覚書:Alfriston Clergy House

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Monk's House②お庭と最後の手紙

Monk's Housen続きです。
IMG_1177_170617.jpg

女流作家、ヴァージニア・ウルフと夫レオナルドが暮らした家のお庭の写真です。
IMG_1136_170617.jpg

庭を手掛けたのは夫のレオナルド。
IMG_1139_170617.jpg

ヴァージニア・ウルフはこの庭から多くのスピレーションを受けたそう。
IMG_1144_170617.jpg

IMG_1251_170617.jpg

こちらは果樹園。この端にライティング・ロッジがありました。
IMG_1147_170617.jpg

ロッジが見える風景はこんな感じ。
IMG_1265_170617.jpg

牛がのんびり草を食んでいました。
IMG_1173_170617.jpg

その横には池。
IMG_1277_170617.jpg

大きな花のマグノリア。
IMG_1278_170617.jpg

残念ながら精神を病んでいた彼女はこの近くの川で入水自殺をしてしまいます。
IMG_1193_170617.jpg

彼女の遺骨は夫によってこの庭に埋められたそう。
IMG_1099_170617.jpg

彼女が自殺前に夫にあてた最後の手紙には、病気の苦しさだけでなく、夫に対する愛情、感謝の気持ちや思いやりにあふれていて、悲しく切ないと同時に心を打ちます。自殺をしてしまったけど、幸せな人生だったと断言されていることに残されたご家族は少しは気持ちが救われたのではないかなと。
IMG_1284_170617.jpg

涙なくして読めない手紙ですが、お時間があればぜひ読んでみてください。

Dearest,

I feel certain that I am going mad again. I feel we can't go through another of those terrible times. And I shan't recover this time. I begin to hear voices, and I can't concentrate. So I am doing what seems the best thing to do. You have given me the greatest possible happiness. You have been in every way all that anyone could be. I don't think two people could have been happier 'til this terrible disease came. I can't fight any longer. I know that I am spoiling your life, that without me you could work. And you will I know. You see I can't even write this properly. I can't read. What I want to say is I owe all the happiness of my life to you. You have been entirely patient with me and incredibly good. I want to say that — everybody knows it. If anybody could have saved me it would have been you. Everything has gone from me but the certainty of your goodness. I can't go on spoiling your life any longer.

I don't think two people could have been happier than we have been. V.

いつもありがとうございます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Monk's House①ヴァージニア・ウルフの家

女流作家、ヴァージニア・ウルフが夫レオナルドと一緒に暮らした家、Monk's House。
IMG_1285_170617.jpg

もとは17世紀に建てられたコテージ。
IMG_1275_170617.jpg

現在はナショナルトラストに寄贈され管理されています。
IMG_1213_170617.jpg

肖像画も。
IMG_1215_170617.jpg

いつもは庭にあるライティング・ロッジで創作活動にいそしんだそうですが、天候が悪い時や冬はこちらの部屋で過ごしたんだとか。
IMG_1221_170617.jpg

こちらの本は彼女自身がデザインして装丁し、いろんな方に贈られたりしたそう。本の所有者の方たちがここにあったほうが良いと判断しここに戻してくれたんだとか。今でも本の所有者たちが、この本を見に来るためにわざわざこちらを訪れるそうです。
IMG_1222_170617.jpg

ドアを開けると素敵なお庭が。
IMG_1230_170617.jpg

庭の奥にはライティング・ロッジ。
IMG_1264_170617.jpg

ここで毎日数時間過ごし、気候の良い時期はここで眠ることもあったとか。
IMG_1163_170617.jpg

少しですがご夫婦の写真などの展示もありました。
IMG_1165_170617.jpg

次は夫レオナルドさんが手がけたお庭の写真をアップします!

いつもありがとうございます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

覚書:Monk's House

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ケンジントンガーデン②

ケンジントン宮殿前のボーダー。
IMG_9667_170613.jpg

6月半ばくらいで開花して植物もあり。
IMG_9671_170613.jpg

IMG_9677_170613.jpg

IMG_9673_170613.jpg

まだこれから開花するものもたくさん。
IMG_9683_170613.jpg

夏から秋にかけて徐々に開花して長く楽しめそうな植栽。
IMG_9691_170613.jpg

メドウも。
IMG_9661_170613.jpg

IMG_9665_170613.jpg

IMG_9666_170613.jpg

故ダイアナ妃のファッションにフィーチャーした展示が行われていたようです。
IMG_9657_170613.jpg

IMG_9832_170613.jpg

IMG_9866_170613.jpg

IMG_9867_170613.jpg

IMG_9875_170613.jpg

植え替えたばかりのところも。
IMG_9857_170613.jpg

IMG_9900_170613.jpg

IMG_9901_170613.jpg

IMG_9899_170613.jpg

IMG_9889_170613.jpg

IMG_9885_170613.jpg

IMG_9884_170613.jpg

いつもありがとうございます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

検索フォーム

sidetitleプロフィールsidetitle

ちょしっち

Author:ちょしっち
旅とお笑いと庭仕事が好き。

在英10数年、結婚を機に仕事一筋の生活を卒業。ロンドン郊外の自宅の庭で花や木、ハーブ、野菜作りに挑戦中。夢は自分の庭に適した植物中心のローメンテナンス・ガーデン。最近ややサボり気味(汗)。手芸などあちこちに興味が散ってます。

手の上で餌を食べるおねだりロビン君(ヨーロッパ・コマドリ)はいなくなりましたがご近所猫の加藤さんが毎日遊びに来ます。庭がジャングル状態になり狐やリスの害は減りました。
節約とリサイクル・無農薬をテーマに土いじりに励んでます。主に庭仕事の記録のためのブログですが、情報交換やガーデニング好きのお友達ができたらうれしいです。

日本、イギリス以外でも世界中のガーデニングやガーデン情報お待ちしてます!おすすめのガーデンなどぜひ教えてください^^特にスペイン、フランス、カナダ、オランダのガーデンでおすすめがあったら教えて下さい!

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle2014年6月4日以降sidetitle
sidetitleグリムスsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle