バラの最新品種他@チェルシーフラワーショー

今更ながら、先月末にあったチェルシーフラワーショーで見かけたバラの写真を。
IMG_1505_convert_20150610074943.jpg

David Austin。2015年の最新品種はどれも素晴らしかったです。
IMG_1808_convert_20150610072601.jpg

リアンダー・ハイブリッドのThe Ancient Marinerはかわいらしいピンクのバラ。イギリスの詩人Samuel Taylor Coleridgeの作品The Rime of the Ancient Marinerから名前がつけられたそうです。
IMG_1806_convert_20150610072512.jpg
The Ancient Mariner

ミルラの強い香りがあり、中央は濃い目のピンク、中心から外の花びらに向かうにつれて薄くなっていきます。
IMG_1804_convert_20150610072456.jpg
The Ancient Mariner

こちらはDesdemona。シェイクスピアのオセロに出てくる不運な女性の名前からつけられたそう。こちらも強いミルラ香があるそう。
IMG_1802_convert_20150610072422.jpg
Desdemona

蕾はピーチ・ピンク、淡いピンクがかかった花びらが咲き進むと白っぽくなってくるそうです。開花したばかりだったからか、どれも淡いピンクの花に見えました。
IMG_1799_convert_20150610072401.jpg
Desdemona

オールドローズのハイブリッド、Sir Walter Scott。スコットランドの詩人・作家の名前がつけられたバラ。オールド・ローズらしいロゼット咲きの姿はクラシックな雰囲気で素敵です。
IMG_1797_convert_20150610072339.jpg
Sir Walter Scott

スコティッシュ・ローズの交配種だそう。小さめの葉っぱ、背丈が低めで密に茂るスコティッシュ・ローズの性質を持っていますが、繰り返し咲くそうです。
IMG_1796_convert_20150610072320.jpg
Sir Walter Scott

イギリスの有名なバラの育苗業者の一つハークネス。
IMG_1725_convert_20150610072625.jpg

オベリスクに絡ませたつるバラBridge of Sighsのかわいらしさに一目ぼれしました!
IMG_1726_convert_20150610072645.jpg
Bridge of Sighs

通り過ぎる人がみんな足を止めてラベルの確認と写真撮影をしてました。
IMG_1727_convert_20150610072704.jpg
Bridge of Sighs

はちみつのような香りは素晴らしく、何度も嗅ぎたくなりました。ハークネスのバラは香りの強さを10段階で評価しますが、こちらのスコアは6でした。
IMG_1728_convert_20150610072752.jpg
Bridge of Sighs

ハークネスの最新品種のDebbie Phillips rose、I Am Macmillan、Susieはサーモンピンク、ゴールデンイエローなど少しオレンジがかったような暖かい色みのバラたちのようです。前者ふたつのバラは癌の慈善団体に関連した名前がつけられています。
IMG_1730_convert_20150610072820.jpg

こちらも最新品種ではないですが気になったバラの一つ、ブッシュローズのChannabelle。
IMG_1733_convert_20150610073010.jpg
Channabelle

コンパクトにまとまるフロリバンダなのでボーダーの前面や鉢植えにいいそう。
IMG_1731_convert_20150610072950.jpg
Channabelle

こちらはゴールデン・アンバーの繊細な色合いがかわいらしい、St Richard Of Chichester。
IMG_1724_convert_20150610072917.jpg
St Richard Of Chichester

小型のシュラブローズだそうです。
IMG_1723_convert_20150610072852.jpg
St Richard Of Chichester

こちらも有名なバラのナーサリー、PETER BEALES ROSES。Redwood Stone社の廃墟風のストーンワークとClassic Garden Elements社のパビリオンにバラを誘引していてとっても素敵でした。


ちょっとシェイディなペール・アプリコットがユニークなシュラブ・ローズ、The Churchill Rose。香りもよく、大きな花はセミダブルからダブルのカップ咲き。
IMG_1504_convert_20150610075032.jpg
The Churchill Rose

BEALES社が作出したバラで、Churchill College Cambridgeの50周年記念として名づけられたそうです。
IMG_1497_convert_20150610075110.jpg
The Churchill Rose

こちらも同じくシュラブ・ローズのWesterland。ドイツのコルデス社のバラ。明るいアプリコット・オレンジで香りがとてもよいそう。濃緑の照り葉とのコントラストがきれい。
IMG_1515_convert_20150610075003.jpg
Westerland

最新品種もおなじみの品種も欲しいものだらけ~。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle