Petworth House and Park②お屋敷とターナー

ペットワース・ハウスの続きです。個人的にはお庭よりお屋敷内のほうが面白いと思いました。


絵画、彫刻、美術品のコレクションが素晴らしいです。イギリスの有名な画家ターナーは裕福なパトロンであった主からペットワースに度々招待され、こちらを題材とした作品をいくつか残しています。
20160424_Petworth_11.jpg

こちらには彼の作品は19点あるそうな。ターナーを題材にした映画「ターナー、光に愛を求めて」にもペットワースのことが出てるみたいですね。見てみたいなー。
20160424_Petworth_10.jpg

あまり期待せずに部屋に入って絵画を見てたら見慣れた絵を発見。なんでヒエロニムス・ボスの絵がここに?三連祭壇画でプラドにあるやつと同じ感じに見えるけど。レプリカなのか何なのか?ボランティアの人に質問すればよかったな~。後悔。
20160424_Petworth_15.jpg

大理石の広間の片隅に子供用のおもちゃがおいてあって女の子が夢中になって遊んでました。このお屋敷で生まれ育った女の子たちもこうやって遊んだのかな~。豪華すぎるw
20160424_Petworth_14.jpg

大階段。1714年の火事の後に壁に絵がかかれたそう。
20160424_Petworth_13.jpg

20160424_Petworth_12.jpg

広い台所。その台所横の小部屋にはお菓子作りの道具がどっさり。デザート専用の台所なのかな。
20160424_Petworth_5.jpg

夫が調理器具を見て欲しがっていました。
20160424_Petworth_4.jpg

ファイヤーバックがずらーり、カフェに続く廊下の壁に飾られてました。カフェはシンプルだけど素敵なデコレーション。何を食べたか忘れました~。写真撮ったつもりだったんだけどなぁ。
20160424_Petworth_3.jpg

見て下さってありがとうございます^^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle