテレビ番組に連絡したいくらいでした~。今もいるかなぁ。すっごく気になります。
1120_convert_20141209003746.jpg

2012年の時点では修復作業はされていないようで、崩れたままで保存されています。そこがまた良かったです。
1118_convert_20141209003659.jpg

石切り場に近く、良質な砂岩が使われたそうです。
1123_convert_20141209003833.jpg

昔の姿を見てみたい気もします。
1130_convert_20141209003900.jpg

今の姿も自然と一体化していて素敵ですけど、復元されたらそれも面白そうですね。
1131_convert_20141209004026.jpg

ベンメリアは花束の池(蓮池?)という意味だそうな。
1135_convert_20141209004039_1.jpg

こうやってみると、今にも石が落ちてきそうですね。
1138_convert_20141209004109_1.jpg

アンコールワットの建造前に造られたとされています。
1157_convert_20141209004327.jpg

11世紀末~12世紀初頭のことだそう。
1150_convert_20141209004227.jpg

崩壊した遺跡の上に木が生えています。
1140_convert_20141209004135.jpg

鳥の落し物から発芽したのかなぁ。
1160_convert_20141209004424.jpg

アンコールワットと類似点が多いそうです。
1158_convert_20141209004358.jpg

崩壊した瓦礫の間を歩いたり登ったりしてると急に面白い景色が広がったりして、探検気分が味わえます。
1144_convert_20141209004155.jpg

木製の通路が設置されている場所はそこを歩いたほうが見やすくて安全だと思います。
1161_convert_20141209004448.jpg

地元の子供達はあちこち登ったり飛び回ってますけどね。慣れてない私達は気をつけないと怪我するかも。
1163_convert_20141209004513.jpg

毒蛇もいるそうです。見なかったけど。次はもっと内部の写真をアップします~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

薩摩芋と液肥

スーパーで買った鳴門金時。苗の作り方を知らず、一か八かで水耕栽培でつるが出てるか今年の夏に試してみました。
IMG_8640_convert_20140808004137.jpg

つるがなかなか伸びないので、つるは短いし時期も遅いけどダメもとで植えてみることに。本来はちゃんと苗を作るか購入するそうですが、こちらで鳴門金時の苗は売ってないみたいなので。
IMG_8641_convert_20140723012530.jpg

7月頭に1ポンドショップで買ったポテト用のバッグに植えてみました。
IMG_8642_convert_20140723012621.jpg

しばらくして、残ったツルも芋ごとダメもとで植えてみました。
捨てるのもったいないし。ダメでもいいや。
IMG_1113_convert_20140723014022.jpg

ずっと放置。わさわさに茂っていました。
IMG_3498_convert_20140808004252.jpg

きっと成長するまでに時間がかかるだろうと思って12月頭まで放置。忘れてたら霜でやられちゃいました。本当は霜の前に収穫を済ませないといけないみたいなんですが。
IMG_1612_convert_20141211013444.jpg

根っこのような細い芋しかできず。茎だけ植えたもののほうにたくさん芋ができました。芋のまま植えたのはやっぱりほとんどできずだめでした。来年日本のサツマイモが手に入ったら再挑戦してみよう。次は早めに!
IMG_1614_convert_20141211013504.jpg

ブロッコリーが全然大きくなりません。スープにすることに。
IMG_1611_convert_20141211013430.jpg

夏に作った液肥。長期保存しても大丈夫なのかな?
IMG_3454_convert_20140807034359.jpg

材料はコーンフリーと
IMG_3455_convert_20140807034343.jpg

ネトル。それとボリジも入れてみました。
IMG_3456_convert_20140807034323.jpg

美容院に行った帰りに日本人パティシエの方のお店Lankaでケーキを買ってきました。ラズベリーのチョコタルトと抹茶のガトーショコラ。おいしい♪
IMG_1604_convert_20141211012943.jpg

もうすぐスペインに里帰りするので、しっかり和食と日本のデザートを堪能しておきました^^

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

カンボジア⑥プリア・ヴィヘア3

カンボジアの山岳寺院プリア・ヴィヘアの写真。これで最後。
山の上から絶景が見渡せます。一緒に行った人達と交代で写真撮影。
1721_convert_20141203071502.jpg

遺跡も面白いけど、山の上からの絶景が素晴らしいです。
1681_convert_20141203071112.jpg

この絶景見たさにここに来る人が多いかもしれません。
1705_convert_20141203071410.jpg

宿からドライバーと車をチャーターしました。
1691_convert_20141203071246.jpg

近所の宿の宿泊している日本人の人に声をかけて4人で行きました。
1693_convert_20141203071317.jpg

人が集まるかどうかドキドキの数日間でしたが、いい人たちに会えて楽しく安く(割り勘になるので)行けました。
1734_convert_20141203071703.jpg

みんなが泊っている宿に移動し一緒に観光や食事をして楽しかったです。
1725_convert_20141203071531.jpg

ハンモック気持ち良さそう~。
1738_convert_20141203071815.jpg

警備の兵士はバレーボール中。
1749_convert_20141203071742.jpg

観光後に食堂でご飯を食べることに。
1752_convert_20141203071922.jpg

何店舗かあったので二人ずつ別の店で食べることに。
1755_convert_20141203071957.jpg

1751_convert_20141203071855.jpg

おいしかったです~。
1753_convert_20141203071935.jpg

男子チームは別のお店。
1760_convert_20141203072016.jpg

子供達ともお別れ。
1762_convert_20141203072037.jpg

ジープで宿のドライバーさんが待つ駐車場まで移動。
1763_convert_20141203072101.jpg

山道の途中にあった小屋。ちょこんと座った女の子がかわいい。
1775_convert_20141203072148.jpg

帰りはまた村々の間を通って。車窓から見た売店。
1823_convert_20141203072241.jpg

民家。外に干された洗濯物がいいですね~。
1824_convert_20141203072312.jpg

お米かな。
1837_convert_20141203072352.jpg

のんびり。
1917_convert_20141203072503.jpg

ドライバーさんはおしゃべりで4時間ずっとしゃべりっぱなし。
1923_convert_20141203072537.jpg

宿のオーナーの弟さんだったのですが子供さんが二人いるそうです。
1942_convert_20141203072623.jpg

カンボジアの将来が不安なので、アメリカの親類を頼って子供を連れて移住したいと言ってました。
1949_convert_20141203072700.jpg

移住もそうそう簡単にはできないし、子供のことを考えると大変でしょうね。
1962_convert_20141203072742.jpg

アンコールワットの近くまで戻ってきました。周辺には遺跡がいっぱい。
1970_convert_20141203072807.jpg

マーケットが店じまい中。
1978_convert_20141203072834.jpg

ドライブ中にガイドさんからいろいろ聞いた話を・・・。

ガイドさんは汚職や不公平な選挙などで国内の状況は改善してないと嘆いていました。選挙に行きたくても仕事を休んで遠くまで投票に行かないといけないので結局金持ちしかいけないとか、反対勢力の運動員に襲われたり殺された人もいると。日本が選挙監視チームを送ってくれることに感謝しているとお礼を言ってくれました。私は何もしてないけど・・・。そういう活動をしてくださる方々に感謝ですね。

最近は海外から資本の流入が著しく開発が進む一方、国外企業が地元の権力者などとともに地方の利権を掌握し、地元民に利益が還元されるどころか、賃金の安い外国人労働者を雇い地元民の就労がさらに厳しくなっているとか。環境や治安を理由にタクシーやガイド(だったかな?)をライセンス制にしたりする動きがあり、そうなるとライセンスや新しい基準にあったタクシーを買うお金のない地元民は働けなくなるといった話を聞きました。私が買ったアンコール遺跡のパスにもしっかり某国資本のホテルの名前が書いてあってぞっとしました。ちゃんと利益を地元に還元しているのであればいいのですがどうなんでしょう。

貧しい国から搾取してただでさえ困窮してる人々をさらに苦しめるシステムってどうかと・・・。環境や治安も大事だけど生活の苦しい人が増えたら治安は悪化するのでは?もっと別のシステムを考えるべきだと思いました。2年前の話なのでもしかしたら記憶違いな点もあるかもしれないし、ガイドさんたちの話を聞いただけで自分で調べたわけではないので全部が正しいかどうかは不明ですが。数日前の晩御飯のおかずも忘れる私ですが、この話は腹が立ったのでそこそこ覚えてます。

素晴らしい観光資源がたくさんあるカンボジアは悲しい面が多々見える国でもあります。でも東南アジアの中で一番おすすめしたい国です(5カ国しか行ってないけど)。ほんと素晴らしい遺跡がてんこ盛りですよ~。

次は別の遺跡の写真をアップします。庭仕事の写真があまりないのでしばらくカンボジア旅行記にお付き合いください!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア⑤プリア・ヴィヘア2

カンボジアとタイの国境線上にある世界遺産、山岳寺院プリア・ヴィヘアの写真の続きです。これは第三塔門の後ろ側。


第二塔門を過ぎて参道を歩きます。
1561_convert_20141203044435.jpg

階段を登って第三塔門へ。
1562_convert_20141203044457.jpg

2012年12月に行ったのですが、この日は地元の方1組と西洋人二人組みにしか会わず。
1564_convert_20141203044517.jpg

シェムリアップから車で4時間くらいなので観光客は少なかったです。今はどうかな?
1572_convert_20141203044559.jpg

向こうに見えるのはタイだったかな。第三塔門東側からタイ側がよく見えます。
1574_convert_20141203044636.jpg

ここは2008年にカンボジアで二つ目の世界遺産として認められたそうです。
1598_convert_20141203045007.jpg

管理状況がそんなに良くなさそうなのでちょっと心配。
1584_convert_20141203044833.jpg

海外からの援助チームがきてるかな?
1595_convert_20141203044908.jpg

1605_convert_20141203045114.jpg

往復八時間ですが十分楽しめました。
1609_convert_20141203045136.jpg

地震が起きたら全部倒れちゃいそうで心配。
1621_convert_20141203045330.jpg

第三塔門を後ろにあるナーガ(蛇の神様)の欄干。
1627_convert_20141203045421.jpg

第四塔門から第三塔門を見るとこんな感じ。
1640_convert_20141203045946.jpg

誰かな?
1626_convert_20141203045442.jpg

第四塔門。
1642_convert_20141203050055.jpg

1630_convert_20141203045830.jpg

1632_convert_20141203045852.jpg

1645_convert_20141203050027.jpg

貯水池。
1652_convert_20141203050143.jpg

第五塔門のあたりだったと思います。うろ覚え。
1657_convert_20141203050207.jpg

1658_convert_20141203071145.jpg

崩れたところにも建物があったんだろうなぁ。
1659_convert_20141203050300.jpg

中央祠堂の中かな。お坊さんがいました。
1678_convert_20141203071022.jpg

1666_convert_20141203070901.jpg

1675_convert_20141203070956.jpg

プリア・ヴィヘアの遺跡はこのくらいにして、次は山頂からの風景の写真をアップします~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア④プリア・ヴィヘア1

カンボジアのシェムリアップから一番行きやすい観光スポットはアンコールワットだと思うのですが、一番行きにくいところの一つがプリア・ヴィヘアだと思います。
1492_convert_20141203042200.jpg

理由はちょっと遠いから。直線距離ではシェムリアップから140kmくらいだけど、舗装された道を通るとその倍くらいかかるとのことでした。
1383_convert_20141203040944.jpg

ということで朝早くに出発。アンコールワットの横を通って向かいました。
1394_convert_20141203041101.jpg

途中で見かける民家や村の様子がまた面白い。
1409_convert_20141203041502.jpg

市場は活気があってみるだけでも楽しいですね。
1448_convert_20141203041604.jpg

今の道路状況はこのころより良くなってるかな?
1427_convert_20141203041530.jpg

4時間ほどで遺跡がある山が見えてきました。
1456_convert_20141203041637.jpg

山のふもとの駐車場で宿のオーナーの弟さんの車を降り、パスポートをオフィスに見せて届出のようなものをすませました。ここからは専用のジープで6kmほど登ります。車代はいくらだったか忘れました。チケット販売所はクローズしていてお金を払わなかったような気がします。うろ覚え。
1465_convert_20141203041715.jpg

ちょろっと建物が。銃を持った兵士もいました。
1470_convert_20141203041827.jpg

頂上につくと売店兼食堂のようなお店が4つ、5つありました。
1468_convert_20141203041742.jpg

警察なのか兵士なのか忘れたけど所々立っていました。
1474_convert_20141203041915.jpg

地元からきたっぽいカンボジア人家族が兵士にタバコを一箱渡していました。1カートン持っていて、兵士みんなに配ってました。なんでかな。
1479_convert_20141203041951.jpg

下に下っていくとタイとの国境にたどり着きます。ここはタイとカンボジアの国境線上にある遺跡なんです。
1482_convert_20141203042018.jpg

ずっと領有問題でもめていたのですが、国際司法裁判所により1962年にカンボジア領と認められたそう。
1484_convert_20141203042055.jpg

第一塔門。紙幣の図柄にも使われてるそうです。
1496_convert_20141203042244.jpg

遺跡の保存状態はそれほど良くないですが、そこがまた時間の流れを感じて悪くないと思います。
1502_convert_20141203043053.jpg

2008年から2011年の間に何度か遺跡周辺で両国兵士による銃撃戦があったため、その被害もあると聞きました。
1505_convert_20141203043214.jpg

参道を歩くと大貯水池が見えてきます。
1520_convert_20141203043314.jpg

人懐っこい子供がついてきました。何もあげれないよ。
1524_convert_20141203043658.jpg

第二塔門へ向う階段。
1521_convert_20141203043356.jpg

この遺跡は産地の斜面に建てられた山岳寺院です。
1527_convert_20141203043800.jpg

北から南に向かって参道を歩きいくつかの門をくぐって祠堂に向かうことになりますが、標高は525~650mと徐々に登っていく感じになります。
1530_convert_20141203043816.jpg

創設は9世紀末ですが、11世紀前半に大幅に改修されたそう。
1531_convert_20141203043843.jpg

塔門ごとに一応兵士っぽい人がいてのんびり座ってました。子供たちはおじさんの子?
1533_convert_20141203043906.jpg

ヒンドゥー教おなじみの塔門は南インドのカラフルなものと比べると地味ですね。
1536_convert_20141203043927.jpg

でも細かい装飾が施されていてとても素敵です。
1537_convert_20141203044003.jpg

この寺院はポル・ポト派の塹壕基地としても使われていたそうです。
1541_convert_20141203044038.jpg

カンボジア人ガイドさんの話によると周囲の広大な敷地の森林はポル・ポト派により伐採されたと言っていた気がします。確か資金作りのためだった気がします。うろ覚え・・・。
1544_convert_20141203044109.jpg

第二塔門を後ろから見るとこんな感じ。
1547_convert_20141203044149.jpg

アンコールワット周辺などでは日本の企業やNGOなどによる森林復興の活動が行われているようです。しかし森林伐採の問題は現代でも残っているようですね。
1555_convert_20141203044355.jpg

プリア・ヴィヘアの写真はまだまだ続きます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ヘパティカ、実生リトープス、コンポスト、ポーランド土産

今日は晴れ、最高気温4度、最低2度。一気に気温が下がりました。ヘパティカの蕾がついています!

Hepatica pubescens

通常は2-3月に開花するのですが、今年の気候が変だから間違えたのかな。他のヘパティカはつぼみがついてません。葉がなくなってるものもあります。大丈夫かな。来週からしばらくスペインに行くのですが、行くまでに咲くかな。
IMG_1276_convert_20141205235522.jpg

サツキも一部蕾が色づいて咲いてます。あちこちのガーデンでマグノリアやツツジがちらっと咲いてるのを最近見たのですが、うちのも・・・。
IMG_0810_convert_20141206001003.jpg

実生リトープス、1年8ヶ月くらいでこんな感じです。
IMG_1231_convert_20141206000738.jpg

ナスタチウム、葉っぱの後ろに隠れて咲いてた花を発見。
IMG_1248_convert_20141205234844.jpg

数日間雨が降らなかったので先週やっと芝刈りができました。
IMG_1232_convert_20141206000137.jpg

白いペンキで塗ったベンチを動かしてみました。いつも狐に掘られるバラの木の横へ。これで掘りにくくなったかな。
IMG_1233_convert_20141206000207.jpg

まだ咲いてるアストランティア。
IMG_1254_convert_20141205235001.jpg

開花が始まったプリムラ。
IMG_1249_convert_20141205234929.jpg

花が減ってきたフクシア。
IMG_1251_convert_20141205234943.jpg

クリサンセマムはたくさん蕾が付いても寒さできれいに咲けなくなったので、切って花瓶へ。咲くかな?空いた鉢にコンポストを追加してチューリップを植えました。
IMG_1275_convert_20141205235502.jpg

まだ咲いてるヘスペランサ。
IMG_1271_convert_20141205235352.jpg

IMG_1272_convert_20141205235412.jpg

IMG_1273_convert_20141205235426.jpg

葉っぱも実と同じ赤色になってきたコトネアスター。色づき始めてから2週間くらい。
IMG_1274_convert_20141205235444.jpg

3つあるコンポスト・ビンの一つの堆肥ができていたので、庭中のマルチに使いました。冬の寒さを防ぐために厚めにしてみました。空いたコンポストに別のコンポストの中身を移しました。地味な作業ですがなかなかしんどい。花壇拡大のために芝をたくさんはがしたので、コンポストに入りきらないものが山になっています。もっと回転をよくしないとなぁ~。
IMG_0815_convert_20141130043910.jpg

小鳥の餌も入れ替え。雨でぬれてピーナッツがいたんでいました。
IMG_0813_convert_20141130043821.jpg

今年もちょっとしかとれなかったイポモエアの種。今年は2つしか株ができなかったのですが、来年はどうかな。
IMG_0816_convert_20141130043935.jpg

ポーランドの方からもらったお土産。かわいい果実酒。ズブロッカはたまに飲むけど、これはあまり飲んだことないです。おいしいのかな?
IMG_0812_convert_20141130043749.jpg

庭の写真はあまりないので、またカンボジアの写真に戻ります。しばしお付き合いください~。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

カンボジア③アンコールワット壁画と夕焼け

まだ続くカンボジア、アンコールワット最後の写真です。
2201_convert_20141203025359.jpg

壁画の写真をちょっとアップしておこうかなと。
2109_convert_20141203025315.jpg

150年ほど前まで誰にも知られていなかったアンコールワット。
2207_convert_20141203025611.jpg

発見したのはフランス人博物学者だったそうな。
2309_convert_20141203030459.jpg

密林の奥でひっそりと眠っていた遺跡なんですね。
2203_convert_20141203025526.jpg

当時繁栄したクメール王国には大小様々な寺院が建設されました。
2204_convert_20141203025434.jpg

その中でも都のシンボルであったのがアンコールワットだそうです。
2263_convert_20141203025920.jpg

2281_convert_20141203030221.jpg

アンコールワットの第一回廊のレリーフは絵巻物のようになっています。
2212_convert_20141203025658.jpg

2214_convert_20141203025744.jpg

2247_convert_20141203025836.jpg

2284_convert_20141203030331.jpg

2260_convert_20141203025940.jpg

2267_convert_20141203030058.jpg

2290_convert_20141203030415.jpg

2275_convert_20141203030135.jpg

2314_convert_20141203030525.jpg

夕焼けの色が石を照らしてピンク色に。
473_convert_20141203015825.jpg

時間とともに風景が変わって見えますね。
478_convert_20141203015853.jpg

483_convert_20141203020004.jpg

アンコールワット以外にもたくさん面白いお寺があったので続けてアップします。しばしお付き合いください!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア②アンコールワット日の出

2012年のカンボジア一人旅の続きです。アンコールワットの日の出。
2159_convert_20141203021503.jpg

日の出前にバイクタクシーでホテル出発。
2010_convert_20141203020054.jpg

入り口到着。真っ暗なので懐中電灯がないと穴やでこぼこのある参道を歩くのはちょっと危ない。持ってきていない人たちに頼まれて持参したマグライトで周りを照らしながら進みました。今は修理されてるのかな?
2018_convert_20141203020141.jpg

蓮の花が咲いてる聖池前でスタンバイ。
2021_convert_20141203020214.jpg

まだ真っ暗。周りにどんどん人が集まってきます。
2024_convert_20141203020238.jpg

後ろからも横からも押され押しくら饅頭状態。
2027_convert_20141203020258.jpg

おばはんも負けてないぞー。踏ん張って我慢。
2036_convert_20141203020401.jpg

前が池だけに(浅そうだけど)足元には気をつけましょう。
2042_convert_20141203020443.jpg

周りが明るくなってきました。
2060_convert_20141203020521.jpg

2074_convert_20141203020639.jpg

あちこち移動してみました。
2085_convert_20141203020815.jpg

2077_convert_20141203020720.jpg

IMG00296-20121211-0645_convert_20141203005038.jpg

朝霧がまたきれいです。
2117_convert_20141203020957.jpg

朝早くから人もたくさん。
2099_convert_20141203020925.jpg

幻想的。かわいい雑草。
2135_convert_20141203021219.jpg

白い馬が草を食べてました。
2126_convert_20141203021151.jpg

蓮の花がたくさん咲いてます。
2187_convert_20141203021601.jpg

誰かが四葉のクローバーをのせたみたい♪
2190_convert_20141203021634.jpg

アンコールワットは日の出ポイント人気NO1だそうです。
2198_convert_20141203021732.jpg

まだ続きます~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カンボジア①アンコールワット昼間

いきなりカンボジアの写真です。カンボジアの情報聞きたがってる人がいると友達に言われ、そういえば行ったなぁと写真を見てみると2012年の12月、もう2年も前でした!完全に忘れる前にアップしておこうかなと。まずはアンコールワット。
404_convert_20141203005653.jpg

12世紀初頭に創建されたヒンドゥー教の神と王のための宮殿。周りは緑が多いです。
020_convert_20141203005351.jpg

南北約1300m、東西約1500mの堀で囲まれた敷地内にあります。
386_convert_20141203005424.jpg

参道は約600m。
391_convert_20141203005500.jpg

西塔門。
393_convert_20141203005539.jpg

門をくぐりひたすら歩くと西塔門テラス。後ろにはメインの建物が見えます。
408_convert_20141203005737.jpg

長い回廊の壁画や天井の模様がとても見ごたえあります。
417_convert_20141203010424.jpg

インド古代の叙情詩や天国と地獄、神々の姿が描かれています。
414_convert_20141203005930.jpg

ガイドをつけるか、本を持っていくとよりいっそう理解が深まります。
418_convert_20141203010006.jpg

って全部もう忘れちゃったけど・・・。
420_convert_20141203010035.jpg

昔使われていた階段は急すぎるためか立ち入り禁止。
426_convert_20141203010113.jpg

石の階段の上に作られた木製の階段を使うことになります。これでもけっこう急?
460_convert_20141203010638.jpg

上からの景色も素晴らしい。人が多いですけど。
431_convert_20141203010214.jpg

440_convert_20141203010330.jpg

お坊さんだって記念写真撮りたいよねぇ。
435_convert_20141203010249.jpg

でもスマートフォンを使うお坊さんを見るとなんか違和感を感じてしまいます。
458_convert_20141203010523.jpg

アフリカの村で携帯使ってる人を見たときと似た感覚。偏見か。
445_convert_20141203010358.jpg

建物の上にある建物。何かはえてる?
455_convert_20141203010553.jpg

457_convert_20141203010609.jpg

大きすぎて写真に納まりません。
461_convert_20141203010657.jpg

はしゃぐお坊さん、テンション、マーックス!!うれしかったのでしょう。神聖な場所ですもんね。
462_convert_20141203010716.jpg

観光客から奪った食べ物を食べるサル。皆さんお気をつけください!
464_convert_20141203010741.jpg

うーん、また行きたくなってきたなぁ。カンボジア、めっちゃ楽しかったんですよ。まだ続きます~。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ウィズリーガーデン11月③ペトロコスメア他

高山植物でいっぱいのウィズリーのアルパイン・ハウス。グラスハウス前のロッカリーではお花がポツポツ咲いてる程度。


中には開花中の植物がいっぱい。
IMG_0997_convert_20141202213724.jpg

産毛みたいな毛が生えてる葉がかわいい。花は帯化かな?ちょっと変な感じですね。
IMG_1006_convert_20141202213739.jpg
Townsendia condensata

こちらはさらにふわっふわ!
IMG_1005_convert_20141202213704.jpg
Townsendia spathulata 'Cotton Ball Form'

これも育ててみたいものの一つです。
IMG_1011_convert_20141202213848.jpg
Bukiniczia cabulica

今年もまた咲いてます!当たり前だけどうれしい。
IMG_1009_convert_20141202213800.jpg
Massonia pustulata

ラケナリアも開花中。今年も買えませんでした~。
IMG_1017_convert_20141202214004.jpg
Lachenalia bulbifera

どこかにいいナーサリーはないかなぁ。お手ごろで(ここが問題!)。
IMG_1016_convert_20141202213942.jpg
Lachenalia viridiflora

開花中のペトロコスメア。これかわいい~。
IMG_0988_convert_20141202213331.jpg
Petrocosmea 'Rosemary Platz'

紫の小さな花。
IMG_0990_convert_20141202213357.jpg
Petrocosmea nervosa

白で産毛っぽいのがかわいい。品種不明。
IMG_0994_convert_20141202213447.jpg

葉がつやつや。
IMG_0993_convert_20141202213417.jpg
Petrocosmea minor

さすが立派なお花。他のペトロコスメアと比べてかなり大きめ。
IMG_0999_convert_20141202213528.jpg
Petrocosmea grandiflora

多分これもPetrocosmea nervosa。
IMG_0995_convert_20141202213503.jpg

IMG_1000_convert_20141202213600.jpg
Petrocosmea 'Keystone's Angora'

すごくかわいい。
IMG_1002_convert_20141202213621.jpg
Petrocosmea 'Keystone's Angora'

葉の形がなかなかかわいい。
IMG_1003_convert_20141202213642.jpg
Petrocosmea sericea

IMG_1012_convert_20141202213917.jpg
Petrocosmea menglingensis

最後にガーデンすぐ外で行われていたクラフトフェアを覗いてから帰りました。RHS会員は無料、会員以外は確か6ポンドくらいだったような。
IMG_1059_convert_20141203003518.jpg

ちなみにうちのペトロコスメアは咲いておりません!ロゼッタの真ん中のあたりがぎっちり詰まってきた気がします。周りの葉はちょっと枯れてきてるのですが。このまま枯れちゃわないといいんですが。
IMG_1229_convert_20141202225805.jpg

こちらは枯れちゃいました。が、よく見たら真ん中に小さい赤ちゃんの葉っぱが出てました。新しい株に育てられるかな。
IMG_1230_convert_20141202225819.jpg

どうもうまくペトロコスメアを育てることができません。もしや年中室内に置いてるのがいけないのかも?インドアプランツ専門ナーサリーから購入してるので、つい室内にずっと置いてました。凍らせるといけないらしいのですが、夏は外に出しておくべきだったかな?来年の夏に試してみよう~。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ウィズリーガーデン11月②プレクトランサス展

先日行ったウィズリーガーデン、グラスハウスでプレクトランサスの展示をしてました。
IMG_0864_convert_20141130053701.jpg

10月末に行ったフラムパレスで見かけて気になっていたので、いろんな品種がたくさん見れてうれしい!
IMG_0865_convert_20141130053923.jpg

たくさんありすぎて覚えられないのが玉に瑕。
IMG_0935_convert_20141130053724.jpg

ピンクっぽい花。
IMG_0862_convert_20141130052315.jpg
Plectranthus fruticosus 'James'

細長い花びら。茎は濃い青紫。ほんのり青紫の花びらは開くと白地に青紫の斑点が入って咲き進むに連れて白くなっていくような感じに見えました。断定できませんけど。
IMG_0868_convert_20141130052504.jpg
Plectranthus Blue Angel = 'Edelblau'

丸っぽい葉に白い葉脈がくっきり、かわいい葉っぱ。
IMG_0866_convert_20141130052404.jpg
Plectranthus oertendahlii

Blue Angelに似てますね。
IMG_0882_convert_20141130052833.jpg
Plectranthus saccatus subsp. saccatus var. longitubus

IMG_0876_convert_20141130052733.jpg
Plectranthus 'Frills'

花びらの先のほうがきれいな青。もっとしっかり見てくれば良かった!
IMG_0880_convert_20141130052809.jpg
Plectranthus zuluensis 'Sky'

大好きな斑入りタイプを発見。
IMG_0884_convert_20141130052855.jpg
Plectranthus parviflorus Blue Spires = 'Limplep1'

花の色がさわやかな青い色。欲しい~。
IMG_0885_convert_20141130052919.jpg
Plectranthus parviflorus Blue Spires = 'Limplep1'

IMG_0890_convert_20141130053001.jpg
Plectranthus saccatus

こちらは白。
IMG_0892_convert_20141130053024.jpg
Plectranthus saccatus

面白い形と思ったら花びらが落ちた後でした。
IMG_0898_convert_20141130053213.jpg
Plectranthus neochilus

花びらがまだ少し残っているもの。
IMG_0900_convert_20141130053128.jpg
Plectranthus neochilus

こちらも斑入り。コントラストが少なく地味めですがこれもいいですね。
IMG_0903_convert_20141130053101.jpg
Plectranthus madagascariensis 'Lothlorien'

ピンク。茎がすごく濃いピンク色なのがいいです。葉の色はちょっと暗めの緑。
IMG_0905_convert_20141130053241.jpg
Plectranthus Cape Angels Pink

めっちゃ欲しい!一番欲し~い。
IMG_0909_convert_20141130053303.jpg
Plectranthus barbatus

これもいいな。
IMG_0911_convert_20141130053326.jpg
Plectranthus forsteri 'Marginatus'

こういう普通のも悪くないかも。
IMG_0913_convert_20141130053346.jpg
品種不明

これも。
IMG_0916_convert_20141130053404.jpg
品種不明

葉もかわいらしい。
IMG_0919_convert_20141130053450.jpg
Plectranthus oertendahlii 'Uvongo'

これまた濃紺の茎がきれい。濃い芽の緑の葉。
IMG_0923_convert_20141130053513.jpg
Plectranthus Mona Lavender = 'Plepalila'

花も葉も気に入ったけど、名前がわからず。
IMG_0926_convert_20141130053629.jpg
品種不明

地味めの斑入りの葉が柔らかくていい感じです。うどん粉病っぽい感じですが。
IMG_0925_convert_20141130053612.jpg
品種不明

グラスハウスの中にはたくさん植物があるのですが、蘭もきれいに咲いてました。
IMG_0966_convert_20141202213129.jpg

IMG_0973_convert_20141202213202.jpg

IMG_0974_convert_20141202213236.jpg

たくさん品種を見ると選ぶのに迷いすぎますね。でも売ってなかったのが不幸中の幸い?いずれ育ててみたいのですが、種からでも簡単で育つのかな?耐寒性がいまいちないみたいだけど、室内用としてでもいいな~。そのうちチャレンジしたいです!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

NEC車椅子テニスマスターズ決勝

だだーん。行ってきました、NEC車椅子テニスマスターズ2014!世界の車椅子テニスプレイヤーのトップ6人が今年を締めくくる大会です。ATPツアーファイナルズに続き、今回も開催はロンドン。ラッキーです!


決勝前日にチケットをオンラインで買おうとしたら販売終了、チケット販売会社に電話したら取り扱い分の販売は終了したと言われ、当日券について聞こうとボックスオフィスに電話しても誰も出ずアナウンスもなし、当日券についてはWEBに電話しろとしか書いてない。翌日朝から電話しても誰も出ず。友達ととにかく行ってみようと現場へ直行。だめなら「チケット売ってください」の紙を持って外で立ってればなんとかなるかも、なんて考えてました。会場についたらあっさり買えたので一安心。売り切れだと思ってこなかった人けっこういると思います。もったいない~。
IMG_1218_convert_20141201065732.jpg
<かっこいいアスリートのポスターがいっぱい作られてました>

日本男子は世界ランキング1位の国枝選手(赤いユニフォーム)と9位の眞田選手(ピンクのユニフォーム)、女子は1位の上地選手が出場。
IMG_1220_convert_20141201065645.jpg

今日は国枝選手の決勝戦と上地選手の3位決定戦を見に行きました。
IMG_1221_convert_20141201065623.jpg

まずは上地選手の試合。11時開始。この試合時間がWEBに載せられたのが前日の夜の9~10時くらい。けっこう行くまでに時間がかかるのであせりました。前日の試合が長引いていたからだと思うので仕方がないのですが。
IMG_1077_convert_20141201071556.jpg

お相手はまたイギリス人のワイリー選手。ランキングは6位。
IMG_1065_convert_20141201071522.jpg

上地選手とダブルスを組んでグランドスラムを一緒に達成した選手。今回すごく調子が良かったです。
IMG_1062_convert_20141201071337.jpg

20年ほどオランダ人女子選手が勝ち続けていたマスターズ。上地選手はその歴史を破り去年優勝。初のオランダ人以外のマスターズ優勝者になりました。今年の女子決勝戦はオランダ人対決でしたが。来年はまた上地選手に決勝戦に出てもらいたいなぁ。来年もロンドン開催だし。
IMG_1072_convert_20141201071246.jpg

今年は残念ながら4位。しかしダブルスで年間グランドスラム達成したし、今年の活躍は本当にすごかった。来年に期待です!まだ20歳ですからこの先長く活躍されることと思います。友達と一緒にサインを頂きお話をさせてもらったのですが、とてもフレンドリーで丁寧に対応してくださいました。試合後疲れてるはずなのにありがたいことです。
IMG_1100_convert_20141201071128.jpg

ワイリー選手が3位。来年もウィンブルドンで上地選手とダブルス出るのかな。楽しみです。
IMG_1089_convert_20141201071157.jpg

午後には国枝選手の決勝戦。友達は試合前に二回も見かけ、がんばってくださいと声をかけたら「がんばります」と力強い返事を返してくれたそうです。自信にみなぎっていてすごくかっこよかったそうな^^
IMG_1140_convert_20141201070825.jpg

相手はいつものフランス人選手ウデ(ランキング2位)になるかなと思っていたのですが、今回は同じフランスのペイファー選手。ランキング7位。
IMG_1149_convert_20141201070728.jpg

ラリーもすごいし、お互いアドバンテージをとっても何度もデュースに戻される激戦でした。しかしやっぱり国枝選手が一枚上手。世界一の貫禄を見せ付けました。
IMG_1148_convert_20141201085500.jpg

国枝選手は他の選手とはやはり別格。気迫がすごくて見ている人を引き込みます。気づいたら一緒にエキサイトしてます^^。ATPツアーファイナルズのとき、パット・キャッシュさんが選手はエンターテイナーでもある、という話をされていたのですが、まさしくその通り。プレーがすごいのはもちろんですが、プレー中の表情やボールを打つときの気合の入った声が試合をさらに盛り立てます。しかもどこまでもボールに食らい付く姿勢がすごいんです。通常テニスだと弱い選手を応援することが多い気がしますが、国枝選手は絶対王者にかかわらずみんなから拍手を受けてます。国枝選手の試合は観戦していて本当に面白いです。
IMG_1141_convert_20141201085432.jpg

見事優勝!
IMG_1155_convert_20141201070622.jpg

2位のペイファー選手。
IMG_1165_convert_20141201070537.jpg

王族の方らしき女性(聞き取れなかったけどハイネスって聞こえたので)から表彰されてました。
IMG_1171_convert_20141201070516.jpg

ユーモアと笑顔にあふれる勝利者インタビュー。会場に笑いを起こすのもトッププレイヤーの証。そしてうれしいことに日本人ファンについてもコメントしてくれました。会場で応援されていた皆さん、ストリーミングやライブスコアを見ながら応援していたファンの方もうれしかったと思います。
IMG_1174_convert_20141201070052.jpg

メディアへのサービス精神もばっちり。サインも頂き、写真も撮らせてくださいました。
IMG_1193_convert_20141201065901.jpg

ファンへの気遣いもすごく、初めて国枝選手にあった友達がしきりに関心してました。やっぱり長い間世界一にいる人は違うね~、なんて納得。車椅子テニスをもっとポピュラーにするため、自分のテニスを磨き試合を面白くすることだけでなく、メディアやファンへも心を配っているんだと思います。って違うかな。
IMG_1200_convert_20141201065819.jpg

プレイヤーごとに用意されたミニポスターにサインしてもらいました。国枝さんはバックが黒なので、サインをお願いしたら機転を利かせて裏にしてくれました。後で気づいたのですが上地選手もちゃんと目立つところにサインしてくれてました。さすが、サインしなれてるとこういうところにも気づくんですね。来年は写真のあるところにサインが欲しいので、写真のバックにサインを入れやすいカラーのスペースを入れてデザインして欲しいなぁ~。今年はウィンブルドンでお二人にサインをもらっていたので、2回目のゲットです。
IMG_1222_convert_20141201065708.jpg

男子決勝の前にイギリスのブラインドテニスのトッププレイヤーの方がデモを見せてくれました。音のなるスポンジボールを弱視者は2バウンド、全盲者は3バウンドで返すそうです。日本が発祥のスポーツだそうでびっくりしました。目が見えてないって途中まで気づきませんでした。世の中にはすごい人たちがいっぱいいるんですね。
IMG_1112_convert_20141201071018.jpg

ちなみに会場にはアンガスビーフのバーガー屋台とクリスプやチョコ、ドリンクなどの販売機しかありませんでした。バーガーの屋台には、各種バーガーとバゲット、ジャケットポテト、チップスがありました。
IMG_1105_convert_20141201071104.jpg

行列ができていて買うまでに時間がかかり、バーガーにソースもつけずに会場に戻り席で食べたのですがちょっと物足りず。来年はダッシュで屋台に並び、バーガーにケチャップをつけよう、と心に誓いました。これもまた勉強。
IMG_1107_convert_20141201071040.jpg

いや、一番勉強になったのはチケットの買い方かな~。来年は数日前にチケットを買っておこうと思います。今日はほんと会場につくまでひやひやしました。最寄り駅にいたスタッフに聞いたら会場で買えるといわれたけど、スタッフによって言うことが違うことが多い国なので、実際にチケットが買えるまで安心できず。しかもあせりすぎて友達のチケットが買えていなかったのに買ったと勘違いするというミスを犯してしまったのです。すごい凡ミス。情けない。来年は事前購入、早めに会場に行くようがんばります。って来年のブログにも同じコトを書きそうな気がするので忘れないように全部ブログに書いてみました。

今年はウィンブルドンでもツアーファイナルズやNECマスターズでも日本人のテニス・車椅子テニスプレイヤーをたくさん見れて最高の年でした。来年もがっつり応援しに行きたいと思います~。皆さんもお近くで試合がある際はぜひ!めっちゃエキサイトして面白いです。日本人の世界トッププレイヤーが見れるなんてすごいですよ~。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。