バラ、スイトピー、カタナンケ、二ゲラ、EU離脱

今日は晴れ、最高気温22度、最低14度。庭仕事日和!と思ったけど、朝からEU離脱のニュースで気分が重い。なんだかんだで僅差でEU残留だと思っていたのに。


経済的なダメージよりも移民を受け入れたくないかという気持ちが投票数に表れてますね。経済的なダメージはいつまで続くのか、自分がイギリスにいる間にまたイギリスが復活する姿が見れるのか・・・。
IMG_4310_convert_20160623231833.jpg

倒れてしまったリシマキアをカット。海底でゆらゆらゆれてるチンアナゴのよう。あ~ダイビング行きたいけど、今年はインプラントするから行けないな(涙)。いや、今年は、ではなく今年も、が正解でした。
IMG_4205_convert_20160623225942.jpg

ウォラトン・オールドホール。スイトピーも。
IMG_4315_convert_20160623231911.jpg

シャンドス・ビューティ。大好きなカタナンケと。
DSC_0118_convert_20160624000846.jpg

調子がイマイチなつるバラ(名称不明)と二ゲラ、スイトピー。
IMG_4324_convert_20160623232150.jpg

フラワーアレンジメントを習いに行きたいけど、時間もお金もありません。いつか行きたいな。
IMG_4327_convert_20160623232323.jpg

一重の一期咲きのバラ。ロサ・カニーナ?
IMG_4104_convert_20160617224038.jpg

チュウレンジ蜂が一番よくつくので困り者。
IMG_4191_convert_20160623223105.jpg

一期咲きのシュラブ?シュラブとランブラーの違いがわからない・・・。
IMG_4270_convert_20160623231022.jpg

かわいいけど香りもなく一度で終わるのが残念。
IMG_4267_convert_20160623230951.jpg

誘引用に電動ドリルで埋め込んだ金具とワイヤーがバラの重さに負けて、暴風雨ではずれてしまいました。またやり直し。適当すぎてだめです。
IMG_4249_convert_20160623230602.jpg

ウォラトン・オールドホール。
IMG_4180_convert_20160623222605.jpg

こちらも誘引が適当でした。
IMG_4171_convert_20160623222248.jpg

花を全部切って、
IMG_4181_convert_20160623222703.jpg

誘引しなおしました。うまく咲くかな~。
IMG_4266_convert_20160617235818.jpg

こぼれ種で咲いた二ゲラ。
IMG_4137_convert_20160617222755.jpg

暖冬と去年の冬から続く長雨で大発生のかたつむりとナメクジ。去年の秋に種蒔したえんどう豆の苗は全滅。今年撒きなおした苗も一株残して全部食べられました。食べるほど量もないので、来年用の種にしよう。
IMG_4195_convert_20160623223203.jpg

毎日少しずつ色づくイチゴ。虫に食べられる前に収穫しないと。日本のイチゴほど甘くないので、全部冷凍してまとまったらジャムにします。歯によくないけど。
IMG_4344_convert_20160623222020.jpg

増大する移民問題を抱えてくる国はたくさんあるし、EU各国で離脱派、過激派の活動が活発化しそうでいよいよEUの陰りも濃くなっているような。移民政策をなんとかしない限り、テロで揺れるフランス、ベルギーはもちろん移民流入の多いドイツ、移民政策に厳しくなってる北欧などでも今後イギリスみたいに離脱したいと国民が騒ぎそう。

もともと積極的すぎるEU拡大政策には疑問でした。企業にとってはいいだろうけど、不景気になれば一般市民にとってはメリットよりもデメリットのほうがでかい。理想論が通用するのは好景気の時だけ。経済格差や生活・文化の違いが大きい国をまとめて一つの法でしばるのは難しい。

しかし通常のEUからの移民は制限できたとしても、戦火を逃れてきた難民はどこにいけばいいのか。限界を超えてもEUは難民を受け入れないといけないのか。てか、そもそも戦争なんかするんじゃないよー。責任者ででこんかーい。

最近仕事であちこちと喧嘩して疲労度MAXだった夫がEU離脱のニュースで更なるダメージを受け、朝から泣き言をぎゃーぎゃーいうのも参ります。スペイン人の夫は今後の年金が心配らしい。「心配したって物事は変わらない。推測して緊急事態に備える準備はしないといけないけど、やみくもに心配だけして自分にストレスを与えるのは無駄だよ。」としか言えない私。
本当は「そんなウジウジしてストレスを自分に与えて、私に隠れて暴飲暴食やタバコも吸ってたら、心配しないでもあんた年金を受け取る前に死ぬで~、年金の心配しなくて大丈夫!」といいたいところです。

実は夫が結婚記念日を忘れていたので、思い出すまで面白いから放置しておこうとカードを渡さずにいたのですが(忘れてる自分にショックを受けてあわてる姿を見るのが面白い)、あまりに落ち込んでいるので元気になるようこっそり会社のかばんにカードを入れてたら、見つかってしまい結婚記念日に気づき、いろんなショックが重なって涙目になってました。あわわててディナーに行きたいか、プレゼントは欲しいかと聞かれましたが、「何もいらんから心配するんをやめてーな。負のスパイラルになるだけやから、Always look on the bright side of lifeでたのんますわー」と。もちろん何もいらんというのは嘘です。夫が落ち着いてからプレゼントは請求します。欲しいのはもちろん日本行きの航空券と歯医者代!イギリスでもスペインでも治療を受ける気なーし!だめって言われたら自分の貯金で払うけどとりあえずチャレンジ。夫へのプレゼントは大量に買った夫お気に入りのシャンプー、歯磨き粉、デオドラント(半額でゲット)。きれいにラッピングして開けた瞬間の顔を見るのを楽しみに。って意地悪かな。本当は夏用のジャケットを買いたかったけど太りすぎでサイズがないんですよねー。こんなことになるなら何か良い物買っておけばよかった。今から買いに行くかな。うーん、面倒くさい^^;

頼りになるようで弱るとだめだめな夫。がんばって支えていくしかないなー、離婚しない限りw。後何年持つかな~。
..................
いつもきてくれてありがとうございます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆

いつも、素敵なガーデンや、お花のお写真楽しみにしています☀

EU離脱のニュース私も見させていただきました。
この先どうなるのかは、不安ですよね。
ちょしっちさんの、明るく前向きな考えに私は賛成です(*^^*)なにも分からないのに、偉そうにすみません。。
何事もないことお祈りしております。

チャールズ皇太子のお庭検索してみましたよ☆
木の根っこのアーチにびっくりしました(*´∀`)
写真だけでも、すごさが伝わります☀
もしかして、ジュードと似てるバラとは、ウォラトンですか?
キレイなバラですよね(^-^)
私もいつかお迎えしたいバラです☆

No title

こんにちは。
いつもお邪魔していますが、コメントするのは初めてです。
EU離脱、難民の問題とかもあるのですね。
なるほどです。

歯医者さんうまくいくと良いですね。

いつも素敵な花を見せていただいてありがとうございます。

No title

ご結婚記念日だったのですね、おめでとうございます♪

国民投票、離脱が決まってしまいましたね。国民の不満が高いこともわかりますが、結局は僅差で残留かなぁと思っていました。
EUの建国(?っていうのかな)って理想的ではありましたが、そもそもこの経済格差の大きすぎる国が一緒になっても大丈夫なのかしら?って受け入れを増やしている時に思いました。

ご主人の心配もわかりますが、心配しても自分ではどうすることもできない問題ですものねぇ。こういう時って、割と女性のほうが強いのかもしれませんね。ちょしっちさんがしっかり支えてあげているようなので、ご主人もきっと立ち直ってくれますよ♪
頼もしい妻と、またほれなおされますね(笑)

No title

こんばんは。

EU離脱は日本でも大騒ぎです。経済的な打撃は大きそうです。

不安なのは分かりますが、クヨクヨしてるダンナ様が、早く元気になると良いですね。

そもそも難民が出るような戦争するのが悪い、で思い出したんですけど、イスラム世界での揉め事って、石油の利権欲しさにアラブの王族を騙して利用したり(アラビアのロレンスですね)、イスラエルとパレスチナの双方に建国を約束しちゃったりとか、歴史的にイギリスのしでかしたことが、今も尾を引いてると思います。なので、EU離脱は結構卑怯な気がしてしまいましたです。

kizuさん

こんにちは、私もいつも楽しくブログを拝見させていただいてます^^

EU離脱のニュースはショッキングでした。
イギリスのことだから移民の私には文句は言えないのですが、イギリスの問題だけでなくEU、さらに日本を含める世界全体に大きな影響をあたえる決断ですもんね。
できるだけの備えをして、日々の生活を送っていくしかありませんね!
落ち込んでも悩んでも政府は変わりませんから。
私が変えられるのは自分の考え方や物の捕らえ方だけですし、毎日少しでも明るく生きていけるようがんばります。
日本に与えるダメージが少しでも少なくすむことを祈ります。
みんな踏ん張りどころですね。

チャールズ皇太子のお庭のジュードはすごく目を引きましたよ。
みんなガーデナーさんに質問してました。

> もしかして、ジュードと似てるバラとは、ウォラトンですか?

そのとおりです。日差しの関係で色が薄く見えるとウォラトンみたいに見えるんですよ。じつはガーデナーさんに「あれはウォラトンですか?」って聞いてジュードだよって教えてもらったんで、それですごく印象に残ってるんです。
ウォラトンはミルラ香のかおりでちょっと好き嫌いが分かれる気がします。ほんとはフルーティな香りが一番好きなんで多分ジュードの香りはどんぴしゃで好きだと思います^^

Kakoさん

コメントありがとうございます!
訪問者リストに記録が残っていなくて気づきませんでした!
URL入れて下さったおかげで拝見できました^^
これからも訪問者リストに記録を残していただけるとうれしいです。
いつもそこから皆さんのブログを見に行くことが多いので。

EU離脱を望んだのは、すべての問題は移民のせいと思っている人、過去の大英帝国の栄光にすがってる人、EUに懐疑的な人たち、などなどいろいろいるとは思うのですが、犯すリスクの大きさをちゃんと考えたのかな?と疑問に思います。
多くの国が集まってルール決めするわけですから100点満点の答えなんかそもそもあるわけないんですが、それでもイギリスは残留してEUを変えていく努力を続けるべきだったと個人的には思います。

EUだけでなくイギリス国内がばらばらになりそうです。各国の各地方の独立問題ももっと激しくなると思います。独立は自由ですがなんだか争いあう方向に世界が向かっていきそうで心配です。

> 歯医者さんうまくいくと良いですね。

ありがとうございます!

wilmslowさん

ありがとうございます!記念日も誕生日も気にしないのですが、一応これを言い訳にプレゼントをもらってます^^

私も僅差で残留だと思っていました。政府も国民の不満のガス抜きのためにやってるのかなと。
夫の会社でも朝から重役会議が7つもあったそうです。今後どうするか・・・と。
重役の中で一人だけ離脱に投票した人がいたのですが、理由は「イギリスに誇りをもってるから!イギリスなら離脱してもちゃんとやっていける」と。みんなと話をしていくうちに顔が青くなって「離脱を選んだことをすごく後悔してる」と。よく知ってるいい人なんですが、自分の国に誇りを持つ気持ちはわかるけど何の論理的な裏づけもない理由で、投票する前にもっと考えて欲しかったです。

もしかしたら投票結果には投票日の天気も関係してるかもしれません。天気が理由で投票にいくのをやめたって夫の知人が何人かいたらしいのですが、みんな残留派でした。みんなまさか離脱になるとは思わず、いかなくても大丈夫だろうと思ったそうで。結局アグレッシブな離脱派はしっかり投票にいったのかもしれません。勝手な推測ですが。

EUは理想主義すぎるかもしれませんが、多くの人が不満に思っていた拡大政策と移民政策は軌道修正をすれば、イギリス込みのEU自体の継続は可能だったと思います。急速な拡大政策は非常に危険だったと思います。企業はコストの安い新規加盟国に工場を作り販売市場を広げ、不動産業は土地を買いあさり大もうけしたでしょうが、一般市民はそうはいきません。
低所得者層は働き者で優秀な移民との仕事の奪い合いになりますし、賃金も下がりますし。この低所得者層が離脱派のメインの一部になると思うのですが、離脱して一番経済的な打撃を受けるのも彼らになると思います。皮肉ですが。

どんなに優秀な人材でも多すぎる移民は国のアイデンティティーを脅かします。まして何の教育、経験、技術もない人間が無条件に移住できるんですから、それはちょっと危険すぎますよね。イギリス人が移民に反対するのは当然だと思います。私もここでは移民ですが、日本に無条件で外国人が大量に移住できるとなったら絶対反対します。移住するからにはある程度その国に貢献できる人間である必要があると思います。働かず税金も払わずベネフィットにたかる人達がいるのも事実です。

素人考えなのでなんとも予測できないですが、イギリス人はこれから自分たちの下した決断の結果を長いタームで経験していくんでしょうね。
次の首相の手腕になんとか期待したいものです。離脱してよかったね~って日が来るといいのですが!

yuccalinaさん

ほんとですよね。
日本も含めて世界中に打撃を与えますよね。
しかし不安に思っても仕方がないので、できる備えをして毎日普通に生きていくだけです^^;

> そもそも難民が出るような戦争するのが悪い、で思い出したんですけど、イスラム世界での揉め事って、石油の利権欲しさにアラブの王族を騙して利用したり(アラビアのロレンスですね)、イスラエルとパレスチナの双方に建国を約束しちゃったりとか、歴史的にイギリスのしでかしたことが、今も尾を引いてると思います。なので、EU離脱は結構卑怯な気がしてしまいましたです。

全くそのとおりです。大国が他国の内紛に介入して、自分たちの都合で国境を勝手に引き、戦争が収まったあとは利権を得て市場に参入し好き三昧、自分の国の都合しか考えてない。でもよくよく考えてみたらその国の一般市民はその利権の恩恵をそんなに受けてないんですよね。結局のところ国どうこうではなく、ほんの一部の大金持ちや権力者の利権のために世界は翻弄されてるのかもしれません。宗教や民族の違いの争いの裏側で糸をひいてるのは、人命をなんとも思わないただの強欲な人達なのかも。ほんと嫌になります。

確かに他の国はふんばってるのにイギリスだけ離脱というのは卑怯といわれても仕方がないですね。悲しいかな、大英帝国時代の栄光にまだすがってる方が想像以上に多いのかな。大国の一つであるのは間違いないけど、EU離脱して一国でやっていけるかというとなかなか厳しい。根拠のないおごりだと思います。
イギリスがEUの一部だからとイギリスに本部を置いたり工場を作った日本企業も多いわけで、損害が出たらイギリス政府に保障してほしいもんです。詐欺みたいなもんですよね。
イギリスは好きだし、しばらくまだ住むつもりではいるのでなんとか踏ん張ってもらいたいもんです。

No title

こんにちは。青系モダンのクレマです。
かなり!お久しぶりになってしまいました。m(_ _)m
まさか本当にイギリスがEUを離脱するとは....本当にびっくりでした。
更にスコットランドがまた独立するか国民投票するかも....ロンドンだけ独立の署名が....などニュースで見て心配です。
今はただただこの先が大変な事にならないように願っています。

結婚記念日おめでとうございます。
スペイン人のご主人とイギリス住まい....なんてグローバルなのでしょう。
大変なことも多いと思いますが、憧れのまなざしです(*´ー`*)

この前の歯医者の事や、ご近所問題は読んでいて怒りでワナワナでした。
歯は大事ですので良いところで治療できますように。


No title

我が家のばらは、昨年かなりきつく剪定したせいか、沢山の花が咲いているのですが小ぶりです。(涙)

ナイジェラも同様で、フリーシーディンぐでお任せにしておいたら、色々なところに可愛い花を咲かせてはくれているのですが、やはり小ぶりなんです。><

ちょしっちさんのお宅のいちご、もう熟しているんですね。
北イングランドはなかなか暖かい日が続かず、いちごはまだあおいままです。

結婚記念日だったのですね。^^
だんな様の気分ぶりかえしのためにも、お食事にでも出かけて盛大にお祝いしましょう!(笑)

**
EU離脱になりましたね。私も僅差で残留だと思っていました。
経済だけの統合ECの時は、現れる効果の方が多かったと思いますが、単一市場に加え、ボーダーレス、政治面でも統合、となると、欧州が一つの国に事実上なるわけで、理想としては成り立つのでしょうが、人類はまだそこまで高尚な理想に、精神的においついていないと思います。

加えてベルギーの官僚主義、後手にまわっている移民政策、などなど、ある意味でEUとしてのあり方を見なおす時期にはきていたのかな、と思いますが、今回の投票結果は、依然として残る階級社会、南北の経済的差、そこに住む人達の意識においての差などイギリスの闇の部分が表立ったような気がします。

それにしても、こういう時に強力なリーダーシップを発揮して国の安定を一日も早く築ける政治家がいないのは、どこの国も同じようですね。

クレマさん

こんにちは!
いつもブログを拝見してるからお久しぶりな感じは全然しません~^^
お祝いコメントありがとうございます!単純にやっとパートナーが欲しいなぁと思えた時期におばさんすぎて日本人男性にもらってもらえなかっただけでして。とっちらかった人生ですが、生きてるだけで丸儲け、ということで(笑)。

EU離脱は世界中がびっくりですよね!イギリス人もびっくりでしょう。誰と話をしてもショックを受けてる感じがします。
ウィンブルドンはトイレもカフェもコートもどこも行列なので、前後の人と暇つぶしに話をしたり、人の会話を聞いたりするんですが、その話題で盛り上がってる人がけっこういました。
EU離脱を支持した人達とはまだ会ってないのですが、きっと支持層が偏ってるからだろうなぁと思っています。
EUの体制や政策に問題があったのは確かなのでイギリス国民が決めたなら仕方がないかなと思いつつ、反対派も多いのでこの先どうなるか不安です。でも毎日一生懸命やっていくしかないんですよね~。

独立問題はどうなるでしょうね。
経済状況が悪い中で余計に人々に負担がかかる結果にならないか心配です。
イギリスが好きなので、イギリス国民が安心して生活できる国になってほしいです。世界中どこの国にもそうなって欲しいですが。

ブルーベリーさん

こんにちは!
バラの剪定は簡単なようで難しいですよね!
私は咲き始めてから、あー今年も失敗だ冬にがんばろう、と毎年思ってる気がします^^;
そちらはイチゴはまだ青いんですね。やっぱり気温差がかなりありますねー。

結婚記念日は生活必需品をプレゼントにあげて、うちでご飯にしました。
けっこう節約になったと思うので、私のインプラント代にまわします。へへへ。

EU離脱、イギリス国民が決めたことだから仕方がないと思いつつも、まだ何とかならんかなーなんて考えてしまいます。
おっしゃるようにEUは好景気と性善説の上において成り立つ理想像のようなもので、不景気になったり難民や移民が激増したりというような状況になっては、どうしても無理が出てきてしまいますよね。
今まで持っただけでもある意味すごいかなとは思いますが、やはり状況にあわせて軌道修正が必要ですし、スムーズに事を進めるには加盟国が多すぎるし、各国の格差が大きすぎると思います。EU拡大政策はもっと時間をかけてやるべきだったと今でも思います。イギリスが離脱する前にEUが軌道修正してくれたらよかったんですが。

次のリーダーが心配ですね。ボリスはカリスマ的で弁も立つし頭の切れる、優秀なくせに雑な身なりでスノッブさを感じさせず庶民にも支持される気がしますが、エゴマニアな面が感じられてちょっと危険な感じもします。というか、この局面をうまく乗り切れる人なんているんでしょうか?もし各国のトップがボリス、トランプ、プーチンになったらカオティックですね~。

どっちにしても難しい局面がしばらく続くでしょうから、せめて国民はあわてずじっとがんばって欲しいものです。不安感が経済不況に拍車をかけると思うので、メディアも必要以上に騒がないで欲しいなぁと思います。

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle