FC2ブログ

中国からの謎の種

今日は久々の真夏日、最低気温18度、最高35度。アイスがうまい。
DSC_3547_20200731.jpg
Rosa 'Compassion' (ClHT)

5月頭から冬の初めまでずーっと咲き続けるつるバラのコンパッション。ハークネスのバラで強健、強香。
DSC_8270_20200519.jpg

朝、友達から「日本やアメリカの個人宅に注文してない謎の植物の種が中国から送り付けられる事件が発生してるらしいよ」とメッセージを受け、何のことやら?と検索。
DSC_8303_20200519.jpg

日本の情報サイトをちらっと見たら、何故そんなことが起こっているのかって理由は書いておらず、一般の方のコメントを見るとバイオテロだとか危険な種を送ってきてるとか推測が書いてあって更に謎。危険なジャイアント・ホグウィードの種らしいってコメントもあってちょっと動揺。
DSC_8305_20200519.jpg

日本の新聞のサイトなら理由がわかるだろうと思ってのぞいたら、情報の一部しか読めず、残りは有料ってことで見ることができず。
DSC_8262_20200519.jpg

イギリスのニュースサイトには、アメリカの農務省が今の段階ではブラッシングスカムだと思われると発表してる、みたいなことが書いてあった。アメリカの農務省のサイトには、現在動植物検疫課が関係省庁や機関と協力して郵送物を回収して検査してる、とのこと。
DSC_1012_20200701.jpg
Rosa 'Blue Diamond' (HT)

今の段階では、他人の個人情報を使ってフェイクアカウントを作り、商品を注文し、注文者のふりをしてそのオンラインショッピングサイトに有利になるレビューを書く、「ブラッシング」というズルをしてる、ってことになるのかな。
DSC_8402_20200731.jpg
Rosa Chandos Beauty = 'Harmisty' (PBR) (HT)

で、知らずに利用された個人情報の本人宅に商品が送られた、とのこと。商品を購入した人だけがレビューできるシステムを悪用してるってことかな?
DSC_8401_20200731.jpg

個人情報はどうやって入手したのか、過去の顧客リストを使ってるのか、謎だな。だけど、なんでそこまでする~?レビューで売り上げ変わるのはわかるけど、ズルがばれたら信頼失ってやばいのでは。理由が安易すぎて裏を読みたくなる。
DSC_1007_20200731.jpg
Rosa Novalis = 'Korfriedhar' (PBR) (F)

てか、一番の疑問は、なんで種?封筒に張り付けてあるシールの送付物の説明欄にはジュエリーとか装飾関係の商品名が書いてあることが多いらしい。輸送商品名を種と書くと検疫にひっかかるから、種を扱う業者がそう書いたのか?あるいは種を扱う業者ではなく装飾品を扱うサイトがやってるスカムなのか?
DSC_3309_20200731.jpg

送られてきた種の画像を見たらいろんな種類があって、ジャイアントホグウィードっぽいのは見かけなかったので一安心。タブロイド紙のサイトが掲載していた種がそれっぽく見えて一瞬焦ったけど。だいたい野菜の種かなーって感じ。朝顔の種みたいなのもあって、これがBindweedだったら絶対許さん(怒)
DSC_3308_20200731.jpg
Rosa 'Café' (F) 

とりあえずバイオテロでないのかな。しかし、いまいちすっきりしない。なんで送り付けたのが種なのか?謎すぎる。

たとえ通常の種であったとしても、害虫や病気が紛れてるかもしれない。繁殖力の高い植物だと在来種を駆逐してしまい、生態系全体に悪影響を与える危険性もある。まさか遺伝子操作した種とかじゃないよねー、なんて陰謀論っぽい考えまで浮かんでしまった。とにかく検疫を受けてない信頼できない所から送られてきた種は絶対植えたらだめだー。

イギリスでも同じケースが見つかってるみたいだけど、Defraのサイトで情報見つけられず。そのうち出るかな。EU外からの種は要検疫のはずだから一般的に中国から種を買うって普通ないはずだけど、AmazonとかeBayなどのサイトでも、サイト上のお店はEUの店になっていても商品の送付元は中国ってのはけっこうある話。大手サイトであったっとしても、安いからといってよく知らない業者から植物を購入するのは避けるようにって園芸関係者はよく警告してるけど、植物や種が中国から送られてる可能性もあるのかな。種も植物も信頼できるナーサリーやガーデンセンターから買わねば。今は植物にだってプラントパスポートがある時代だし。

時間がなかったのでちらっと検索して情報を見ただけど、日本の情報サイトにブラッシングのスカムだってことを書いてないところがけっこうあったのが不思議。そういう情報ページでは個人がいろんな推測を書いていてなんだかカオスだった。記事にはっきりブラッシングスカムだよーって書けばいいのに、まさかコメント欄を煽るためにわざと書かなかった?あるいはアメリカの農務省の公式発表とか一次情報を見ずにニュース書いてる?それとも実はブラッシングスカムじゃないってこと?何が何だかよくわからーん。

中国当局が犯人捕まえて早く全貌を発表してくれないかなー。って当局の発表をどこまで信用できるのかってのもあるけど。気になる~。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle