チェルシーフラワーショー:アーティザンガーデン

チェルシーフラワーショーのアーティザンガーデンの写真でも。


こちらは千里千庭 ガレージガーデン。背景にある濃い緑に色とりどりのもみじが映えます。
2016CFS_Artisan_1.jpg

チェルシーでおなじみの石原先生のお庭です。毎年のことながら今年も素晴らしい。
2016CFS_Artisan_2.jpg

今年も金賞。RHSのプレジデントからプレジデントアワードも受賞。
2016CFS_Artisan_3.jpg

先生のデザインと職人さんの腕の良さが見事に融合。まさにアーティザンにふさわしい庭。
2016CFS_Artisan_4.jpg

どの角度から見ても新しい発見があり、細部の細部にまでこだわった庭。毎日見ても飽きません!
2016CFS_Artisan_5.jpg

こちらはフェミニンな植栽が素敵なお庭。男性デザイナーですが。
2016CFS_Artisan_6.jpg

こちらはチェルシー初チャレンジの方々のお庭。長年の友人であるフローリストとランドスケープデザイナーの二人がコラボしたお庭。
2016CFS_Artisan_9.jpg

アレンジメントが素敵。ゴールドを受賞して感動されてる姿を見てこちらまでうるうるきました。
2016CFS_Artisan_10.jpg

髄膜炎によって生活に支障をきたした人や家族のための慈善団体のためのお庭。壁を突き抜けている彼女は病気に負けずに何とか生き延びた人、壁を抜けれずにうずくまっている像は(写ってないですが)残念ながら亡くなってしまった子供。実在の人物をモデルにしてます。
2016CFS_Artisan_7.jpg

プレスの日には慈善団体やモデルになった若者たちとそのご家族がいらしてました。去年同様デザイナーさんは大事なメッセージを目に見える形で的確に表現していてとても素晴らしいお庭でした。ゴールドでないのが残念。
2016CFS_Artisan_8.jpg

アーティザンガーデンの中でベストに選ばれたお庭。メコン川からインスパイアされたデザイン、美しい植物と野菜を使った植栽、フィッシングネットからインスパイアされたオブジェ。今年はパビリオンの中のデザインも手がけそちらもゴールド、複数のカテゴリーでゴールドを受賞した記録保持者となり、チェルシーには少ない女性デザイナーさんということでなんともおめでたい♪
2016CFS_Artisan_11.jpg

こちらは障害者をサポートする慈善団体によるお庭。メタルで作られたと思われるシシオドシのようなものがあって、水の流れとともに動きと音があり、アーティストの方の演奏もあったりして面白い庭でした。ボランティアの方と別のところで会った時に質問したけどわからないから庭にいるデザイナーに質問しにおいで~といわれたまま、行く時間がなく。残念。
2016CFS_Artisan_12.jpg

見ただけではわからない意味が庭にこめられていることがほとんど。重いテーマや悲しい話を聞いてうるうる。それをまたサポートしようとする人たちの話を聞いて感動してうるうる。年をとると涙腺が弱くなるというのはほんとうですね~。

..................
いつも見てくれてありがとう!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle